Collectedをクライアントの中央監視サーバーとして構成する


このチュートリアルでは、ネットワーク上のさまざまなサーバーにインストールされている他のCollectdクライアントの中央監視サーバーとして機能するために、Collectdデーモンのネットワークプラグインを有効にする方法に焦点を当てます。

このセットアップの要件は、監視の中心点を提供するサーバーモードで実行するようにアクティブ化される、構内のホスト上に1つのCollectdデーモン(Collectd-webインターフェイスを使用)を構成することです。 Collectdデーモンを実行する残りの監視対象ホストは、収集したすべての統計情報を中央ユニットに送信するために、クライアントモードでのみ構成する必要があります。

  1. Install Collectd and Collectd-Web to Monitor Linux Servers

手順1:収集サーバーモードを有効にする

1. CollectdデーモンとCollectd-webインターフェースがサーバーとして機能するマシンにすでにインストールされていると仮定すると、注意が必要な最初のステップは、システム時刻がのタイムサーバーと同期されていることを確認することです。あなたの近さ。

この目標を達成するには、マシンにntpサーバーをインストールします。または、より便利な方法は、cronからローカルタイムサーバーまたは構内近くのパブリックタイムサーバーに対してntpdateコマンドを実行して、システム時刻を定期的に同期することです。利用可能なntpサーバーについてはhttp://pool.ntp.orgWebサイト。

したがって、システムにntpdateコマンドがまだ存在しない場合はインストールし、次のコマンドを発行して、最も近いタイムサーバーと時刻を同期します。

# apt-get install ntpdate		[On Debain based Systems]
# yum install ntpdate			[On RedHat based Systems]
OR
# dnf install ntpdate			
# ntpdate 0.ro.pool.ntp.org

注:上記のコマンドで、それに応じてntpサーバーのURLを置き換えます。

2.次に、以下のコマンドを発行して、毎日深夜にスケジュールするために、上記のtimesyncコマンドをcrontabデーモンのルートファイルに追加します。

# crontab -e

3.ルートcrontabファイルを編集用に開いたら、ファイルの下部に次の行を追加し、保存して終了し、スケジュールをアクティブにします。

@daily ntpdate 0.ro.pool.ntp.org   

注:すべてのシステム時刻を中央のタイムサーバーに合わせるために、ネットワークに存在するすべての機能で収集されたクライアントインスタンスの時刻同期に関してこの手順を繰り返します。

手順2:中央監視システムで収集をサーバーモードで構成する

4. Collectdデーモンをサーバーとして実行し、collectdクライアントからすべての統計を収集するには、ネットワークプラグインを有効にする必要があります。

ネットワークプラグインの役割は、デフォルトの25826/UDPポートで接続をリッスンし、クライアントインスタンスからデータを受信することです。したがって、編集用にメインのcollectd構成ファイルを開き、次のステートメントのコメントを解除します。

# nano /etc/collectd/collectd.conf
OR
# nano /etc/collectd.conf

以下のようにステートメントを検索してコメントを外します。

LoadPlugin logfile
LoadPlugin syslog

<Plugin logfile>
       LogLevel "info"
       File STDOUT
       Timestamp true
       PrintSeverity false
</Plugin>

<Plugin syslog>
        LogLevel info
</Plugin>

LoadPlugin network

次に、ファイルコンテンツを詳細に検索し、ネットワークプラグインブロックを特定して、次のステートメントのコメントを解除し、次の抜粋に示されているリッスンアドレスステートメントを置き換えます。

<Plugin network>
...
# server setup:
      <Listen "0.0.0.0" "25826">
       </Listen>
....
</Plugin>

5.ファイルの編集が完了したら、ファイルを保存して閉じ、Collectedサービスを再起動して変更を反映し、すべてのネットワークインターフェイスでリッスンするサーバーになります。 netstatコマンドを使用して、収集されたネットワークソケット出力を取得します。

# service collectd restart
or
# systemctl restart collectd   [For systemd init services]
# netstat –tulpn| grep collectd