ホーム/オフィスネットワーク用にpfSense2.1.5(ファイアウォール/ルーター)をインストールして構成する方法


更新:新しいバージョンのpfSenseについては、pfSense2.4.4ファイアウォールルーターのインストールと構成を確認してください。

pfSense は、FreeBSDオペレーティングシステムに基づくオープンソースのネットワークファイアウォール/ルーターソフトウェアディストリビューションです。 pfSenseソフトウェアは、ネットワーク専用のファイアウォール/ルーターを作成するために使用され、その信頼性が考慮されており、主に商用ファイアウォールに見られる多くの機能を提供します。 Pfsenseは、追加機能のために多くのサードパーティのフリーソフトウェアパッケージに含めることができます。

Cisco ASA、Juniper、Check Point、Cisco PIX、Sonicwall、Netgear、Watchguardなど、業界レベルで多くの一般的なファイアウォールを使用しているため、豊富なWebインターフェイスを備えたpfsenseを無料で使用して、すべてのネットワークコンポーネントを構成できます。 。 pfsenseは、トラフィックシャッパー、仮想IP、ロードバランサーなどをサポートします。デフォルトでいくつかの診断ツールがあります。

この記事では、ホーム/オフィスネットワークにpfSenseバージョン2.1.5をインストールして構成する方法の基本的な手順を説明し、私の経験に基づいたいくつかの基本的な推奨事項を示します。

  1. Pentium II Processor, 256MB RAM, 1GB of HDD Space, CD-ROM.
  2. 2 Ethernet Card’s, Pfsense ISO file.
Hostname	:	pfSense.tecmintlocal.com
WAN IP Address	:	192.168.0.14/24 gw 192.168.0.1
LAN IP Address	:	192.168.0.15/Default will be 192.168.1.1
HDD Size	:	2 GB
pSense Version	:	2.1.5

pfSenseのインストールと構成

1.最初にpfSenseダウンロードページにアクセスし、コンピューターアーキテクチャとプラットフォームを選択します。ここでは、コンピュータアーキテクチャとして「i368(32ビット)」を選択し、「インストーラ付きLiveCD」としてプラットフォームを選択しましたが、それが異なる場合は、システムに適したアーキテクチャを選択してダウンロードしてください。

2.アーキテクチャとプラットフォームを選択すると、ダウンロードするミラーのリストが表示されます。最も近いミラーリンクを選択して、そこからイメージをダウンロードしてください。

3.ダウンロードが完了したら、使用を開始する前に、ダウンロードしたイメージをISOイメージとしてCD/DVDメディアに書き込む必要があります。任意のCD/DVD書き込みソフトウェアを使用して、イメージをCD/DVDメディアに書き込むことができます。

CD/DVDドライブがない場合は、Unetbootinツールを使用してライブブータブルUSBメディアを作成できます。これらの手順をすべて実行したくない場合は、pfSenseダウンロードページにアクセスしてください。 USBメディア用に事前に作成された起動可能なpfSenseイメージは、そこに移動して「インストーラー付きのLive CD(USBメモリスティック上)」を入手するだけです。ダウンロードする前に、USBコンソールタイプを選択することを忘れないでください…

4.次に、ターゲットマシンの電源を入れるか再起動し、pfSense CD/DVDまたはUSBスティックを配置し、選択に応じてBIOSオプションを起動方法(CD/DVDまたはUSB)に設定し、キーボードのファンクションキーを押して起動オプションを選択します。 、通常は F10 または F12 で、pfSenseが起動を開始します…。

5. pfSenseが起動を開始すると、いくつかのオプションとカウントダウンタイマーを含むプロンプトが表示されます。このプロンプトで、1を押して、デフォルトでインストールpfsenseを取得します。オプションを選択しない場合、デフォルトでオプション1の起動が開始されます。

6.次に、「I」を押してpfsenseの新しいコピーをインストールします。リカバリを開始する必要がある場合は、Rを使用し、Live CDの使用を続行するには、20秒以内にCを選択します。

7.次の画面で、[コンソールの構成]を求められます。[これらの設定に同意する]を押すだけで、インストールプロセスに進むことができます。

8. pfsenseを初めて使用する場合は、[クイック/簡単インストール]オプションを選択して作業を簡単にするか、[カスタムインストール]を選択してインストールプロセス中に詳細オプションを取得します(上級ユーザーに推奨)。

9.次に、pfsenseをインストールするディスクを選択します。

10.次に、選択したディスクをフォーマットするように求められます。新しいディスクである場合はフォーマットする必要があり、重要なデータが含まれている場合は、ディスクをフォーマットする前にバックアップを取る必要があります。

11.シリンダーのサイズとヘッドを選択します。ここでは、デフォルト設定オプションの「このジオメトリを使用」を使用して、インストールを進めます。

12.次のステップで、ディスクのフォーマットに関する警告が表示されます。ディスクにデータがないことが確実な場合は、選択を進めてください。

13.次に、ディスクをパーティション分割します。

14.次に、ディスクに配置するパーティションを選択し、セクター単位でrawサイズを入力してから、指定したサイズを使用してパーティションを受け入れて作成します。または、デフォルトのオプションを使用して先に進むこともできます。

15.パーティションが正常に作成されたら、ブートブロックをインストールして、pfsenseのブートローダーをインストールします。

16.パーティションを選択してpfsenseをインストールします。これは、BSDではスライスとも呼ばれます。

注:インストール中にpfsenseパーティションが上書きされることを通知する警告アラートが表示されます。 [OK]ボタンをクリックして続行します。

17.次に、サブパーティション(BSDの伝統では「パーティション」とも呼ばれます)をセットアップして、サブパーティションを作成します。

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022