Powerline-強力なステータスラインとプロンプトをVimエディターとBashターミナルに追加します


PowerlineはVimエディター用の優れたステータスラインプラグインであり、Pythonで開発され、bash、zsh、tmuxなどの他の多くのアプリケーションにステータスラインとプロンプトを提供します。

  1. It is written in Python, which makes it extensible and feature rich.
  2. Stable and testable code base, which works well with Python 2.6+ and Python 3.
  3. It also supports prompts and statuslines in several Linux utilities and tools.
  4. It has configurations and decorator colors developed using JSON.
  5. Fast and lightweight, with daemon support, which provides even more better performance.

この記事では、PowerlineおよびPowerlineフォントをインストールする方法と、RedHatおよびDebianベースのシステムでBashおよびVimを使用する方法を紹介します。

ステップ1:電力線の一般的な要件をインストールする

他のいくつかの無関係なプロジェクトとの名前の競合のため、powerlineプログラムはPyPI(Python Package Index)でpowerline-statusとしてパッケージ名で利用できます。

PyPIからパッケージをインストールするには、「pip」(Pythonパッケージをインストールするためのパッケージ管理ツール)が必要です。それでは、まずLinuxシステムにpipツールをインストールしましょう。

# apt-get install python-pip
Reading package lists... Done
Building dependency tree       
Reading state information... Done
Recommended packages:
  python-dev-all python-wheel
The following NEW packages will be installed:
  python-pip
0 upgraded, 1 newly installed, 0 to remove and 533 not upgraded.
Need to get 97.2 kB of archives.
After this operation, 477 kB of additional disk space will be used.
Get:1 http://archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty-updates/universe python-pip all 1.5.4-1ubuntu3 [97.2 kB]
Fetched 97.2 kB in 1s (73.0 kB/s)     
Selecting previously unselected package python-pip.
(Reading database ... 216258 files and directories currently installed.)
Preparing to unpack .../python-pip_1.5.4-1ubuntu3_all.deb ...
Unpacking python-pip (1.5.4-1ubuntu3) ...
Processing triggers for man-db (2.6.7.1-1ubuntu1) ...
Setting up python-pip (1.5.4-1ubuntu3) ...

Fedoraベースのシステムでは、最初にepel-repositoryを有効にしてから、図のようにpipパッケージをインストールする必要があります。

# yum install python-pip          
# dnf install python-pip                     [On Fedora 22+ versions]           
Installing:
 python-pip          noarch          7.1.0-1.el7             epel          1.5 M

Transaction Summary
=================================================================================
Install  1 Package

Total download size: 1.5 M
Installed size: 6.6 M
Is this ok [y/d/N]: y
Downloading packages:
python-pip-7.1.0-1.el7.noarch.rpm                         | 1.5 MB  00:00:01     
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
  Installing : python-pip-7.1.0-1.el7.noarch                                 1/1 
  Verifying  : python-pip-7.1.0-1.el7.noarch                                 1/1 

Installed:
  python-pip.noarch 0:7.1.0-1.el7                                                

Complete!

ステップ2:LinuxにPowerlineToolをインストールする

次に、GitリポジトリからPowerlineの最新の開発バージョンをインストールします。このため、Gitからパッケージをフェッチするには、システムにgitパッケージがインストールされている必要があります。

# apt-get install git
# yum install git
# dnf install git

次に、図のようにpipコマンドを使用してPowerlineをインストールできます。

# pip install git+git://github.com/Lokaltog/powerline
 Cloning git://github.com/Lokaltog/powerline to /tmp/pip-WAlznH-build
  Running setup.py (path:/tmp/pip-WAlznH-build/setup.py) egg_info for package from git+git://github.com/Lokaltog/powerline
    
    warning: no previously-included files matching '*.pyc' found under directory 'powerline/bindings'
    warning: no previously-included files matching '*.pyo' found under directory 'powerline/bindings'
Installing collected packages: powerline-status
  Found existing installation: powerline-status 2.2
    Uninstalling powerline-status:
      Successfully uninstalled powerline-status
  Running setup.py install for powerline-status
    
