Red Hat Enterprise Linux(RHEL)7.1リリース-クイックレビューとインストール手順


Red Hat Enterprise Linuxは一般的ですが、正式には省略されていません。RHELは商業的な観点から開発されたLinuxディストリビューションです。 Red Hat Enterprise Linuxはソースコードを無料で提供していますが、公式にサポートされているバージョンのRed Hat EnterpriseLinuxの無料再配布をチェックしてください。 CentOS、Oracle Linux、Scientific Linuxなど、サードパーティの派生物とコミュニティがサポートするすべてのディストリビューションは、無料でないコンポーネントとRed Hatの商標を削除することにより、ディストリビューションを構築および再配布します。

Red Hatは、サーバー、デスクトップ、アカデミック、エントリーレベルサーバー(ES)、アドバンストサーバー(AS)、ワークステーション(WS)など、さまざまなエディションでディストリビューションをリリースしています。スピーチではありますが、ビールのように無料ではありません。

Red Hat Enterprise Linux 7、コードネーム「Maipo」は2014年6月10日にリリースされました。これは、Fedoraコア19、アップストリームLinuxカーネル3.10、Gnome 3.8、およびSystemd108に基づいています。RedHatEnterpriseLinuxのライフサイクルは10年です。

最新の安定版リリースの最初のポイントアップデートが2015年3月6日にリリースされました。RedHatEnterpriseLinux7.1は、相互運用性の強化、開発および展開ツールの改善、次のレベルのセキュリティとパフォーマンス、安定性、Red Hatサポート、Activeの機能改善を実現しました。ディレクトリ環境とMicrosoftWindowsファイルおよびプリントサーバーへのアクセスがリストに追加されます。

世界をリードするエンタープライズオペレーティングシステムには、いくつかの改善と機能強化が施されています。業界のユースケースに役立つ最も重要な改善点のリストは次のとおりです。

  1. Available for architectures x86_64 AMD, x86_64 Intel, IBM Power 7, Power 8 and System z. Red Hat Enterprise Linux 7.1 installation is supported only on x86_64 box though it can run on x86 processor as virtual machines.
  2. Network boot and Installation media is powered with GRUB2 boot loader.
  3. Turbostat tool which is a part of kernel is updated to support new processors.
  4. Installer Anaconda has been updated to improve installation.
  5. Kdump which is used for kernel crash dumping is now configurable from the installation screen. Previously it could be configured on first boot and not before that. Also kdump will have large memory upto 6TB in Red Hat Enterprise Linux.
  6. Manual Partitioning has been improved with a little change in the location of controls.
  7. Network bridge is now configurable from the Network and Hostname interface.
  8. Get help for Anaconda in command line by using # anaconda -h option.
  9. Secure Encrypted Partitions and logical volumes with 256 bits of random data.
  10. Get help in Graphical installation screen.
  11. LVM cache supported – use small fast device to create Logical volume that act as cache for larger, slower devices.
  12. Btrfs file system supported as technical preview thus offering advanced, reliable, manageable and scalable feature.
  13. Kpatch introduced. A dynamic kernel patching utility introduced as technology preview.
  14. Booting crashkernel enabled with more than 1 CPU, supported as technology preview.
  15. dm-era, Device Mapper target is introduced as technology preview. It keep track of which block were written within user defined period, ‘era’.
  16. Scheduler Load-Balancing Performance Improvement.
  17. Deterministic random bit generator, updated to work on x86 based machine.
  18. Increased number of virtual CPUs (vCPUs) in KVM uptop 240.
  19. USB 3.0 support enabled in KVM as Technology Preview.
  20. FreeOTP supported for two-factor authentication applicationfor one time password authentication.
  21. Red Hat High Availability improved to next stage.
  22. Open JDK 8 supported in parallel of existing java-1.7.0-openjdk.
  23. Trusted Network Connect feature has been added as Technology Preview.
  24. Updated Network Manager
  25. Virtual Tunnel Interface (VTI) support included.
  26. Red Hat Enterprise Linux is shipped with Docker Project Version 1.4.1– Deploy Application within Linux Container.
  27. SSSD is integrated for Common Internet File System (CISF).
  28. Restricted domain access for unauthorized users.
  29. SELinux policy has been updated.
  30. OpenSSH updated and improved systemd suppor.
  31. Mozilla Thunderbird – an alternative to Evolution has been added.
  32. Next Level security implementation by use of AD sudo provider along with LDAP provider.

