パッケージをインストールまたは更新するためのネットワークリポジトリを設定する方法-パート11


インストールされたプログラムのインストール、更新、および削除(必要な場合)は、システム管理者の日常生活における重要な責任です。マシンがインターネットに接続されている場合、これらのタスクは、 aptitude (または apt-get )、 yum Linux Foundation Certified Engineer )シリーズのLinuxパッケージ管理で説明されているように、選択したディストリビューションに応じて、b>または zypper 。スタンドアロンの .deb または .rpm ファイルをダウンロードして、それぞれ dpkg または rpm でインストールすることもできます。

ただし、マシンがワールドワイドウェブにアクセスできない場合は、別の方法が必要です。なぜ誰もがそれをしたいのですか?その理由は、インターネット帯域幅の節約(したがって、外部への複数の同時接続の回避)から、ソースからローカルにコンパイルされたパッケージの保護、および法的な理由(一部の国で制限されているソフトウェアなど)では不可能なパッケージを提供する可能性を含むことまで多岐にわたります。公式リポジトリに含まれています。

ここでまさにネットワークリポジトリが登場します。これがこの記事の中心的なトピックです。

Network Repository Server:	CentOS 7 [enp0s3: 192.168.0.17] - dev1
Client Machine:			CentOS 6.6 [eth0: 192.168.0.18] - dev2

CentOS7でのネットワークリポジトリサーバーのセットアップ

最初のステップとして、CentOS7ボックスのインストールと構成をリポジトリサーバー[IPアドレス 192.168.0.17 ]として処理し、CentOS6.6マシンをクライアントとして処理します。 openSUSEの設定はほとんど同じです。

CentOS 7の場合は、CentOS7のインストール手順と静的IPアドレスの設定方法を説明する以下の記事に従ってください。

  1. Installation of CentOS 7.0 with Screenshots
  2. How to Configure Network Static IP Address on CentOS 7

Ubuntuに関しては、このサイトに、独自のプライベートリポジトリを設定する方法を段階的に説明するすばらしい記事があります。

  1. Setup Local Repositories with ‘apt-mirror’ in Ubuntu

最初に選択するのは、クライアントがリポジトリサーバーにアクセスする方法です。 FTP HTTP が最もよく使用されます。 Apache のインストールについては、パート1 –このLFCEシリーズのApacheのインストールで説明したため、後者を選択します。これにより、Webブラウザを使用してパッケージリストを表示することもできます。

次に、 .rpm パッケージを保存するディレクトリを作成する必要があります。それに応じて、/var/www/html/repos 内にサブディレクトリを作成します。便宜上、各ディストリビューションのさまざまなバージョン(もちろん、後で必要な数のディレクトリを追加することもできます)やさまざまなアーキテクチャのパッケージをホストする他のサブディレクトリを作成することもできます。

独自のリポジトリを設定する際に考慮すべき重要なことは、かなりの量の使用可能なディスク容量( 〜20 GB )が必要になることです。そうでない場合は、リポジトリのコンテンツを保存する予定のファイルシステムのサイズを変更するか、リポジトリをホストするための専用ストレージデバイスを追加することをお勧めします。

そうは言っても、リポジトリをホストするために必要なディレクトリを作成することから始めます。

# mkdir -p /var/www/html/repos/centos/6/6

リポジトリサーバーのディレクトリ構造を作成したら、createrepoを使用してパッケージとそれに対応する依存関係を追跡するデータベースを/var/www/html/repos/centos/6/6 で初期化します。 。

まだインストールしていない場合は、 createrepo をインストールします。

# yum update && yum install createrepo

次に、データベースを初期化します。

# createrepo /var/www/html/repos/centos/6/6

リポジトリサーバーがインターネットにアクセスできると仮定して、パッケージの最新の更新を取得するためにオンラインリポジトリをプルします。そうでない場合でも、 CentOS 6.6 インストールDVDからPackagesディレクトリの内容全体をコピーできます。

このチュートリアルでは、最初のケースを想定します。ダウンロード速度を最適化するために、近くの場所から CentOS 6.6 ミラーを選択します。 CentOSダウンロードミラーに移動し、現在地に近いものを選択します(私の場合はアルゼンチン)。

次に、強調表示されたリンク内の os ディレクトリに移動し、適切なアーキテクチャを選択します。そこに到達したら、アドレスバーのリンクをコピーし、コンテンツをリポジトリサーバーの専用ディレクトリにダウンロードします。

# rsync -avz rsync://centos.ar.host-engine.com/6.6/os/x86_64/ /var/www/html/repos/centos/6/6/ 

選択したリポジトリが何らかの理由でオフラインであることが判明した場合は、戻って別のリポジトリを選択してください。大きな問題ではない。

オンラインリポジトリのミラーリングにはかなり時間がかかる場合があるため、今がリラックスしてお気に入りのテレビ番組のエピソードを見たいときです。

ダウンロードが完了すると、次の方法でディスク容量の使用状況を確認できます。

# du -sch /var/www/html/repos/centos/6/6/*

最後に、リポジトリのデータベースを更新します。

# createrepo --update /var/www/html/repos/centos/6/6

Webブラウザを起動し、 repos/centos/6/6 ディレクトリに移動して、内容が表示されることを確認することもできます。

これで準備が整いました。今度はクライアントを構成します。

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022