KVM(カーネルベースの仮想マシン)を使用してLinuxで仮想マシンを作成する方法-パート1


このチュートリアルでは、KVMの導入、デプロイメント、およびKVMを使用してRHEL/CentOS7やFedora21などのRedHatベースのディストリビューションで仮想マシンを作成する方法について説明します。

KVMまたは(カーネルベースの仮想マシン)は、Linux on Intel64およびAMD64ハードウェア向けの完全仮想化ソリューションであり、2.6.20以降のメインラインLinuxカーネルに含まれており、ほとんどのワークロードで安定して高速です。

KVMを使用して仮想プラットフォームをデプロイすると、多くの便利な機能と利点が得られます。 KVMハイパーバイザーは次の機能をサポートします。

  1. Over-committing : Which means allocating more virtualized CPUs or memory than the available resources on the system.
  2. