PFSenseでフェイルオーバーと負荷分散を設定する方法


フェイルオーバーは、ネットワークなどのシステムコンポーネントの操作が、システム障害またはスケジュールされたダウンタイムのためにプライマリシステムが使用できなくなった場合にのみ、セカンダリシステムによって引き継がれるバックアップ操作モードの一種です。

この設定では、フェイルオーバーと負荷分散を設定して、PFSenseがLANネットワークから複数のWANへのトラフィックを負荷分散できるようにする方法を説明します(ここでは、WAN1とWAN2の2つのWAN接続を使用しました)。

たとえば、ネットワーク接続の問題が原因でWAN接続の1つがオフラインになった場合、この場合、システムIPの1つにpingを実行すると、2番目のWANがWAN1からWAN2に自動的にシフトされます(存在しない場合)。システムから応答すると、WAN1からWAN2に、またはその逆に自動的に移行します。

ロードバランサーは、両方のWAN接続を組み合わせて、1つの強力なインターネット接続になります。たとえば、WAN1に2MB、WAN2に2MBの接続がある場合、ネットワーク接続速度を安定させるために、両方を1つに4MBに結合します。

フェイルオーバーロードバランサーをセットアップするには、次のように、100MB/1GB以上のイーサネットカードが少なくとも3枚必要です。最初のNICは静的IPを使用するLANに使用され、他の2つはDHCPを使用するLANに使用されます。

IP Address LAN	:	192.168.1.1/24	
IP Address WAN1	:	From DHCP
IP Address WAN2	:	From DHCP

先に進む前に、PFSenseが機能している必要があります。pfsenseのインストール方法について詳しくは、次の記事を参照してください。

  1. How to Install and Configure PFSense

ステップ1:ネットワークインターフェースの構成

1. PFSenseをインストールすると、ネットワークを構成するために使用できるインターフェイスを含む次の画面が表示されます。

2.1番目のインターフェース em0 WAN1 として選択します。IPはDHCPから割り当てられ、2番目のインターフェースはLAN用に em2 になり、もう1つのインターフェースを追加します b> em01 (オプション)。これは後でDHCPIPアドレスを持つWAN2に変更されます。これが次のように割り当てられた最終的なインターフェースです。

3.ネットワークインターフェイスを構成した後、次の場所でPfsenseダッシュボードにログインし、LoadBalancerを構成します。

https://192.168.1.1

4. GUIにログインすると、以下に示すように、インターフェイスウィジェットの下にWAN、LANのみが表示されます。

5.インターフェースを構成するには、 TOP メニューから「 Interface 」を選択し、 WAN をクリックして説明を WAN1 次に、[保存]をクリックして変更を加えます。

もう一度インターフェースをクリックして OPT1 を選択し、インターフェースが説明を OPT1 から WAN2 に変更できるようにします。

次に、 IPv4 構成タイプとして DHCP を選択するか、 DHCP 6 としてIPv6と構成タイプを選択します。

6. プライベートネットワークの下の WAN2 ページの下部から、[プライベートネットワークのブロック]のチェックを外してローカルネットワークからのトラフィックのブロックを解除し、bogonネットワークをブロックします。 [保存]をクリックして変更を保存します。

上記の変更を行った後、ページ上部で変更を適用するように求められます。クリックして変更を確認します。

これで、ダッシュボードの「インターフェース」ウィジェットに3つのインターフェースが表示されます。

そこで、ここではpfsense用に2つのWANを構成しました。次に、これらの構成済みWAN用にLoadBalancerを構成する方法を見てみましょう。

ステップ2:モニターIPを構成する

7. pfsenseのロードバランスを構成する前に、ロードバランサーのモニターIPを構成する必要があります。上部の[システム]メニューに移動し、[ルーティング]を選択します。

8. [ゲートウェイの編集]ページで、WAN1とWAN2の両方のモニターIPのIPアドレスを入力します。 WAN1では、ISPDNSサーバーIP218.248.233.1を使用します。 WAN2では、GoogleパブリックDNS8.8.8.8を使用します。

9. Monitor IPを追加した後、 Advanced をクリックし、 DOWN に低い値を指定します。ここでは3秒を使用してIPを監視しています。デフォルトは10秒です。

WAN2にも同じ設定を使用します。ここでは、ISPDNSを使用する代わりにGoogleDNSを使用しました。 [保存]をクリックして終了します。

[変更を適用]をクリックして、変更を永続的にします。

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022