Linux_Logo-LinuxディストリビューションのカラーANSIロゴを印刷するためのコマンドラインツール


linuxlogoまたはlinux_logoは、いくつかのシステム情報を含む配布ロゴのカラーANSI画像を生成するLinuxコマンドラインユーティリティです。

このユーティリティは、/ procファイルシステムからシステム情報を取得します。 linuxlogoは、ホスト配布ロゴ以外のさまざまなロゴのカラーANSI画像を表示できます。

ロゴに関連するシステム情報には、Linuxカーネルのバージョン、カーネルが最後にコンパイルされた時刻、プロセッサの数/コア、速度、製造元、およびプロセッサの生成が含まれます。また、合計物理RAMに関する情報も表示されます。

ここで言及する価値があるのは、screenfetchも同様の種類のツールであり、配布ロゴを表示し、より詳細でフォーマットされたシステムがhttps://www.tecmint.com/screenfetch-system-information-generator-for-linux/ationに通知することです。スクリーンフェッチについては、かなり前に説明しました。これについては、以下を参照してください。

  1. ScreenFetch – Generates Linux System Information

linux_logoとScreenfetchを互いに比較しないでください。 screenfetchの出力はよりフォーマットされ、詳細になっていますが、linux_logoは最大数のカラーANSIダイアグラムを生成し、出力をフォーマットするオプションを提供します。

linux_logoは主にCプログラミング言語で記述されており、X Window SystemでLinuxロゴを表示するため、ユーザーインターフェイスX11(別名X Window System)をインストールする必要があります。このソフトウェアは、GNU General PublicLicenseバージョン2.0でリリースされています。

この記事では、次のテスト環境を使用してlinux_logoユーティリティをテストします。

Operating System : Debian Jessie
Processor : i3 / x86_64

LinuxへのLinuxロゴユーティリティのインストール

1. linuxlogoパッケージ(安定バージョン5.11)は、以下に示すように、apt、yum、またはdnfパッケージマネージャーを使用して、すべてのLinuxディストリビューションのデフォルトのパッケージリポジトリからインストールできます。

# apt-get install linux_logo			[On APT based Systems]
# yum install linux_logo			[On Yum based Systems]
# dnf install linux_logo			[On DNF based Systems]
OR
# dnf install linux_logo.x86_64			[For 64-bit architecture]

2. linuxlogoパッケージがインストールされたら、コマンド linuxlogo を実行して、使用しているディストリビューションのデフォルトのロゴを取得できます。

# linux_logo
OR
# linuxlogo

3.オプション [-a] を使用して、派手な色を印刷しないでください。黒と白の端末でlinux_logoを表示する場合に便利です。

# linux_logo -a

4.オプション [-l] を使用して、LOGOのみを印刷し、他のすべてのシステム情報を除外します。

# linux_logo -l

5. [-u] スイッチはシステムの稼働時間を表示します。

# linux_logo -u

6.負荷平均に関心がある場合は、オプション [-y] を使用します。一度に複数のオプションを使用できます。

# linux_logo -y

その他のオプションとそれらのヘルプについては、実行することをお勧めします。

# linux_logo -h

7.さまざまなLinuxディストリビューション用の組み込みロゴがたくさんあります。オプション -L list スイッチを使用すると、これらすべてのロゴが表示される場合があります。

# linux_logo -L list

リストから任意のロゴを印刷したい場合は、 -L NUM または -L NAME を使用して選択したロゴを表示できます。

  1. -L NUM – will print logo with number NUM (deprecated).
  2. -L NAME – will print the logo with name NAME.

たとえば、AIXロゴを表示するには、次のようにコマンドを使用できます。

# linux_logo -L 1
OR
# linux_logo -L aix

注意:コマンドの -L 1 (1はAIXロゴがリストに表示される番号です。 -L aix はAIXロゴがリストに表示される名前です)。リスト。

同様に、これらのオプションを使用して任意のロゴを印刷できます。いくつかの例を参照してください。

# linux_logo -L 27
# linux_logo -L 21

このように、番号や名前を使用するだけで、それに対して反対のロゴを使用できます。

Linux_logoのいくつかの便利なトリック

8.ログイン時にLinuxディストリビューションのロゴを印刷することをお勧めします。ログイン時にデフォルトのロゴを印刷するには、〜/ .bashrc ファイルの最後に以下の行を追加します。

if [ -f /usr/bin/linux_logo ]; then linux_logo; fi

注意:〜/ .bashrc ファイルがない場合は、ユーザーのホームディレクトリの下に作成する必要がある場合があります。

9.上記の行を追加した後、ログアウトして再度ログインするだけで、Linuxディストリビューションのデフォルトのロゴが表示されます。

また、ログイン後、以下の行を追加するだけで、任意のロゴを印刷できることに注意してください。

if [ -f /usr/bin/linux_logo ]; then linux_logo -L num; fi

重要:使用するロゴに反する番号にnumを置き換えることを忘れないでください。

10.以下に示すように、ロゴの場所を指定するだけで、独自のロゴを印刷することもできます。

# linux_logo -D /path/to/ASCII/logo

11.ネットワークログインにロゴを印刷します。

# /usr/local/bin/linux_logo > /etc/issue.net

次のように、色で塗りつぶされたANSIロゴがサポートされていない場合は、ASCIIロゴを使用することをお勧めします。

# /usr/local/bin/linux_logo -a > /etc/issue.net

12.ペンギンポートを作成します–接続に応答するためのポートのセット。ペンギンポートを作成するにはファイル/ etc/servicesファイルに以下の行を追加します。

penguin	4444/tcp	penguin

ここで、「4444」は現在空きであり、どのリソースでも使用されていないポート番号です。別のポートを使用できます。

また、ファイル/etc/inetd.confファイルに以下の行を追加します。

penguin	stream	     tcp	nowait	root /usr/local/bin/linux_logo 

次のようにサービスinetdを再起動します。

# killall -HUP inetd

さらに、linux_logoを起動スクリプトで使用して攻撃者をだますことができます。また、友達といたずらをすることもできます。これは優れたツールであり、一部のスクリプトで使用して、配布ベースで出力を取得する場合があります。

一度試してみれば後悔することはありません。このユーティリティについてのあなたの考えと、それがあなたにとってどのように役立つかを教えてください。接続を維持してください!コメントを続けてください。私たちを好きにして共有し、私たちが広まるのを手伝ってください。