CDからISOを作成し、ユーザーアクティビティを監視し、ブラウザのメモリ使用量を確認するためのヒント


ここでも、Linuxのヒントとコツシリーズに関する別の投稿を書きました。この投稿の目的は、システム/サーバーを効率的に管理するための小さなヒントやハックを知ってもらうことです。

この投稿では、ドライブにロードされたCD/DVDのコンテンツからISOイメージを作成する方法、学習のためにランダムなmanページを開く方法、他のログインユーザーの詳細とユーザーの操作内容、およびメモリ使用量の監視方法について説明します。ブラウザ、およびサードパーティのアプリケーション/ユーティリティなしでネイティブツール/コマンドを使用するこれらすべて。さあ…

CDからISOイメージを作成する

多くの場合、CD/DVDのコンテンツをバックアップ/コピーする必要があります。 Linuxプラットフォームを使用している場合は、追加のソフトウェアは必要ありません。必要なのはLinuxコンソールへのアクセスだけです。

CD/DVD ROM内のファイルのISOイメージを作成するには、2つのものが必要です。まず、CD/DVDドライブの名前を見つける必要があります。 CD/DVDドライブの名前を見つけるには、以下の3つの方法のいずれかを選択できます。

1.端末/コンソールからコマンドlsblk(ブロックデバイスの一覧表示)を実行します。

$ lsblk

2. CD-ROMに関する情報を表示するには、lessまたはmoreなどのコマンドを使用できます。

$ less /proc/sys/dev/cdrom/info

3. dmesgコマンドから同じ情報を取得し、egrepを使用して出力をカスタマイズできます。

コマンド「dmesg」は、カーネルバッファリングを出力/制御します。 ‘egrep‘コマンドは、パターンに一致する行を印刷するために使用されます。オプション-iと–color with egrepは、大文字と小文字を区別する検索を無視し、一致する文字列をそれぞれ強調表示するために使用されます。

$ dmesg | egrep -i --color 'cdrom|dvd|cd/rw|writer'

CD/DVDの名前がわかったら、次のコマンドを使用してLinuxでCD-ROMのISOイメージを作成できます。

$ cat /dev/sr0 > /path/to/output/folder/iso_name.iso

ここで「sr0」は私のCD/DVDドライブの名前です。これをCD/DVDの名前に置き換える必要があります。これは、サードパーティのアプリケーションを使用せずに、CD/DVDのISOイメージとバックアップコンテンツを作成するのに役立ちます。

読むためにmanページをランダムに開く

Linuxを初めて使用し、コマンドとスイッチを学びたい場合は、この調整が最適です。以下のコード行を〜/ .bashrc ファイルの最後に配置します。

/use/bin/man $(ls /bin | shuf | head -1)

上記の1行のスクリプトは、rootの.bashrcファイルではなく、ユーザーの .bashrc ファイルに配置することを忘れないでください。したがって、次にSSHを使用してローカルまたはリモートでログインすると、ランダムに開いたmanページが表示されます。コマンドとコマンドラインスイッチを学びたい初心者にとって、これは役に立ちます。

これは、セッションに2回続けてログインした後にターミナルに表示されたものです。

ログインしたユーザーのアクティビティを確認する

他のユーザーが共有サーバーで何をしているかを把握します。

ほとんどの場合、あなたはShared LinuxServerのユーザーか管理者のどちらかです。サーバーが心配で、他のユーザーが何をしているかを確認したい場合は、コマンド「w」を試してみてください。

このコマンドは、誰かが悪意のあるコードを実行しているのか、サーバーを改ざんしているのか、サーバーの速度を低下させているのかなどを知らせます。 「w」は、ログオンしているユーザーとそのユーザーが何をしているかを監視するための推奨される方法です。

ログオンしているユーザーとそのユーザーの操作を確認するには、ターミナルから、できればrootとしてコマンド「w」を実行します。

# w

ブラウザでメモリ使用量を確認する

最近、多くのジョークがグーグルクロームとそのメモリの需要にひびが入っています。ブラウザのメモリ使用量を知りたい場合は、プロセスの名前、そのPID、およびブラウザのメモリ使用量を一覧表示できます。ブラウザのメモリ使用量を確認するには、アドレスバーに引用符なしで「about:memory」と入力するだけです。

Google-ChromeとMozillaFirefoxWebブラウザでテストしました。他のブラウザで確認でき、問題なく動作する場合は、以下のコメントで確認してください。また、Linuxターミナルプロセス/サービスに対して行ったかのように、ブラウザプロセスを強制終了することもできます。

Google Chromeで、アドレスバーに about:memory と入力すると、次の画像のようなものが表示されます。

Mozilla Firefoxで、アドレスバーに about:memory と入力すると、次の画像のようなものが表示されます。

これらのオプションから、それが何であるかを理解していれば、それらのいずれかを選択できます。メモリ使用量を確認するには、左端のオプション[測定]をクリックします。

ブラウザごとのプロセスメモリ使用量のようなツリーを表示します。

それは今のところすべてです。上記のすべてのヒントが、ある時点で役立つことを願っています。 LinuxユーザーがLinuxシステム/サーバーをより効率的に管理するのに役立つ1つ(または複数)のヒント/コツがある場合は、あまり知られていないので、それを私たちと共有することをお勧めします。

もうすぐ別の投稿でここに来ます。それまでは、TecMintにご注目ください。以下のコメントで貴重なフィードバックをお寄せください。私たちを好きにして共有し、私たちが広まるのを手伝ってください。