    warning: no previously-included files matching '*.pyc' found under directory 'powerline/bindings'
    warning: no previously-included files matching '*.pyo' found under directory 'powerline/bindings'
    changing mode of build/scripts-2.7/powerline-lint from 644 to 755
    changing mode of build/scripts-2.7/powerline-daemon from 644 to 755
    changing mode of build/scripts-2.7/powerline-render from 644 to 755
    changing mode of build/scripts-2.7/powerline-config from 644 to 755
    changing mode of /usr/local/bin/powerline-config to 755
    changing mode of /usr/local/bin/powerline-lint to 755
    changing mode of /usr/local/bin/powerline-render to 755
    changing mode of /usr/local/bin/powerline-daemon to 755
Successfully installed powerline-status
Cleaning up...

ステップ3:LinuxにPowerlineフォントをインストールする

Powerlineは、特別なグリフを使用して、開発者に特別な矢印効果と記号を表示します。このためには、システムにシンボルフォントまたはパッチが適用されたフォントがインストールされている必要があります。

次のwgetコマンドを使用して、シンボルフォントとfontconfig構成ファイルの最新バージョンをダウンロードします。

# wget https://github.com/powerline/powerline/raw/develop/font/PowerlineSymbols.otf
# wget https://github.com/powerline/powerline/raw/develop/font/10-powerline-symbols.conf

次に、次のようにフォントをフォントディレクトリ/ usr/share/fonts /または/ usr/local/share/fontsに移動する必要があります。または、コマンド xset q を使用して有効なフォントパスを取得できます。 。

# mv PowerlineSymbols.otf /usr/share/fonts/

次に、システムのフォントキャッシュを次のように更新する必要があります。

# fc-cache -vf /usr/share/fonts/

次に、fontconfigファイルをインストールします。

# mv 10-powerline-symbols.conf /etc/fonts/conf.d/

注:カスタムシンボルが表示されない場合は、すべてのターミナルセッションを閉じて、Xウィンドウを再起動して変更を有効にしてください。

ステップ4:BashシェルとVimステータスラインの電力線を設定する

このセクションでは、bashシェルとvimエディター用にPowerlineを構成する方法について説明します。まず、次のように〜/ .bashrcファイルに次の行を追加して、端末が256colorをサポートするようにします。

export TERM=”screen-256color” 

デフォルトでbashシェルでPowerlineを有効にするには、次のスニペットを〜/ .bashrcファイルに追加する必要があります。

まず、次のコマンドを使用して、インストールされている電力線の場所を取得します。

# pip show powerline-status

Name: powerline-status
Version: 2.2.dev9999-git.aa33599e3fb363ab7f2744ce95b7c6465eef7f08
Location: /usr/local/lib/python2.7/dist-packages
Requires: 

電力線の実際の場所がわかったら、システムの提案に従って、以下の回線の場所を必ず置き換えてください。

powerline-daemon -q
POWERLINE_BASH_CONTINUATION=1
POWERLINE_BASH_SELECT=1
. /usr/local/lib/python2.7/dist-packages/powerline/bindings/bash/powerline.sh

次に、ログアウトして再度ログインしてみてください。以下に示すように、電力線の彫像が表示されます。

別のディレクトリに変更または切り替えてみて、現在の場所を示す「ブレッドクラム」プロンプトの変更に注意してください。

また、保留中のバックグラウンドジョブを監視することもできます。また、電力線がリモートLinuxマシンにインストールされている場合、SSH経由で接続するとプロンプトがホスト名を追加することに気付くでしょう。

vimがお気に入りのエディターであれば、幸いなことにvim用の強力なプラグインもあります。このプラグインを有効にするには、これらの行を〜/ .vimrc ファイルに追加します。

set  rtp+=/usr/local/lib/python2.7/dist-packages/powerline/bindings/vim/
set laststatus=2
set t_Co=256

これで、vimを起動して、新しいステータス行を確認できます。

概要

Powerlineは、コーディング環境に適した、いくつかのアプリケーションでカラフルで美しいステータスラインとプロンプトを設定するのに役立ちます。このガイドがお役に立てば幸いです。ヘルプが必要な場合や追加のアイデアがある場合は、コメントを投稿することを忘れないでください。