Linuxでの5つの興味深いコマンドラインのヒントとコツ-パート1


Linuxを最大限に活用していますか?多くのLinuxユーザーにとってのヒントとコツのように見える便利な機能がたくさんあります。ヒントとコツが必要になる場合があります。これは、同じコマンドセットを使用しながら、機能を強化して生産性を高めるのに役立ちます。

ここでは、新しいシリーズを開始します。ここでは、いくつかのヒントとコツを書き、短時間でできるだけ多くの成果を上げようとします。

1.過去に実行したコマンドを監査するには、historyコマンドを使用します。これは、historyコマンドの出力例です。

# history

出力から明らかなように、historyコマンドは、最後に実行されたコマンドのログとともにタイムスタンプを出力しません。これに対する解決策はありますか?うん!以下のコマンドを実行します。

# HISTTIMEFORMAT="%d/%m/%y %T "
# history

この変更を永続的に追加する場合は、以下の行を〜/ .bashrc に追加します。

export HISTTIMEFORMAT="%d/%m/%y %T "

そして、ターミナルランから、

# source ~/.bashrc

コマンドとスイッチの説明。

  1. history – GNU History Library
  2. HISTIMEFORMAT – Environmental Variable
  3. %d – Day
  4. %m – Month
  5. %y – Year
  6. %T – Time Stamp
  7. source – in short send the contents of file to shell
  8. .bashrc – is a shell script that BASH runs whenever it is started interactively.

2.リストの次の宝石は–ディスクの書き込み速度を確認する方法は?さて、1つのライナーddコマンドスクリプトが目的を果たします。

# dd if=/dev/zero of=/tmp/output.img bs=8k count=256k conv=fdatasync; rm -rf /tmp/output.img

コマンドとスイッチの説明。

  1. dd – Convert and Copy a file
  2. if=/dev/zero – Read the file and not stdin
  3. of=/tmp/output.img – Write to file and not stdout
  4. bs – Read and Write maximum upto M bytes, at one time
  5. count – Copy N input block
  6. conv – Convert the file as per comma separated symbol list.
  7. rm – Removes files and folder
  8. -rf – (-r) removes directories and contents recursively and (-f) Force the removal without prompt.

3.スペースを使い果たしている上位6つのファイルをどのように確認しますか? duコマンドから作成された単純なワンライナースクリプト。これは主にファイルスペースの使用法として使用されます。

# du -hsx * | sort -rh | head -6

コマンドとスイッチの説明。

  1. du – Estimate file space usages
  2. -hsx – (-h) Human Readable Format, (-s) Summaries Output, (-x) One File Format, skip directories on other file format.
  3. sort – Sort text file lines
  4. -rh – (-r) Reverse the result of comparison, (-h) for compare human readable format.
  5. head – output first n lines of file.

4.次のステップには、あらゆる種類のファイルの端末での統計が含まれます。 stat(output file/fileSystem status)コマンドを使用して、ファイルに関連する統計を出力できます。

# stat filename_ext  (viz., stat abc.pdf)

5.次の最後になりますが、この1行のスクリプトは、初心者向けです。経験豊富なユーザーの場合は、楽しみたい場合を除いて、おそらく必要ありません。初心者はLinuxコマンドライン恐怖症であり、以下の1つのライナーはランダムなmanページを生成します。利点は、初心者として常に何かを学ぶことができ、退屈することはないということです。

# man $(ls /bin | shuf | head -1)

コマンドとスイッチの説明。

  1. man – Linux Man pages
  2. ls – Linux Listing Commands
  3. /bin – System Binary file Location
  4. shuf – Generate Random Permutation
  5. head – Output first n line of file.

それは今のところすべてです。あなたが私たちと共有するかもしれないそのようなヒントやコツを知っているなら、私たちはあなたの言葉で私たちの評判の良いTecmint.comウェブサイトに同じことを投稿します。

記事にできないヒントやコツを共有したい場合は、tecmint [dot] com [at] gmail [dot] comで共有できます。記事に含めます。以下のコメントで貴重なフィードバックをお寄せください。接続を維持します。私たちを好きにして共有し、私たちが広まるのを手伝ってください。

お見逃しなく:

  1. 10 Useful Commandline Tricks for Newbies – Part 2
  2. 5 Useful Commands to Manage Linux File Types and System Time – Part 3