「Apache GUI」を使用してApache Webサーバーを管理する方法ツール


Apache Web Server は、オープンソースであり、豊富なモジュールと機能を備えているため、インターネット上で最も人気のあるHTTPサーバーの1つであり、ほとんどの主要プラットフォームやオペレーティングシステムで動作します。

Windows プラットフォームでは、 WAMP XAMPPなどの Apache 設定を管理するためのグラフィカルインターフェイスを提供する開発環境が組み込まれています。 Linuxでは、ほとんどの場合、管理プロセス全体を完全にコマンドラインから実行する必要があります。

コマンドラインから Apache Webサーバーを管理、設定することはシステムのセキュリティに大きな影響を与える可能性がありますが、コマンドラインから物事を行うことに慣れていない初心者にとっては恐ろしい仕事です。

これが Apache GUI ツールが役に立つ点です。このツールは、システム管理者が次のようなブラウザからApache Web Serverの機能を管理するために設計された無料のオープンソースパッケージです。

  1. Edit your web server configuration files right from your browser.
  2. Edit your web documents right from your browser.
  3. Download, search and visualize Apache Logs in real time.
  4. Install, edit or remove Apache modules.
  5. View runtime statistics or detailed graphs transactions of Apache HTTP Server.
  6. Manage global server settings.
  7. Manage and view all VirtualHosts in a tree view.
  1. Install LAMP in RHEL/CentOS 7

この記事の目的のために、私は Apache GUI WebツールをIPアドレス 192.168.0.100 のLinode CentOS 7 VPSにインストールします。 プロセスを開始または停止するためのスクリプト。

RHEL / CentOS 6.x および Fedora ディストリビューションにも同じ手順が適用されます。

ステップ1:Apache GUIをダウンロードしてインストールする

1. Apache GUIツールのダウンロードとインストールを始める前に、 Java-openjdk パッケージによって提供される Java JDK がにインストールされていることを確認する必要があります。あなたのシステム、Apache GUIを実行することができます。

次のコマンドを使用して Java-openjdk パッケージのバージョンを特定し、 RHEL/CentOS 7 にインストールします。

# yum search openjdk
# yum install java-1.8.0

2. root としてログインし、現在の作業ディレクトリが/root であると仮定し、次のリンクを使用して最新バージョンの Apache GUIをダウンロードします。 Sourceforge.netからのソースパッケージ(すなわち ApacheGUI-1.12.0.tar.gz )インストールファイル。

  1. http://sourceforge.net/projects/apachegui/files/

あるいは、 Linux-Solaris-Mac - >を取得することもできます。下記のwgetコマンドを使用して、 ApacheGUI tarアーカイブソースファイルを作成します。

# wget https://sourceforge.net/projects/apachegui/files/1.12-Linux-Solaris-Mac/ApacheGUI-1.12.0.tar.gz/download

3.アーカイブをダウンロードしたら、解凍して、作成されたディレクトリ全体を/opt システムパスに移動します。これが Apache GUIサーバーのインストール場所になります。

# tar xfz ApacheGUI-1.9.3.tar.gz
# mv ApacheGUI /opt
# cd /opt

4.これで、Apache GUI Webツール機能を起動して検証する時が来ました。ディレクトリを ApacheGUI/bin/パスに変更し、 run.sh スクリプトを使用してツールを起動し、 stop.sh スクリプトを使用してサーバーを停止します。

# cd ApacheGUI/bin/
# ./run.sh 

5.ツールが起動すると、環境情報が表示されます。ブラウザに表示される次のURLアドレスを使用して、ローカルホストからのみアクセスできます。

http://localhost:9999/ApacheGUI/

ブラウザからApache GUI Webツールをリモート制御するには、Apache GUIツールが待機するデフォルトポートであるポート 9999/TCP を開くルールをシステムのファイアウォールに追加する必要があります。 Firewalldユーティリティを使用してRHEL/CentOS 7でポート9999を開くには、次のコマンドを使用します。

