RHEL / CentOS 7で「PowerDNS」(MariaDBを使用)および「PowerAdmin」をインストールおよび構成する方法


PowerDNSは、多くのLinux/Unix派生物で実行されているDNSサーバーです。 BINDスタイルのゾーンファイル、リレーショナルデータベース、負荷分散/フェイルオーバーアルゴリズムなど、さまざまなバックエンドで構成できます。また、サーバー上で個別のプロセスとして実行されるDNSリカーサーとしてセットアップすることもできます。

PowerDNS Authoritativeサーバーの最新バージョンは3.4.4ですが、現在EPELリポジトリで利用できるのは3.4.3です。このバージョンはCentOSとFedoraでテストされているため、EPELリポジトリ用にインストールすることをお勧めします。そうすれば、将来的にPowerDNSを簡単に更新することもできます。

この記事では、MariaDBバックエンドとPowerDNS用の使いやすいWebインターフェイス管理ツールであるPowerAdminを使用してマスターPowerDNSサーバーをインストールおよびセットアップする方法を説明します。

この記事の目的のために、私は次のサーバーを使用します。

Hostname: centos7.localhost 
IP Address 192.168.0.102

ステップ1:MariaDBバックエンドを使用したPowerDNSのインストール

1.まず、サーバーのEPELリポジトリを有効にする必要があります。次を使用するだけです。

# yum install epel-release.noarch 

2.次のステップは、MariaDBサーバーをインストールすることです。これは、次のコマンドを実行することで簡単に実行できます。

# yum -y install mariadb-server mariadb

3.次に、システムの起動時に有効にして起動するようにMySQLを構成します。

# systemctl enable mariadb.service
# systemctl start mariadb.service

4. MySQLサービスが実行されているので、次を実行してMariaDBのパスワードを保護および設定します。

# mysql_secure_installation
/bin/mysql_secure_installation: line 379: find_mysql_client: command not found

NOTE: RUNNING ALL PARTS OF THIS SCRIPT IS RECOMMENDED FOR ALL MariaDB
      SERVERS IN PRODUCTION USE!  PLEASE READ EACH STEP CAREFULLY!

In order to log into MariaDB to secure it, we'll need the current
password for the root user.  If you've just installed MariaDB, and
you haven't set the root password yet, the password will be blank,
so you should just press enter here.

Enter current password for root (enter for none):  Press ENTER
OK, successfully used password, moving on...

Setting the root password ensures that nobody can log into the MariaDB
root user without the proper authorisation.

Set root password? [Y/n] y     
New password:  ← Set New Password
Re-enter new password:  ← Repeat Above Password
Password updated successfully!
Reloading privilege tables..
 ... Success!


By default, a MariaDB installation has an anonymous user, allowing anyone
to log into MariaDB without having to have a user account created for
them.  This is intended only for testing, and to make the installation
go a bit smoother.  You should remove them before moving into a
production environment.

Remove anonymous users? [Y/n] y ← Choose “y” to disable that user
 ... Success!

Normally, root should only be allowed to connect from 'localhost'.  This
ensures that someone cannot guess at the root password from the network.

Disallow root login remotely? [Y/n] n ← Choose “n” for no
 ... skipping.

By default, MariaDB comes with a database named 'test' that anyone can
access.  This is also intended only for testing, and should be removed
before moving into a production environment.

Remove test database and access to it? [Y/n] y ← Choose “y” for yes
 - Dropping test database...
 ... Success!
 - Removing privileges on test database...
 ... Success!

Reloading the privilege tables will ensure that all changes made so far
will take effect immediately.

Reload privilege tables now? [Y/n] y ← Choose “y” for yes
 ... Success!

Cleaning up...

All done!  If you've completed all of the above steps, your MariaDB
installation should now be secure.

Thanks for using MariaDB!

5. MariaDBの構成が正常に完了すると、PowerDNSのインストールをさらに進めることができます。これは、以下を実行することで簡単に完了します。

# yum -y install pdns pdns-backend-mysql

6.PowerDNSの構成ファイルは/etc/pdns/pdns にありますが、編集する前に、PowerDNSサービス用のMySQLデータベースをセットアップします。まず、MySQLサーバーに接続し、powerdnsという名前のデータベースを作成します。

# mysql -u root -p
MariaDB [(none)]> CREATE DATABASE powerdns;

7.次に、powerdnsというデータベースユーザーを作成します。

MariaDB [(none)]> GRANT ALL ON powerdns.* TO 'powerdns'@'localhost' IDENTIFIED BY 'tecmint123';
MariaDB [(none)]> GRANT ALL ON powerdns.* TO 'powerdns'@'centos7.localdomain' IDENTIFIED BY 'tecmint123';
MariaDB [(none)]> FLUSH PRIVILEGES;

注:「tecmint123」を、セットアップに使用する実際のパスワードに置き換えてください。

8.PowerDNSで使用されるデータベーステーブルを作成します。それらをブロックごとに実行します。

MariaDB [(none)]> USE powerdns;
MariaDB [(none)]> CREATE TABLE domains (
id INT auto_increment,
name VARCHAR(255) NOT NULL,
master VARCHAR(128) DEFAULT NULL,
last_check INT DEFAULT NULL,
type VARCHAR(6) NOT NULL,
notified_serial INT DEFAULT NULL,
account VARCHAR(40) DEFAULT NULL,
primary key (id)
);
MariaDB [(none)]> CREATE UNIQUE INDEX name_index ON domains(name);
MariaDB [(none)]> CREATE TABLE records (
id INT auto_increment,
domain_id INT DEFAULT NULL,
name VARCHAR(255) DEFAULT NULL,
type VARCHAR(6) DEFAULT NULL,
content VARCHAR(255) DEFAULT NULL,
ttl INT DEFAULT NULL,
prio INT DEFAULT NULL,
change_date INT DEFAULT NULL,
primary key(id)
);
MariaDB [(none)]> CREATE INDEX rec_name_index ON records(name);
MariaDB [(none)]> CREATE INDEX nametype_index ON records(name,type);
MariaDB [(none)]> CREATE INDEX domain_id ON records(domain_id);
MariaDB [(none)]> CREATE TABLE supermasters (
ip VARCHAR(25) NOT NULL,
nameserver VARCHAR(255) NOT NULL,
account VARCHAR(40) DEFAULT NULL
);

これで、次のように入力してMySQLコンソールを終了できます。

MariaDB [(none)]> quit;

9.最後に、MySQLをバックエンドとして使用するようにPowerDNSの構成を進めることができます。そのためには、次の場所にあるPowerDNS構成ファイルを開きます。

# vim /etc/pdns/pdns.conf 

そのファイルで、次のような行を探します。

#################################
# launch        Which backends to launch and order to query them in
#
# launch=

その直後に次のコードを配置します。

launch=gmysql
gmysql-host=localhost
gmysql-user=powerdns
gmysql-password=user-pass
gmysql-dbname=powerdns

「user-pass」を、前に設定した実際のパスワードに変更します。これが私の構成がどのように見えるかです:

変更を保存して、を終了します。

10.次に、PowerDNSを起動し、システムの起動時に開始するサービスのリストに追加します。

# systemctl enable pdns.service 
# systemctl start pdns.service 

この時点で、PowerDNSサーバーが稼働しています。 PowerDNSの詳細については、http://downloads.powerdns.com/documentation/html/index.htmlで入手可能なマニュアルを参照してください。