Linuxシステムプロセスのロギングアクティビティを監視するために「atop」をインストールする方法


Atopは、完了したプロセスも含め、すべてのプロセスのアクティビティを報告できるフルスクリーンのパフォーマンスモニターです。 Atopを使用すると、システムアクティビティの毎日のログを保持することもできます。同じものを、分析、デバッグ、システム過負荷の原因の特定など、さまざまな目的に使用できます。

  1. Check the overall resource consumption by all processes
  2. Check how much of the available resources have been utilized
  3. Logging of resource utilization
  4. Check resource consumption by individual threads
  5. Monitor process activity per user or per program
  6. Monitor network activity per process

Atopの最新バージョンは2.1で、次の機能が含まれています

  1. New logging mechanism
  2. New key flags
  3. New Fields (counters)
  4. Bug fixes
  5. Configurable colors

LinuxへのAtopMonitoringToolのインストール

1.この記事では、システムプロセスを簡単に監視できるように、RHEL/CentOS/FedoraやDebian/Ubuntuベースの派生物などのLinuxシステムにインストールして構成する方法を紹介します。

まず、監視ツールの上にインストールするには、RHEL/CentOS /システムでepelリポジトリを有効にする必要があります。

epelリポジトリを有効にしたら、以下に示すように、yumパッケージマネージャーを使用してパッケージの上に簡単にインストールできます。

# yum install atop

または、次のwgetコマンドを使用してダイレクトトップrpmパッケージをダウンロードし、次のコマンドを使用してatopのインストールを続行することもできます。

------------------ For 32-bit Systems ------------------
# wget http://www.atoptool.nl/download/atop-2.1-1.i586.rpm
# rpm -ivh atop-2.1-1.i586.rpm

------------------ For 64-bit Systems ------------------
# wget http://www.atoptool.nl/download/atop-2.1-1.x86_64.rpm
# rpm -ivh atop-2.1-1.x86_64.rpm 

Debianベースのシステムでは、apt-getコマンドを使用してデフォルトのリポジトリからtopをインストールできます。

$ sudo apt-get install atop

2. topをインストールした後、システムの起動時にtopが起動することを確認し、次のコマンドを実行します。

------------------ Under RedHat based systems ------------------
# chkconfig --add atop
# chkconfig atop on --level 235
$ sudo update-rc.d atop defaults             [Under Debian based systems]

3.デフォルトでは、topは600秒ごとにすべてのアクティビティをログに記録します。これはあまり役に立たないかもしれないので、topの構成を変更して、すべてのアクティビティが60秒間隔でログに記録されるようにします。そのためには、次のコマンドを実行します。

# sed 's/600/60/' /etc/atop/atop.daily -i                [Under RedHat based systems]
$ sudo sed 's/600/60/' /etc/default/atop -i              [Under Debian based systems]

topをインストールして構成したので、次の論理的な質問は「どうすれば使用できますか?」です。実際には、そのためのいくつかの方法があります。

4.ターミナルでトップを実行すると、トップのようなインターフェイスが表示され、10秒ごとに更新されます。

# atop

次のような画面が表示されます。

上部のさまざまなキーを使用して、さまざまな基準で情報を並べ替えることができます。ここではいくつかの例を示します。

5.スケジューリング情報– “ s” キー–は、各プロセスのメインスレッドのスケジューリング情報を表示します。また、「実行中」の状態にあるプロセスの数も示します。

# atop -s

6.メモリ消費量– “ m” キー–実行中のすべてのプロセスに関するメモリ関連情報を表示します。VSIZE列は仮想メモリの合計を示し、RSIZEはプロセスごとに使用される常駐サイズを示します。

VGROWとRGROWは、最後の間隔での成長を示します。 MEM列は、プロセスによる常駐メモリ使用量を示します。

# atop -m

7.ディスク使用率の表示– “ d” キー–は、システムレベル(LVMおよびDSK列)でのディスクアクティビティを表示します。ディスクアクティビティは、読み取り/書き込み(RDDSK/WRDSK列)によって転送されているデータの量として表示されます。

# atop -d

8.変数情報の表示– “ v” キー–このオプションは、uid、pid、gid、cpuの使用法などの実行中のプロセスに関するより具体的なデータを表示します。

# atop -v

9.プロセスのコマンドを表示– “ c” キー:

# atop -c

10.プログラムごとの累積– “ p” キー–このウィンドウに表示される情報は、プログラムごとに累積されます。右端の列は(間隔中に)アクティブなプログラムを示し、左端の列はそれらが生成したプロセスの数を示します。

# atop -p

11.ユーザーごとの累積– “ u” キー–この画面には、最後の間隔でアクティブだった/アクティブだったユーザーと、各ユーザーが実行/実行したプロセスの数が表示されます。

# atop -u

12.ネットワーク使用量– “ n” キー(netatopカーネルモジュールが必要)は、プロセスごとのネットワークアクティビティを示します。

netatopカーネルモジュールをインストールしてアクティブにするには、ディストリビューターのリポジトリから次の依存関係パッケージをシステムにインストールする必要があります。

# yum install kernel-devel zlib-devel                [Under RedHat based systems]
$ sudo apt-get install zlib1g-dev                    [Under Debian based systems] 

次に、netatop tarballをダウンロードし、モジュールとデーモンをビルドします。

# wget http://www.atoptool.nl/download/netatop-0.3.tar.gz
# tar -xvf netatop-0.3.tar.gz
# cd netatop-0.3

「netatop-0.3」ディレクトリに移動し、次のコマンドを実行してモジュールをインストールおよびビルドします。

# make
# make install

netatopモジュールが正常にインストールされたら、モジュールをロードしてデーモンを起動します。

# service netatop start
OR
$ sudo service netatop start

起動後にモジュールを自動的にロードする場合は、ディストリビューションに応じて次のいずれかのコマンドを実行します。

# chkconfig --add netatop                [Under RedHat based systems]
$ sudo update-rc.d netatop defaults      [Under Debian based systems] 

次に、“ n” キーを使用してネットワークの使用状況を確認します。

# atop -n

13.topが履歴ファイルを保持するディレクトリ。

# /var/log/atop/atop_YYYYMMDD

YYYYが年である場合、MMは月であり、DDはその月の現在の日です。例えば:

atop_20150423

atopによって作成されたすべてのファイルはバイナリです。それらはログファイルやテキストファイルではなく、上部でのみ読み取ることができます。ただし、Logrotateはこれらのファイルを読み取ってローテーションできることに注意してください。

05:05サーバー時間から始まる今日のログを見たいとしましょう。次のコマンドを実行するだけです。

# atop -r -b 05:05 -l 1

上部のオプションは非常に多く、ヘルプメニューを表示することをお勧めします。そのためには、上部のウィンドウで「?」を使用するだけです。 topが使用できる引数のリストを表示する文字。最も頻繁に使用されるオプションのリストは次のとおりです。

私の記事がお役に立てば幸いです。Linuxシステムの問題を絞り込んだり、防止したりするのに役立ちます。質問がある場合、またはtopの使用法についての説明を受け取りたい場合は、下のコメントセクションにコメントを投稿してください。

また読む:Linuxのパフォーマンスを監視するための20のコマンドラインツール