DebianとUbuntuにApacheを使用してWordPressをインストールする方法


ApacheまたはWordPressの紹介を書くことは、両方を組み合わせて、今日インターネット上で最も使用されているオープンソースWebサーバーの1つであるため、効果がありません。実際、Apacheは36.9%の世界のWebサーバーとWordPressで実行されます。 6つのWebサイトごとに1つ– MYSQLとPHPを備えたApacheは、WordPress Publishing ContentManagement用の動的サーバーゲートウェイインターフェイスを提供します。

このトピックでは、Linux、Apache、MySQL/MariaDB、PHP、PhpMyAdminを表す最新バージョンのWordPressをDebian、Ubuntu、Linux Mintにインストールし、基本的なApache仮想ホストを使用するために処理する必要のある手順について説明します。コマンドラインまたはPhpMyAdminWebインターフェイスを介した構成とMySQLデータベースアクセス。ただし、DNSサーバーによって提供されるIP名マッピングなど、他の重要なネットワークサービス構成は対象外であり、IP名トランザクション(DNSクエリ)。

また、フォワード設定はほとんどすべてのDebianシステムで利用できますが、わずかな違いがあります(ほとんどはapacheパスに関するものです)。これは適切なタイミングで通知されます。

ステップ1:サーバーの基本構成

1.まず、ネットワーク上に信頼できるDNSサーバーがないため、このセットアップではApache仮想ホストが使用されます。サーバーIPを仮想(偽の)ドメイン名にマップして、任意のブラウザーから実際のドメイン名のようにアクセスできるようにする必要があります。

このジョブを完了するには、ローカルサーバーで「/etc/hosts 」を開き、「127.0.0.1localhost」行末で優先ドメイン名を編集します。私の場合、ドメイン名を「wordpress.lan」としています。

$ sudo nano /etc/hosts

レコードが追加されたら、新しいドメイン名でpingコマンドを発行してレコードをテストできます。

$ ping wordpress.lan

2.サーバーが本番用に設計されており、コマンドラインからのみ実行され(そうする必要があります)、ネットワーク上のどこかにあるWindowsステーションからWordPressドメインにアクセスする必要がある場合は、Windowsがファイルをホストしていることをメモ帳で開いて変更します。 C:\ Windows \ System32 \ drivers tc 'パスを作成し、最後の行にApacheサーバーのLAMPIPと仮想ドメイン名を追加します。

もう一度、WordPressドメイン名に対してpingコマンドラインを発行すると、サーバーが応答するはずです。

サーバーへのLAMPスタックのインストール

3.次に、LAMPスタックをインストールし、次の「apt-get」コマンドを実行して、Apache、MySQL、およびPHPをインストールします。

$ sudo apt-get install apache2 apache2-utils php libapache2-mod-php php-mysql php-curl php-gd php-intl php-mbstring php-soap php-xml php-xmlrpc php-zip mariadb-server mariadb-client

PhpMyAdmin管理ツールのインストール

4. MySQLコマンドラインに慣れている場合は、この手順をスキップできます。それ以外の場合は、PhpMyAdmin Webインターフェイス(MySQLデータベースの管理に役立つツール)をインストールします。

次のコマンドラインを実行し、Apache Webサーバーを選択し、 dbconfig-common を使用してPHPMyAdminのデータベースを構成しないでください。

$ sudo apt-get install phpmyadmin

5. PhpMyAdminがインストールされたら、Webブラウジングにアクセスできるようにし、そのためにApacheWebサーバーが構成ファイルを読み取る必要があります。

PhpMyAdminを有効にするには、 'apache.conf' PhpMyAdmin構成を 'conf-available' Apacheパスにコピーし、新しい構成を有効にする必要があります。

このために、UbuntuおよびLinuxMintシステムで次の一連のコマンドを実行します。

$ sudo cp /etc/phpmyadmin/apache.conf /etc/apache2/conf-available/
$ sudo mv /etc/apache2/conf-available/apache.conf /etc/apache2/conf-available/phpmyadmin.conf
$ sudo a2enconf phpmyadmin

Debianシステムでは、次のコマンドを発行します。

$ sudo cp /etc/phpmyadmin/apache.conf /etc/apache2/conf.d/
$ sudo mv /etc/apache2/conf.d/apache.conf /etc/apache2/conf.d/phpmyadmin.conf

6. PhpMyAdminにアクセスするには、Webブラウザーを開き、以下のアドレスに移動します。

http://IP-Address-or-Domain/phpmyadmin/

ドメイン用のApache仮想ホストの作成

7.次のステップは、WordPressの新しいドメインをホストするApacheWebサーバー上に仮想ホストを作成することです。新しい仮想ホストを作成してアクティブ化するには、テキストエディターを開き、 '/ etc/apache2/sites-available /' <に 'wordpress.conf' という名前の新しいファイルを作成します。/code> pathは、次のコマンドを実行して実行します。

$ sudo nano /etc/apache2/sites-available/wordpress.conf

ファイルの最後に次のディレクティブを追加します。ファイルを保存して閉じます。

<VirtualHost *:80>
        ServerName wordpress.lan
        ServerAdmin [email protected]
        DocumentRoot /var/www/html
        ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/error.log
        CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}/access.log combined
</VirtualHost>

