スクリーンショット付きの「Fedora22サーバー」のインストール


2015年5月26日、Fedora 22のリリースがマークされました。これは、ワークステーション(デスクトップおよびラップトップ用、ターゲットはホームユーザー)、サーバー(Real Production Server用)、クラウド(ホスティングおよびクラウド関連アプリケーションのデプロイ用)の3つのエディションで提供されます。 。私たちはあなたが通過したいと思うかもしれないFedora22に関する一連のトピックをカバーしました:

  1. Fedora 22 Released – What’ New
  2. 27 Useful DNF Commands to Manage Packages
  3. Fedora 22 Workstation Installation Guide
  4. Install Fedy to Tweak Fedora Systems

この記事では、Fedora22サーバーの詳細なインストール手順について説明します。以前のバージョンのFedoraを既にインストールしている場合は、アップグレード記事「Fedora21をFedora22にアップグレードする」を使用して更新できます。サーバーの1つに新しいFedora22をインストールする場合は、この記事が役に立ちます。

まず、マシンアーキテクチャに従って、以下のリンクからFedora 22 ServerEditionをダウンロードします。以下のリンクは32ビットおよび64ビットマシン用であることに注意してください。また、比較的小さいISOをダウンロードするNetinstallダウンロードリンクもあります。

Netinstallイメージのインストール時に、リポジトリからパッケージがプルされるため、インターネットの速度と物理メモリに基づいて、インストールにもう少し時間がかかります。

  1. Fedora-Server-DVD-i386-22.iso – Size 2.2GB
  2. Fedora-Server-DVD-x86_64-22.iso – Size 2.1GB
  1. Fedora-Server-netinst-i386-22.iso – Size 510MB
  2. Fedora-Server-netinst-x86_64-22.iso – Size 448MB

Fedora22サーバーのインストール

1. ISOイメージをダウンロードしたら、次のコマンドを使用してISOイメージの整合性をチェックします。

# sha256sum Fedora-Server-DVD-*.iso

Sample Output 
b2acfa7c7c6b5d2f51d3337600c2e52eeaa1a1084991181c28ca30343e52e0df  Fedora-Server-DVD-x86_64-22.iso

次に、このハッシュ値をFedoraの公式Webサイトで提供されているもので検証します。

  1. For 32-bit ISO checksum click Fedora-Server-22-i386-CHECKSUM
  2. For 64-bit ISO checksum, click Fedora-Server-22-x86_64-CHECKSUM

ダウンロードしたISOの整合性が確認されたので、DVDディスクに書き込むか、USBフラッシュドライブを起動可能にしてそこから直接起動するか、ネットワークPXEブートを使用してFedoraをインストールします。

サードパーティのユーティリティ「Unetbootin」を使用して、またはLinuxの「dd」コマンドを使用して手動でISOをUSBフラッシュに書き込む手順の詳細を知りたい場合は、以下のリンクをたどることができます。

  1. https://www.tecmint.com/install-linux-from-usb-device/

2.USBフラッシュドライブまたはDVDROMに書き込んだ後、BIOSから優先順位を付けて、メディアを挿入し、それぞれのメディアから起動します。

Fedora 22サーバーがディスク/ドライブから起動するとすぐに、以下のような起動メニューが表示されます。デフォルトの起動オプションは「このメディアをテストしてFedora22をインストールする」であり、インストールメディアにエラーがないかどうかを確認することをお勧めしますが、UPナビゲーションキーをクリックして起動することでバイパスできます。 「Fedora22のインストール」に。

3.次のウィンドウで、自分に合った言語を選択して、[続行]をクリックするオプションがあります。

4.次の画面「インストールの概要」では、多くのオプションを構成できます。これは、「キーボードレイアウト」、「言語サポート」、「日時」、「インストールソース」、「ソフトウェアの選択」、「インストール先」、「ネットワークとホスト名」を構成できる画面です。各オプションを1つずつ構成してみましょう。

5.最初に「キーボード」を選択します。スクロールして、追加するキーボードレイアウトをいくつでも追加します。新しいレイアウトを追加するたびに「+」をクリックしてから、「追加」をクリックする必要があります。必要なキーボードレイアウトがすべて追加されたら、画面の左上隅にある[完了]をクリックします。

表示された画面([インストールの概要]ウィンドウ)で、[言語サポート]をクリックします。必要なボックスにチェックマークを付けて、必要なすべての言語サポートを選択し、[完了]をクリックします。それが終わったら。

ここでも、「インストールの概要」ウィンドウが表示されます。 「時間と日付」をクリックします。世界地図をクリックして、時刻、日付、地理的な場所を設定します。すべて問題がないように思われる場合は、[完了]をクリックします。

6.「インストールの概要」画面に戻ります。 「インストールソース」をクリックします。ここで、ネットワークミラーと追加のリポジトリを追加できます。

このウィンドウで何をすべきかわからない場合は、すべてをそのままにしておきます。 Minimal Fedora Serverをインストールするには、「自動検出されたインストールメディア」で十分であることに注意してください。いずれの場合も、[完了]をクリックします。

