仮想マシンのKVMストレージボリュームとプールを管理する方法-パート3


チュートリアルのこのパート3では、virt-managerGUIツールを使用してKVMストレージボリュームとプールを作成および管理する方法について説明します。

一般的に、私たちは毎日異なるファイルシステムのストレージデバイスを使用しています。また、ISCSI、SAN、NASなどのストレージテクノロジー/テクニックもあります。

仮想環境の基本概念に大きな違いはありません。基本概念を使用して、優れたスケーラブルな仮想ストレージプラットフォームを展開します。

KVM環境では、ブロックデバイスまたはファイルをゲストオペレーティングシステム内のローカルストレージデバイスとして使用できます。

物理ストレージデバイスを使用して、仮想マシンのボリュームを作成します。ボリュームは、仮想マシンの仮想ディスクとして説明できます。ボリュームクラウドは、前述のようにデバイスまたはファイルをブロックします。

パフォーマンスの考慮事項として、ブロックデバイスの方が優れています。また、ブロックファイルは、システム管理とストレージ容量の使用の分野で依然として優位に立っています。ゲストオペレーティングシステムのディスクパフォーマンスが重要ではないシナリオでは、いずれにしても、ディスクイメージファイルを使用することをお勧めします。

ストレージボリュームもストレージプールの一部です。実際には、少なくとも1つのストレージプールが必要になるまでストレージボリュームを作成することはできません。

新しい前提条件はありません。前のパートで説明したものと同じです。何か新しいことがあれば、私はそれについて言及します。それでは、詳しく見ていきましょう。

ステージ1:KVMでのストレージプールの作成

1.まず、メインウィンドウで(localhost)を右クリックした後、詳細セクションから以前と同じ方法で環境で使用可能なプールを表示しましょう。このウィンドウが表示されます

デフォルトとして、「 Default 」と呼ばれるストレージプールが1つあり、 rootfs パーティションを使用してvmのボリュームを/var/lib/libvirt/images パス。

多くの場合、システム用にこの空き領域を作成するためだけに、このプールを使用することはお勧めしません。とにかく、同じウィンドウから「 + 」ボタンをクリックして、最初のストレージプールを作成しましょう。

次に、新しいストレージプールの名前を指定し、ストレージプールの展開に使用するストレージの種類を選択できます。 KVMは次の9つのタイプをサポートします。

    1. -dir – Uses Filesystem Directory to store storage volumes.
    2. -disk – Uses Physical Hard Disks to store storage volumes.
    3. -fs – Uses Pre-Formatted Partitions to store storage volumes.
    4. -netfs – Uses Network-shared storage like NFS to store storage volumes.
    5. -gluster – Depends on Gluster filesystems storage.
    6. -iscsi – Uses Network-shared ISCSI storage to store storage volumes.
    7. -scsi – Uses local SCSI storage to store storage volumes.
    8. -lvm – Depends on LVM Volume groups to store storage volumes.
    9. -mpath

    現時点では、マルチパスボリュームの作成はサポートされていません。

    あなたはそれらの多くに精通しているかもしれませんが、このチュートリアルではそれらの1つまたは2つについて説明します。人気のある(dir)タイプから始めましょう。

    (Dir)タイプは、現在のストレージスキーマに多くの変更を加える必要がないため、非常に一般的に使用されています。

    3.ストレージプールを作成する場所に制限はありませんが、別のパーティションに「 SPool1 」ディレクトリを作成することを強くお勧めします。重要なことの1つは、このディレクトリに適切なアクセス許可と所有権を与えることです。

    /dev/sda3 をパーティションとして使用します。別のパーティションがある可能性があります。正しく取り付けられていることを確認してください。

    # mount -t ext4 /dev/sda3 /mnt/personal-data/
    

    4。 '/mnt/personal-data/'ディレクトリの下にパーティションをマウントした後、そのストレージディレクトリへのマウントポイントのパスを指定します(つまり、/mnt/personal-data/SPool1 )。

    5.終了すると、新しいストレージプール「 SPool1 」がリストに表示されます。

    ステージ2 に進んでボリュームを作成する前に、 fs と呼ばれる別のタイプのストレージプールについて説明しましょう。

    (FS)タイプは、事前にフォーマットされたパーティションに依存し、仮想マシンのディスク/ストレージに完全なパーティションを指定する場合に役立ちます。

    6。((fs) Pre-Formatted Block Device)タイプのフォーマット済みパーティションを使用して、別のストレージプールを作成します。目的のファイルシステムで別の新しいパーティションを準備する必要があります。

    fdisk 」または「 parted 」を使用して新しいパーティションを作成し、「 mkfs 」を使用して新しいファイルシステムでフォーマットすることができます。このセクションでは、(sda6)が新しいパーティションになります。

    # mkfs.ext4 /dev/sda6
    

    また、新しいディレクトリ( SPool2 )を作成します。これは、選択したパーティションのマウントポイントとして機能します。

    7.ドロップメニューから(fs)タイプを選択した後、次に表示されているように新しいプールの名前を入力します

    8.次のウィンドウで、パーティションのパス「/dev/sda6 」をこの場合は「ソースパス」フィールドとパスに入力する必要があります。 「ターゲットパス」フィールドのマウントポイント/mnt/personal-data/SPool2 として機能するディレクトリの。

    9.最後に、メインストレージリストに3番目のストレージプールが追加されています。

    したがって、次のパートでは、CLIツールを使用して別のストレージタイプを展開する方法について説明します。ここでは、ボリュームの作成に移りましょう。

    ステージ2:ストレージボリュームの作成

    前に説明したように、ストレージボリュームは仮想マシンの仮想ディスクと見なすことができます。また、このボリュームにはまだ多くのフォーマットがあります。

    一般に、この形式では、QEMU、VMware、Oracle VirtualBox、およびHyper-Vでボリュームを使用できます。

    10.ストレージボリュームを「新しいボリューム」の一部にするストレージプールを選択します。 「新しいボリューム」ボタンを押して開始します。

    11.次に、新しいボリュームの名前を入力し、その形式を選択します。適切なサイズも設定することを忘れないでください。

    12.これで、ボリュームを仮想マシンに接続する準備が整いました

    結論

    これで、ストレージプールボリュームの違いと、 virt-manager GUIツールを使用してKVM環境でそれらを作成および管理する方法を学習しました。また、プールの種類とボリュームの形式の重要性についても説明しました。手をもっと汚す番です。

    参照リンク

    KVMドキュメント

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022