Debian、Ubuntu、Linux Mint、FedoraにuGet Download Manager2.0をインストールします


11を超える開発リリースを含む長い開発期間の後、ついにuGetプロジェクトチームは、uGet2.0の最新の安定バージョンがすぐに利用可能になることを発表しました。最新バージョンには、新しい設定ダイアログ、aria2プラグインに追加されたBitTorrentとMetalinkのサポートの改善、バナー内のuGet RSSメッセージのサポートの改善など、多くの魅力的な機能が含まれています。その他の機能は次のとおりです。

  1. A new “Check for Updates” button informs you about new released versions.
  2. Added new languages & updated existing languages.
  3. Added a new “Message Banner” that allows developers to easily provide uGet related information to all users.
  4. Enhanced the Help Menu by including links to the Documentation, to submit Feedback & Bug Reports and more.
  5. Integrated uGet download manager into the two major browsers on the Linux platform, Firefox and Google Chrome.
  6. Improved support for Firefox Addon ‘FlashGot’.

uGetとは

uGet(以前の広告UrlGfe)は、オープンソースの無料で非常に強力なマルチプラットフォームGTKベースのダウンロードマネージャーアプリケーションで、C言語で記述されており、GPLでリリースおよびライセンス供与されています。ダウンロードの再開、複数のダウンロードのサポート、独立した構成でのカテゴリのサポート、クリップボードの監視、ダウンロードスケジューラ、HTMLファイルからのURLのインポート、Firefoxとの統合Flashgotプラグイン、aria2(コマンド-uGetと統合されたラインダウンロードマネージャー)。

詳細な説明で、uGetダウンロードマネージャーのすべての主要機能をリストアップしました。

  1. Downloads Queue: Place all your downloads into a Queue. As downloads finishes, the remaining queue files will automatically start downloading.
  2. Resume Downloads: If in case, your network connection disconnected, don’t worry you can start or resume download where it was left.
  3. Download Categories: Support for unlimited categories to manage downloads.
  4. Clipboard Monitor: Add the types of files to clipboard that automatically prompt you to download copied files.
  5. Batch Downloads: Allows you to easily add unlimited number of files at once for downloading.
  6. Multi-Protocol: Allows you to easily download files through HTTP, HTTPS, FTP, BitTorrent and Metalink using arial2 command-line plugin.
  7. Multi-Connection: Support for up to 20 simultaneous connections per download using aria2 plugin.
  8. FTP Login & Anonymous FTP: Added support for FTP login using username and password, as well as anonymous FTP.
  9. Scheduler: Added support for scheduled downloads, now you can schedule all your downloads.
  10. FireFox Integration via FlashGot: Integrated FlashGot as an independent supported Firefox extension that handles single or massive selection of files for downloading.
  11. CLI / Terminal Support: Offers command line or terminal option to download files.
  12. Folder Auto-Creation: If you have provided the save path for the download, but the save path doesn’t exist, uget will automatically create them.
  13. Download History Management: Keeps a track of finished download and recycled entries, per list 9,999 files. Entries which are older than the custom limit will be deleted automatically.
  14. Multi-Language Support: By default uGet uses English, but it support more than 23 languages.
  15. Aria2 Plugin: uGet integrated with Aria2 plugin to give more user friendly GUI.

利用可能な機能の完全なリストを知りたい場合は、公式のuGet機能ページを参照してください。

Debian、Ubuntu、Linux Mint、FedoraにuGetをインストールします

uGet開発者は、Linuxプラットフォーム全体のさまざまなリポジトリに最新バージョンを追加したため、Linuxディストリビューションでサポートされているリポジトリを使用してuGetをインストールまたはアップグレードできます。

現在、いくつかのLinuxディストリビューションは最新ではありませんが、uGetダウンロードページに移動し、そこからお好みのディストリビューションを選択して詳細を確認することで、ディストリビューションのステータスを取得できます。

Debian Testing(Jessie)とDebian Unstable(Sid)では、公式リポジトリを使用して、かなり信頼性の高い方法で簡単にインストールおよび更新できます。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install uget

UbuntuおよびLinuxMintでは、公式のPPAリポジトリ「ppa:plushuang-tw/uget-stable」を使用してuGetをインストールおよび更新できます。このPPAを使用することにより、最新バージョンを自動的に最新の状態に保つことができます。

$ sudo add-apt-repository ppa:plushuang-tw/uget-stable
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install uget

Fedora 20 – 21では、公式リポジトリから入手可能な最新バージョンのuGet(2.0)で、これらのリポジトリからのインストールはかなり信頼できます。

$ sudo yum install uget

注:古いバージョンのDebian、Ubuntu、Linux Mint、Fedoraでは、ユーザーはuGetをインストールすることもできます。ただし、使用可能なバージョンは1.10.4です。更新されたバージョン(つまり2.0)を探している場合は、システムをアップグレードし、uGetPPAを追加して最新の安定バージョンを取得する必要があります。

aria2プラグインのインストール

aria2は優れたコマンドラインダウンロードユーティリティであり、uGetがaria2プラグインとして使用して、トレントファイル、メタリンク、マルチプロトコル、マルチソースダウンロードなどのさらに優れた機能を追加します。

デフォルトでは、uGetは今日のほとんどのLinuxシステムでバックエンドとしてCURLを使用しますが、aria2プラグインはCURLをバックエンドとしてaria2に置き換えます。

aria2は個別のパッケージであり、個別にインストールする必要があります。 Linuxディストリビューションでサポートされているリポジトリを使用して最新バージョンのaria2を簡単にインストールできます。また、各ディストリビューションにaria2をインストールする方法を説明するdownloads-aria2を使用することもできます。

公式のaria2PPAリポジトリを使用して、次のコマンドを使用して最新バージョンのaria2をインストールします。

$ sudo add-apt-repository ppa:t-tujikawa/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install aria2

Fedoraの公式リポジトリにはすでにaria2パッケージが追加されているため、次のyumコマンドを使用して簡単にインストールできます。

$ sudo yum install aria2

uGetアプリケーションを起動するには、検索バーのデスクトップの「メニュー」から「uget」と入力します。以下のスクリーンショットを参照してください。

aria2プラグインをアクティブにするには、uGetメニューから[編集] –> [設定] –> [プラグイン]タブに移動し、ドロップダウンから[arial2]を選択します。

uGet2.0スクリーンショットツアー

uGetソースファイルとRPMパッケージは、ダウンロードページで他のLinuxディストリビューションとWindowsでも利用できます。