7.ここでも、「インストールの概要」ウィンドウが表示されます。そこから「ソフトウェアの選択」をクリックします。

そこには4つの異なるオプションがあります-「最小インストール」、「Fedoraサーバー」、「Webサーバー」、「インフラストラクチャサーバー」。

本番環境では、不要なパッケージがインストールされないようにMinimal Serverをインストールし、システムをクリーン、構成、高速、安全に保つことが常に最善の方法です。必要に応じて、最小インストールから任意のソフトウェアをインストールできます。

この例では、「最小インストール」も選択しています。基本環境を選択し、[完了]をクリックします。

8.「インストール先」を構成する時が来ました。 「インストールの概要」画面から同じものを選択します。

デフォルトのオプションは「自動的にパーティションを構成する」であることに注意してください。手動でパーティションを作成するには、「パーティションを構成します」に変更します。手動パーティションを選択すると、スペースを最大限に活用できます。また、このウィンドウからデータを「暗号化」することを選択することもできます。最後に[完了]をクリックします。

結果のインターフェイスでは、パーティションを手動で作成できます。

9.インストールしてLVMに拡張する場合は、LVMパーティショニングスキームを使用します。ほとんどのサーバーでは、LVMはほとんどそこにあります。左下の + をクリックして、/boot パーティションを作成します。必要な容量を入力し、[マウントポイントの追加]をクリックします。

/boot のファイルシステムタイプは「ext4」で、デバイスタイプは「StandardPartition」である必要があることに注意してください。

10.もう一度 + をクリックして、SWAPスペースを作成します。必要な容量を追加し、「マウントポイントの追加」をクリックします。

ファイルシステムタイプは「SWAP」であり、デバイスタイプは「LVM」であることに注意してください。

11.最後に、ルートパーティション(/)を作成し、残りのディスクスペースをすべて追加して、[マウントポイントの追加]をクリックします。

ルートのファイルシステムタイプは「XFS」であり、デバイスタイプは「LVM」であることに注意してください。すべてのオプションをクロスチェックした後、[完了]をクリックします。

12.結果のウィンドウは、フォーマットを破棄するかどうかを尋ねます。 [変更を受け入れる]をクリックします。

13.「インストールの概要」インターフェイスに再び表示されます。ネットワークとホスト名をクリックします。 IP、DNS、ルート、サブネットマスク、およびホスト名を変更するためのインターフェイスを取得しました。

14.動的IPを取得したことに気付くでしょう。本番環境および最も一般的には、静的IPを使用することをお勧めします。 [構成]をクリックして、フードの下の[自動]から[手動]にメソッドを変更します。 「IPv4設定」。最後に「保存」をクリックします。

15.「ネットワークとホスト名」インターフェースに戻ります。ここでホスト名を設定し、変更をすぐに有効にするには、このインターフェイスからイーサネットのスイッチをオフにしてから再度オンにします。最後に[完了]をクリックします。すべてが大丈夫に見えるとき。

16.最後に、「インストールの概要」インターフェイスに戻ります。ここに競合や警告がないことに気付くかもしれません。すべてが大丈夫に見えます。 [インストールの開始]をクリックします。

17.次のインターフェースで、システムは必要なパッケージ、基本構成、およびブートローダーをインストールします。ここでは2つのことに注意する必要があります。 1つ目は「rootパスワード」を設定することで、2つ目は「ユーザーの作成」です。

18.最初に「ルートパスワード」をクリックします。同じパスワードを2回入力します。大文字と小文字の両方、数字、および特殊文字を使用して、パスワードを難しくするという一般的な規則に従います。また、辞書の単語を避け、パスワードが十分に長いことを確認してください。パスワードは「推測が難しく、覚えやすい」である必要があります。

19.次に、構成インターフェースから「ユーザー作成」をクリックし、フルネーム、ユーザー名、パスワードなどの必要な情報を入力します。 「詳細オプション」をご覧になることをお勧めします。完了したら、[完了]をクリックします。

20.インストールする対象、ISOタイプ(フルISOまたはNetinstall)、メモリサイズ、およびその他のいくつかの要因によっては、インストールが完了するまでに時間がかかります。

ブートローダーとともにインストールと構成が完了すると、画面の右下に「Fedoraが正常にインストールされました。マシンを再起動してインストールを完了します。」というメッセージが表示されます。

21.システムが再起動し、Fedora22ブートメニューが表示される場合があります。

22.ログインインターフェースがすぐに利用可能になります。新しいユーザーアカウントのユーザー名とパスワードを入力してください。

23.ログインしたら、次のコマンドを使用してFedora22のバージョンを確認します。

$ cat /etc/os-release

結論

Fedora 22 Severのインストールは非常に簡単で、簡単です。多くの新機能、パッケージ、ジャーナリングシステムが含まれています。 DNFはYUMよりも強力です。 「データベースサーバーの役割」、「デフォルトのXFSシステム」、「互換性のあるコックピット」、リポジトリでの可用性により、新しい管理者はシステムを効率的に処理および構成することが容易になります。カーネル4.0.4上で実行すると、最大数のハードウェアのサポートが期待でき、更新は簡単です。

RedHatがサポートするFedora22サーバーをすでに使用している、または使用する予定の場合は、サーバーの1つまたは多くでfedoraを使用したことを後悔することはありません。