商用ディストリビューションであるRedHat Enterprise Linuxは、無料でダウンロードして使用することはできません。サブスクリプションの料金を支払う必要があります。エディションが異なれば、サブスクリプション料金も異なります。有効なサブスクリプションをお持ちの場合は、公式Webサイトにログインして、そこからディストリビューションをダウンロードできます。

ログインして公式サイトからダウンロードするためのリンクは次のとおりです。

  1. https://idp.redhat.com/idp/

サブスクリプションをお持ちでなく、購入したい場合は、以下のリンクを参照してください。

  1. https://www.redhat.com/wapps/store/catalog.html

または、以下のリンクから30日間の評価版を無料でダウンロードしてテストすることもできます。

  1. https://access.redhat.com/products/red-hat-enterprise-linux/evaluation

Red Hat Enterprise Linux7.1のインストール

1. RHEL 7.1 DVDバイナリISOイメージをダウンロードした後、CD/DVDメディアに書き込むか、Unetbootin LiveUSBCreatorを使用して起動可能なUSBメディアを作成します。

2. Red Hat Enterprise Linux 7.1の起動可能なDVDまたはUSBをシステムに挿入し、BIOSからDVDまたはUSBから起動することを選択します。ウェルカム画面が表示されます。

3.デフォルトでインストールメディアを確認します。 「ESC」キーを押すと、これをキャンセルできます。

4.インストールメディアのチェックが中断/成功した後、インストーラーが起動します。

5.インストールの言語を選択する時間。使いやすい言語を選択してください。英語に固執することは常に良い考えですが。 [続行]をクリックします…

6.インストール概要インターフェイス。ここでは、日付と時刻、キーボード、言語サポート、インストールサポート、ソフトウェアの選択、インストール先、Kdump、ネットワーク、およびホスト名を変更できます。

7.地理的な場所に応じて日付と時刻を設定し、[完了]をクリックします。

8. [インストールする追加の言語]を選択して、[完了]をクリックします。

9.インストールソースを変更する時間(必須ではありません)。ここに追加のリポジトリを追加し、httpを介して他のリポジトリを追加します。これらについてよくわからない場合は、「自動検出されたインストールメディア」に固執し、[完了]をクリックしてください。

10.ソフトウェア選択インターフェース。本番環境では、基本インストールでシステムをインストールする「最小インストール」を常に選択する必要があります。このようにして、インストールするソフトウェアを選択することができ、余分なものは何もないため、より高いレベルのカスタマイズが可能です。

この例では、後でGUIのインストールに時間をかけたくなかったため、GUIを使用してインストールすることを選択しました。さらに、このインストールを本番環境で使用することはありません。ただの試乗です。続行するには[完了]をクリックします。

11.OSをインストールするデバイスを選択します。このインターフェースからデータを暗号化するオプションがあります。また、手動パーティション分割だけでなく、自動パーティション分割を構成するオプションもあります。

自動パーティション分割はすべてを行いますが、手動パーティション分割のようにそのレベルのカスタマイズを行うことはできません。 「パーティションを構成します」、別名手動パーティションを選択しました。デバイスを選択し、[完了]をクリックします。