# firewall-cmd --add-port=9999/tcp  ## On fly rule
# firewall-cmd --add-port=9999/tcp  --permanent  ## Permanent rule – you need to reload firewall to apply it
# firewall-cmd --reload

6. Apache GUIで使用されているポート 9999 がシステム上の他のアプリケーションと重複している場合は、ApacheGUI server.xml 設定ファイルを編集して変更できます。 =” 9999” protocol =” HTTP/1.1” ディレクティブを使用して、ポートステートメントをお気に入りのポート番号に置き換えます(ポートファイアウォールルールを同時に適用することを忘れないでください)。

# nano /opt/ApacheGUI/tomcat/conf/server.xml

ステップ2:Apache GUIを設定する

Apache GUIにアクセスするための外部IPアドレス

http://192.168.1.80:9999/ApacheGUI/

ApacheGUIツールにログインするには、次の資格情報を使用してください。

Username: admin
Password: admin 

8.次に、yumパッケージ管理ツールを使用してRHEL/CentOSにApacheをインストールした場合は、 Apache Webサーバーのインストール方法 を選択します。進むには OK

9. Apache Webサーバのパッケージパラメータに以下の設定を入力し、次にApache GUIにログインするためのユーザ名と強力なパスワードを選択します。

Server Root: /etc/httpd
Primary Configuration File: /etc/httpd/conf/httpd.conf
Configuration Directory: /etc/httpd
Log Directory: /var/log/httpd
Modules Directory: /etc/httpd/modules
Binary File: /usr/sbin/apachectl
Username: choose a username
Password: choose a strong password
Password: repeat the above password

10. [送信]ボタンをクリックして設定を適用したら、完了です。以下のスクリーンショットのように、すべての設定ファイルでApache Web Serverを制御し、ブラウザから直接Webドキュメントを編集できます。

ステップ3:systemv initスクリプトを作成する

11.ディレクトリを常に [APACHEGUI_HOME] (このインストールでは/opt/ApacheGUI/)に変更せずにApache GUIツールを管理する方法が必要で、を実行しますrun.sh および stop.sh スクリプトを使用して、 init 設定ファイル /etc/init.d/apache-gui を次のように作成します。次の抜粋で。

# nano /etc/init.d/apache-gui

以下のテキストを変更せずにコピーして保存し、実行権限を適用します。

#!/bin/sh
#
#
# System startup script for apache-gui
#
### BEGIN INIT INFO
# Provides: apache-gui
# Default-Start:     2 3 4 5
# Default-Stop:      0 1 6
# Short-Description: Start the apache-gui
# Description:       Start the apache-gui
### END INIT INFO
#
# chkconfig: 2345 20 80
# description: Runs the apache-gui
# processname: apache-gui
#
# Source function library
. /etc/init.d/functions

case "$1" in
    start)
    cd /opt/ApacheGUI/bin/
./run.sh
       ;;
    stop)
   cd /opt/ApacheGUI/bin/
./stop.sh
        ;;
    *)
        echo $"Usage: $0 {start|stop}"
        exit 2
esac
exit $? 

12.以下のコマンドを使用して、RHEL/CentOS 7上のApache GUIプロセスを管理します。

# service apache-gui start
# service apache-gui stop

OR

# systemctl start apache-gui
# systemctl stop apache-gui
# systemctl status apache-gui

13.システムの再起動後にApache GUI Webツールを自動的に実行する必要がある場合は、次のコマンドを使用してシステム全体を有効にします。

# chkconfig apache-gui on

システム全体で無効にします。

# chkconfig apache-gui off

Apache GUI Webツールにはいくつかの制限があり、コマンドラインから実行できるのと同じ程度の柔軟性はApache Web Serverには提供されていませんが、管理するための最新の無料Java Webインターフェイスを提供できます。 WebサーバーおよびHTML、CSS、JavaScript、XML、Json、PHP、Perl、シェル、PythonなどのWebドキュメント用のフルインラインエディタを備えており、Apacheトランザクションの詳細なグラフを生成できます。

参照リンク

Apache GUIホームページ