RedHat Enterprise Virtualization(RHEV)仮想マシンの操作とタスクを管理する方法-パート6


チュートリアルのこの部分では、スナップホットの取得、プールの作成、テンプレートの作成、クローン作成などの操作とタスクについて、RHEV環境でホストされているRHEV仮想マシンで実行できる主な操作について説明します。

先に進む前に、このRHEVシリーズの残りの記事をここで読んでください。

スナップショット

スナップショットは、特定の時点でのVMの状態を保存するために使用されます。これは、ソフトウェアのテストプロセス中に非常に便利で役立ちます。または、スナップショットを取得したポイントタイムに戻ることができるため、システムで問題が発生した場合に元に戻すことができます。

1.スナップショットを作成する前に、linux-vmマシンを起動し、OSのバージョンとタイプを確認します。

2.「スナップショットの作成」をクリックします。

3.説明を追加し、ディスクを選択してメモリを節約し、[OK]をクリックします。

タスクバーからスナップショットのステータスとタスクのステータスを確認します。

終了すると、スナップショットのステータスが[ロック]から[OK]に変更されました。これは、スナップショットの準備ができて正常に作成されたことを意味します。

4. VMコンソールに移動して、/ etc/issueファイルを削除します。

5.元に戻す/復元するプロセスでは、仮想マシンがダウン状態になっている必要があります。電源がオフになっていることを確認し、[プレビュー]をクリックしてスナップショットを確認し、オンザフライで元に戻します。

次に、メモリの復元を確認します。

プレビューが終了するのを待ち、数分後、スナップショットのステータスが「プレビュー中」になっていることに気付くでしょう。

6.最初に、復元されたスナップショットを元の仮想マシンに直接「コミット」し、完全な復帰プロセスを完了します。

2つ目は、復元されたスナップショットを元のVMにコミットする前に、元に戻された変更を確認します。チェックした後、最初の方法である「コミット」に進みます。

この記事では、2番目の方法から始めます。そのため、仮想マシンの電源を入れてから、/ etc/issueファイルを確認する必要があります。変更なしで見つけることができます。

7.プロセスを元に戻すには、VMの電源をオフにする必要があります。電源を切った後、スナップショットをvmにコミットします。

次に、コミットプロセスの復元を監視します。コミットプロセスが終了すると、スナップショットのステータスが「OK」になります。

ヒント:1。プレビュー段階の後でスナップショットに戻ることを確認したくない場合は、[元に戻す]をクリックしてスナップショットをスキップします。実行中ではなく、パワーダウンVMのスナップショットを作成することを常にお勧めします。現在のスナップショットから新しいVMを作成できます。好みのスナップショットを選択し、[クローン]をクリックするだけです。

テンプレート:

実際、テンプレートはごく普通の仮想マシンのコピーですが、元のvmオペレーティングシステムに関連する事前構成はありません。テンプレートは、VMオペレーティングシステムのインストールの速度を向上させ、時間を短縮するために使用されます。

  1. A. Sealing the original virtual machine.
  2. B. Taking copy [Create Template] of the sealed vm to be separated template.

RHEL6仮想マシンをシールするには、次の点を確認する必要があります。

8.この空の隠しファイルを作成することにより、次回の起動のための事前構成のためにシステムにフラグを立てます。

# touch /.unconfigured

9. sshホストキーをすべて削除し、/ etc/sysconfig/networkファイルでホスト名をlocalhost.localdomainに設定し、システムudevルールも削除します。

# rm -rf /etc/ssh/ssh_host_*
# rm -rf /etc/udev/rules.d/70-*

10.ネットワークインターフェース設定ファイルからMACアドレスを削除します。 [/ etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0]そして、/ var/log /の下にあるすべてのシステムログを削除し、最後に仮想マシンの電源を切ります。

11.封印されたVMを選択し、「テンプレートの作成」をクリックします。

12.新しいテンプレートに関する詳細とプロパティを提供します。

これで、タスクからプロセスを確認できます。また、[テンプレート]タブを切り替えて、新しいテンプレートのステータスを監視することもできます。

数分待ってから、テンプレートのステータスをもう一度確認してください。

ロックからOKに変換されたことに注意してください。これで、新しいテンプレートを使用する準備が整いました。実際には次のセクションで使用します。

プールの作成:

プールは、同一の仮想マシンのグループです。プーリングは、1つのステップで特定の数の同一の仮想マシンを作成するために使用されます。これらの仮想マシンは、事前に作成されたテンプレートに基づいている可能性があります。

13. [プール]タブに切り替えて[新規]をクリックし、表示されたウィザードウィンドウに入力します。

14.作成されたプールVMのステータスを確認し、数分待ちます。仮想マシンのステータスがロックからダウンに変更されたことに注意してください。

[仮想マシン]タブからステータスを確認することもできます。

15.プール仮想マシンの1つを実行してみましょう。

そうです、新しいルートパスワードの入力と、基本認証の構成についての入力が求められます。完了すると、新しいvmを使用できるようになります。

[プール]タブからもVMを監視します。

ノート:

  1. To delete Pool, You should detach all of VMs from the Pool.
  2. To detach VM from Pool, VM must be at down state.
  3. Compare VM installation time [Normal way VS. Template using].

VMクローンの作成:

クローン作成は、元のソースを変更せずに通常のコピープロセスです。クローン作成は、元のVMまたはスナップショットから実行できます。

16.元のソース[VMまたはスナップショット]を選択し、[VMのクローン]をクリックします。

ヒント:VMからクローンを取得する場合は、VMがダウン状態である必要があります。

17.クローンVMに名前を付けて数分待つと、クローンプロセスが完了し、新しいVMを使用する準備が整います。

結論

RHEV管理者として、環境仮想マシンで実行する必要のあるいくつかの主要なタスクがあります。クローン作成、プールの作成、テンプレートの作成、スナップショットの作成は基本的であり、重要なタスクはRHEV管理者が実行する必要があります。このタスクは、仮想化環境のコアタスクとも見なされます。したがって、それを十分に理解してから、プライベート環境で、、、、およびより実用的なラボを実行してください。

リソース:RHEV管理ガイド