次に、このコマンドを使用して新しい仮想ホストをアクティブ化します。

$ sudo a2ensite wordpress.conf
$ sudo systemctl reload apache2

8.サーバー名FQDNに開いているメイン構成ファイル '/ etc/apache2/apache2.conf' に関する今後のApacheエラーを回避するには、ファイルの最後に次の行を追加してサービスを再起動します。

ServerName wordpress.lan

9.apache2サービスを再起動します。

$ sudo systemctl restart apache2

ドメイン用のWordPressデータベースの作成

10.WordPress用の新しいデータベースと新しいデータベースユーザーを作成する時が来ました。これを行うには、MySQLコマンドラインを使用する方法が2つあります。これも最も安全な方法であるか、PhpMyAdminWebツールを使用します。このトピックでは、コマンドラインの方法について説明します。

ただし、まず、次のセキュリティスクリプトを実行してMySQLのインストールを安全にし、すべての質問に YES と答えて、SQLデータベースのセキュリティ設定を強化する必要があります。

$ sudo mysql_secure_installation

11.次に、rootユーザーとして mysql シェルに接続して、WordPressデータベースを実際に作成します。

$ sudo mysql -u root -p
MariaDB [(none)]> CREATE DATABASE mysite;
MariaDB [(none)]> GRANT ALL PRIVILEGES ON mysite.* TO 'mysiteadmin'@'localhost' IDENTIFIED BY  '[email protected]!';
MariaDB [(none)]> FLUSH PRIVILEGES;
MariaDB [(none)]> EXIT;

ドメインへのWordPressのインストール

12. Apacheの厄介なサーバー構成がすべて行われ、MySQLデータベースと管理ユーザーが作成されたら、今度はボックスにWordPressのインストールを実際に実行します。

まず、次のwgetコマンドを発行して、最新のWordPressアーカイブをダウンロードします。

$ wget http://wordpress.org/latest.tar.gz

13.次に、WordPressアーカイブを抽出し、抽出したすべてのファイルをApache Virtual Host DocumentRootにコピーします。これは、UbuntuおよびLinuxMintシステムでは '/ var/www/html' になります。

$ sudo tar xvzf latest.tar.gz
$ sudo cp -r wordpress/*  /var/www/html

Debianシステムでは、次のコマンドを実行します。

$ sudo tar xvzf latest.tar.gz
$ sudo mkdir -p  /var/www/html
$ sudo cp -r wordpress/*  /var/www/html

14. WordPressインストーラーを開始する前に、ApacheおよびMySQLサービスが実行されていることを確認し、「wp-config.php」エラーファイルの作成を回避するために次のコマンドも実行します。後で変更を元に戻します。

$ sudo service apache2 restart
$ sudo service mysql restart
$ sudo chown -R www-data  /var/www/html
$ sudo chmod -R 755  /var/www/html

15.ブラウザを開き、HTTPプロトコルを使用してURLにサーバーのIPまたは仮想ドメイン名を入力します。

http://wordpress.lan/index.php
http://your_server_IP/index.php

16.最初のプロンプトで言語を選択し、[続行]をクリックします。

17.次の画面で、MySQLワードプレスデータベース名、ユーザー、パスワード、およびホストを入力し、[送信]をクリックします。

18.インストーラーがMySQLデータベースに正常に接続し、「wp-config.php」ファイルの作成が完了したら、「実行」ボタンを押して、WordPressインストーラーにサイトタイトル、管理ユーザー名、ブログのパスワード、電子メールアドレス、最後に入力します。 [WordPressのインストール]をクリックします。

19.インストールが完了したら、管理者の資格情報を使用して新しいWordPress Webサイトのブログにログインし、ダッシュボードからブログをカスタマイズしたり、世界中の何百万人もの読者やあなただけのために新しいクールな記事を追加したりできます。

20.もう1つの最後のステップは、 '/ var/www/html ‘ディレクトリとファイルのアクセス許可に加えられた変更を元に戻すことです。

$ sudo chown -R root /var/www/html

これが、Debian、Ubuntu、Linux Mint、およびApache Webサーバーを使用するDebianベースのLinuxディストリビューションのほとんどにWordPressを完全にインストールするために必要なすべての手順ですが、それでも、この主題は非常に広範であるため、基本的な部分のみを取り上げました。

完全な環境を実現するには、DNSサーバーをインストールしてセットアップし、複雑なApacheの「.htacccess」ルールを有効にして、セキュリティで必要な場合はWebサーバーにSSLを適用する必要があります。

WordPressでHTTPSを有効にする

21. WordPress WebサイトにHTTPSを適用する場合は、図のようにLet’sEncryptから無料のSSL証明書をインストールする必要があります。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install software-properties-common
$ sudo add-apt-repository universe
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install certbot python3-certbot-nginx
$ sudo certbot --apache

22. WordPressサイトがHTTPSを使用していることを確認するには、Webサイト https://yourwebsite.com/ にアクセスして、URLバーの鍵のアイコンを探します。または、https://www.ssllabs.com/ssltest/でサイトのHTTPSを確認することもできます。