12.複数のパーティショニング、RAIDおよびSANデバイスを追加できます。不要な場合は、[完了]をクリックしてください。

13.ディスクを手動でパーティション分割する時間。

14. +記号をクリックして、新しいマウントポイント(/ boot)を追加します。必要な容量を入力し、クリックしてマウントポイントを追加します。

15.次は、/ bootパーティション設定ウィンドウです。ファイルシステムをxfsからext4に変更します。

16. +記号をクリックして別のマウントポイント(/)を追加し、それに必要な容量を追加します。最後に、[マウントポイントの追加]をクリックします。

17.ファイルシステムを再度ext4に変更し、設定を更新します。

18.スワップマウントポイントを作成する時間です。 +アイコンをクリックして、スワップをマウントポイントとして追加し、必要な容量を入力します。最後に、[必要な容量]をクリックします。

19.必要に応じて、このウィンドウからスワップパーティション設定を更新します。

20.ディスクに加えた変更を受け入れる時間。

21.このウィンドウからネットワークとホスト名を有効にします。必要に応じて接続を構成できます。

22. [インストールの概要]ウィンドウに戻ります。すべてが大丈夫に見えます。インストールを開始する時間です。

23.パッケージがインストールされています。 ROOT PASSWORDを指すウィンドウは設定されておらず、現時点ではユーザーは作成されていません。

24.非常によく文書化されているインストールのどの時点でも、いつでもヘルプ(yelpブラウザ)を入手できます。

25.ルートパスワードを作成します。

26.ユーザーアカウントとパスワードを作成します。

27.構成ウィンドウに戻ります。現在、問題は表示されていません。

28.インストールが正常に完了しました。リブート。

29.インストールが成功したら、画面を起動します。

30.最初の起動–ライセンスは受け入れられません。ライセンスに同意する必要があります。

31.「使用許諾契約に同意します」をクリックして完了します。

32. [ライセンス情報]ウィンドウに戻ると、[ライセンスが承認されました]と表示されます。ここから先に進むことができます。

33.サブスクリプションをお持ちの場合は、ここで登録するか、[いいえ]をクリックしてください。後で登録することをお勧めします。

34. Red Hat Enterprise Linux7.1のログインウィンドウ。

35.ログインに成功すると、選択した言語を設定するための非常に小さな設定画面が表示されます。

そして最後に「ありがとう」のメッセージ。クリック– Red Hat Enterprise LinuxServerの使用を開始します。

36.デスクトップ–クリーンで効果的..RedHatリリースとOSリリースを確認します。

37.ネットワークに接続(Ping)。

  1. While installing from DVD or ISO image, not all IP addresses are shown in network spoke once network connectivity is configured and enabled, under certain conditions.
  2. Network devices are not enabled automatically unless network method requires connectivity.
  3. IPv6 only configuration does not bring up network interface after manual graphical installation from IPv6 source.
  4. An installation system having multiple iSCSI storage targets connected over physical network interfaces, the installation hangs.
  5. In manual installation having a screen resolution less than 1024×768, certain controls become unaccessible.
  6. Non-memory Access Feature of kernel do not work correctly, under certain circumstances.
  7. Changing certain parameters when NIC is down makes the system unresponsive.
  8. Setting only full name or no user name in text install requires no root password to be set. As a result neither user nor root is able to log-in.
  9. Back button control on first boot don’t work as it should be.
  10. Nesting more than 7 PCI bridges is known to cause segmentation fault error.
  11. Systemct1 don’t output if the service has been started, stopped or restarted successfully.
  12. Spice-server sometimes fail to recognize video stream.
  13. A bug makes X.Org and X server crashes on certain model of Lenevo laptop.
  14. Icedtea-web java plugin does not load in Firefox.

結論

Red Hat Enterprise Linux 7.1は、すぐに使用できるいくつかの機能を提供します。信頼性の高いRedHatサポートに加えて、次のレベルのセキュリティ実装、細かい構成、安定性、信頼性、パフォーマンスの向上。開発者、管理者、およびシステムアーキテクトは、革新的な方法でリソースをより効率的に管理できます。