「SSHが多すぎる認証の失敗」を修正する方法エラー


SSH を介してリモートシステムに接続しようとすると、「 x.x.x.xポート22:2からの切断切断を受信しました:認証エラーが多すぎます」というエラーが発生することがあります。この短い記事では、いくつかの簡単な手順でこのエラーを修正する方法を説明します。

以下は、sshクライアントを使用している間に私が遭遇したエラーのスクリーンショットです。

私はこれが私のマシン上にたくさんのsshアイデンティティキーが存在することに起因することを発見しました、そして私がsshクライアントを実行するたびに、それは ssh-agent によって知られる私のすべてのsshキーと他のすべてのキーを試すリモートサーバーに接続しようとしたとき(上のスクリーンショットにあるように vps2 )。これはsshのデフォルトの動作です。

リモートサーバー上のsshサーバー( sshd )は特定のIDキーを要求するため、サーバーは接続を拒否し、sshクライアントは上記のエラーで中断します。

このエラーを修正するには、 yes の値で IdentitiesOnly を追加する必要があります。これはsshにコマンドラインで指定された認証IDファイルまたは設定された認証IDファイルのみを使用するよう指示します。 ssh-agent が追加のIDを提供している場合でも、 ssh_config ファイル。

例えば:

$ ssh -o IdentitiesOnly=yes vps2

あるいは、これをすべてのsshクライアント接続で機能させたい場合は、〜/ .ssh/config ファイルで設定できます。

$ vim ~/.ssh/config

スクリーンショットに示すように、ファイルの Host * セクションの下に次の設定を追加します。

Host * 
       	IdentitiesOnly=yes

ファイルに変更を保存して終了します。図のようにコマンドラインでオプション -o IdentitiesOnly = yes を指定せずにsshを実行できるはずです。

$ ssh vps2

詳細については、 ssh-config のmanページをご覧ください。

$ man ssh-config

フォローSSH関連記事が役に立つかもしれません。

    1. How to Create SSH Tunneling or Port Forwarding in Linux
    2. How to Change Default SSH Port to Custom Port in Linux
    3. How to Find All Failed SSH Login Attempts in Linux
    4. How to Disable SSH Root Login in Linux
    5. 5 Ways to Keep Remote SSH Sessions Running After Closing SSH

    この短い記事では、「 x.x.x.xポート22:2からの切断切断を受信しました:認証エラーが多すぎます」をsshで簡単に修正する方法を示しました。ご質問がある場合は、下記のコメントフォームを使用してご連絡ください。