RHCSAシリーズ:重要なコマンドとシステムドキュメントの確認-パート1


RHCSA(Red Hat認定システム管理者)は、Red Hat社の認定試験であり、オープンソースのオペレーティングシステムとソフトウェアをエンタープライズコミュニティに提供します。また、組織にサポート、トレーニング、コンサルティングサービスを提供します。

RHCSA試験は、試験に合格した後にRed Hat Incから取得した認定です(コードネームEX200)。 RHCSA試験はRHCT(Red Hat Certified Technician)試験のアップグレードであり、Red Hat Enterprise Linuxがアップグレードされたため、このアップグレードは必須です。 RHCTとRHCSAの主な違いは、RHCT試験がRHEL 5に基づいているのに対し、RHCSA認定はRHEL 6と7に基づいていることですが、これら2つの認定のコースウェアも一定のレベルで異なります。

このRedHat認定システム管理者(RHCSA)は、Red Hat EnterpriseLinux環境で必要な次のコアシステム管理タスクを実行するために不可欠です。

  1. Understand and use necessary tools for handling files, directories, command-environments line, and system-wide / packages documentation.
  2. Operate running systems, even in different run levels, identify and control processes, start and stop virtual machines.
  3. Set up local storage using partitions and logical volumes.
  4. Create and configure local and network file systems and its attributes (permissions, encryption, and ACLs).
  5. Setup, configure, and control systems, including installing, updating and removing software.
  6. Manage system users and groups, along with use of a centralized LDAP directory for authentication.
  7. Ensure system security, including basic firewall and SELinux configuration.

お住まいの国で料金を表示して試験に登録するには、RHCSA認定ページを確認してください。

RHCSA(Red Hat認定システム管理者)試験の準備というタイトルのこの15記事のRHCSAシリーズでは、Red Hat Enterprise Linux7の最新リリースに関する以下のトピックについて説明します。

RHCSAシリーズのこのパート1 では、シェルプロンプトまたはターミナルで正しい構文を使用してコマンドを入力および実行する方法と、システムドキュメントを検索、検査、および使用する方法について説明します。

次のような基本的なLinuxコマンドに少なくともある程度精通していること。

  1. cd command (change directory)
  2. ls command (list directory)
  3. cp command (copy files)
  4. mv command (move or rename files)
  5. touch command (create empty files or update the timestamp of existing ones)
  6. rm command (delete files)
  7. mkdir command (make directory)

それらのいくつかの正しい使用法はとにかくこの記事で例示されており、この記事で提案された方法を使用してそれらのそれぞれについての詳細情報を見つけることができます。

厳密に開始する必要はありませんが、Linuxシステムでの情報検索の一般的なコマンドと方法について説明するため、次の記事で説明するように RHEL 7 をインストールしてみてください。これにより、今後の作業が容易になります。

  1. Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7 Installation Guide

Linuxシェルとの相互作用

text-mode ログイン画面を使用してLinuxボックスにログインすると、デフォルトのシェルに直接ドロップされる可能性があります。一方、グラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)を使用してログインする場合は、ターミナルを起動して手動でシェルを開く必要があります。いずれの場合も、ユーザープロンプトが表示され、コマンドの入力と実行を開始できます(コマンドは、入力後に Enter キーを押すと実行されます)。

コマンドは2つの部分で構成されています。

  1. the name of the command itself, and
  2. arguments

options (通常はハイフンが前に付きます)と呼ばれる特定の引数は、特定の方法でコマンドの動作を変更しますが、他の引数はコマンドが動作するオブジェクトを指定します。

type コマンドは、別の特定のコマンドがシェルに組み込まれているかどうか、または別のパッケージによって提供されているかどうかを識別するのに役立ちます。この区別をする必要があるのは、コマンドに関する詳細情報が見つかる場所です。シェルビルトインの場合はシェルのマニュアルページを確認する必要がありますが、他のバイナリの場合は独自のマニュアルページを参照できます。

上記の例では、 cd type はシェル組み込みであり、 top less は外部のバイナリです。シェル自体(この場合、コマンド実行可能ファイルの場所は type によって返されます)。

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022