10の便利な「ls」コマンドインタビューの質問-パート2


ここでlsコマンドのレガシーを継続するのは、Listingコマンドに関する2番目のインタビュー記事です。シリーズの最初の記事は、Tecmintコミュニティから高く評価されました。このシリーズの最初の部分を見逃した場合は、次のURLにアクセスしてください。

  1. 15 Interview Questions on “ls” Command – Part 1

この記事は、例を使用してlsコマンドの深い洞察を提供する方法で適切に提示されています。記事の作成には細心の注意を払っており、わかりやすく、目的を最大限に発揮できるようにしています。

a。スイッチ(-l)とともに使用すると、ファイルの名前を長いリスト形式でリストするlsコマンド。

# ls -l

b。 switch(–author)とswitch(-l)を併用すると、ファイルの名前と作成者ファイルの名前を長いリスト形式で一覧表示するlsコマンドが属します。

# ls -l --author

c。スイッチ(-g)とともに使用した場合、所有者の名前なしでファイルの名前をリストするlsコマンド。

# ls -g

d。 lsコマンドは、スイッチ(-G)とスイッチ(-l)を併用した場合に、ファイルの名前を、それが属するグループの名前なしで長いリスト形式でリストします。

# ls -Gl

目的の出力を取得するには、スイッチ-h(人間が読める形式)とスイッチ(-l)および/または(-s)をコマンドlsとともに使用する必要があります。

# ls -hl
# ls -hs

注:オプション-hは、1024の累乗(計算の標準)を使用し、ファイルとフォルダーのサイズをK、M、およびGの単位で出力します。

スイッチ-hに類似したスイッチ-siが存在します。唯一の違いは、1024の電力を使用するswitch -hとは異なり、switch-siは1000の電力を使用することです。

# ls -si

また、スイッチ-lとともに使用して、フォルダのサイズを1000の累乗で長いリスト形式で出力することもできます。

# ls -si -l

うん! Linux lsコマンドは、スイッチ(-m)とともに使用すると、ディレクトリの内容をコンマで区切って出力できます。このコンマ区切りのエントリは水平方向に入力されるため、lsコマンドでは、コンテンツを垂直方向に一覧表示するときにコンテンツをコンマで区切ることはできません。

# ls -m

ロングリスト形式で使用すると、スイッチ-mは役に立たなくなります。

# ls -ml

うん!上記の状況は、スイッチ-rを使用して簡単に実現できます。スイッチ「-r」は出力の順序を逆にします。また、switch -l(ロングリスト形式)とともに使用することもできます。

# ls -r
# ls -rl

はい!これは、コマンドlsで使用する場合、スイッチ-Rを使用すると非常に簡単です。さらに、-l(長いリスト)や-m(カンマ区切り)などの他のオプションとグループ化することもできます。

# ls -R

Linuxコマンドラインオプション-Sをlsとともに使用すると、目的の出力が得られます。サイズに基づいてファイルを降順で並べ替えます。最初に最大のファイルがリストされ、最後に最小のファイルがリストされます。

# ls -S

サイズに基づいてファイルを降順で並べ替えます。最初に最小のファイルがリストされ、最後に最大のファイルがリストされます。

# ls -Sr

スイッチ-1がここで救助に来ます。スイッチ-1を指定したlsコマンドは、ディレクトリの内容を1行に1つのファイルで出力し、追加情報は出力しません。

# ls -1

二重引用符で囲まれたlsの内容を出力するオプション-Q(引用符名)があります。

# ls -Q
# ls --group-directories-first

それは今のところすべてです。この記事シリーズの次のパートでは、風変わりな「ls」コマンドトリックについて説明します。それまでは、しばらくお待ちください。Tecmintに接続します。以下のコメントセクションで貴重なフィードバックを提供することを忘れないでください。私たちを好きにして共有し、私たちが広がるのを手伝ってください!