Linuxでサーバーリソースを監視するために「Collected」および「Collectd-Web」をインストールおよび構成する方法


Collected-web は、RRDtool( R ound- R obin D atabase)に基づくWebフロントエンド監視ツールです。 ツール)。LinuxシステムのCollectdサービスによって収集されたデータを解釈し、グラフィカルに出力します。

Collectedサービスには、デフォルトで、使用可能なプラグインの膨大なコレクションがデフォルトの構成ファイルに含まれています。これらのプラグインの一部は、ソフトウェアパッケージをインストールすると、デフォルトですでにアクティブ化されています。

グラフィカルなhtmlページ統計を解釈および生成するCollectd-webCGIスクリプトは、ApacheWebサーバー側で必要な最小限の構成でApacheCGIゲートウェイによって簡単に実行できます。

ただし、統計が生成されたグラフィカルWebインターフェイスは、メインのGitリポジトリにプリインストールされているPythonCGIHTTPServerスクリプトによって提供されるスタンドアロンのWebサーバーでも実行できます。

このチュートリアルでは、RHEL/CentOS/FedoraおよびUbuntu/DebianベースのシステムでのCollectdサービスとCollectd-webインターフェースのインストールプロセスについて説明します。サービスを実行し、Collectdサービスプラグインを有効にするために必要な最小限の構成を使用します。 。

以下のcollectdシリーズの記事をご覧ください。

ステップ1:–収集されたサービスをインストールする

1.基本的に、Collectdデーモンタスクは、それが実行されているシステムでデータ統計を収集して保存することです。 Collectdパッケージは、次のコマンドを発行することにより、デフォルトのDebianベースの配布リポジトリからダウンロードおよびインストールできます。

# apt-get install collectd			[On Debian based Systems]

CentOS/Fedoraなどの古いRedHatベースのシステムでは、最初にシステムでepelリポジトリを有効にする必要があります。次に、epelリポジトリからcollectdパッケージをインストールできます。

# yum install collectd

RHEL/CentOS 7.xの最新バージョンでは、以下に示すように、デフォルトのyumリポジトリからepelリポジトリをインストールして有効にすることができます。

# yum install epel-release
# yum install collectd

注:Fedoraユーザーの場合、サードパーティのリポジトリを有効にする必要はありません。単純なyumを使用して、デフォルトのyumリポジトリからcollectdパッケージを取得します。

2.パッケージがシステムにインストールされたら、サービスを開始するために以下のコマンドを実行します。

# service collectd start			[On Debian based Systems]
# service collectd start                        [On RHEL/CentOS 6.x/5.x Systems]
# systemctl start collectd.service              [On RHEL/CentOS 7.x Systems]

ステップ2:Collected-Webと依存関係をインストールする

3. Collectd-web Gitリポジトリのインポートを開始する前に、まずGitソフトウェアパッケージと次の必要な依存関係がマシンにインストールされていることを確認する必要があります。

----------------- On Debian / Ubuntu systems -----------------
# apt-get install git
# apt-get install librrds-perl libjson-perl libhtml-parser-perl
----------------- On RedHat/CentOS/Fedora based systems -----------------
# yum install git
# yum install rrdtool rrdtool-devel rrdtool-perl perl-HTML-Parser perl-JSON

ステップ3:Collected-WebGitリポジトリをインポートしてスタンドアロンPythonサーバーを変更する

4.次のステップで、ディレクトリを選択して、GitプロジェクトをインポートするLinuxツリー階層からシステムパスに変更し(/usr/local/パスを使用できます)、を実行します。 Collectd-webgitリポジトリを複製する次のコマンド:

# cd /usr/local/
# git clone https://github.com/httpdss/collectd-web.git

5. Gitリポジトリがシステムにインポートされたら、先に進んでcollectd-webディレクトリに入り、その内容をリストして、変更されるPythonサーバースクリプト( runserver.py )を特定します。次のステップで。また、次のCGIスクリプトに実行権限を追加します: graphdefs.cgi

# cd collectd-web/
# ls
# chmod +x cgi-bin/graphdefs.cgi

6. Collectd-webスタンドアロンPythonサーバースクリプトは、ループバックアドレス(127.0.0.1)でのみ実行およびバインドするようにデフォルトで構成されています。

リモートブラウザからCollectd-webインターフェイスにアクセスするには、 runserver.py スクリプトを編集し、127.0.1.1 IPアドレスを0.0.0.0に変更して、すべてのネットワークインターフェイスにバインドする必要があります。 IPアドレス。

特定のインターフェイスにのみバインドする場合は、そのインターフェイスのIPアドレスを使用します(ネットワークインターフェイスのアドレスがDHCPサーバーによって動的に割り当てられる場合は、このオプションを使用することはお勧めしません)。以下のスクリーンショットを、最終的な runserver.py スクリプトがどのように表示されるかについての抜粋として使用してください。

# nano runserver.py

8888以外のネットワークポートを使用する場合は、PORT変数の値を変更します。

ステップ4:Python CGIスタンドアロンサーバーを実行し、収集されたWebインターフェイスを参照する

7.スタンドアロンのPythonサーバースクリプトのIPアドレスバインディングを変更した後、次のコマンドを発行して、バックグラウンドでサーバーを起動します。

# ./runserver.py &

オプションで、代替メソッドとして、Pythonインタープリターを呼び出してサーバーを起動できます。

# python runserver.py &

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022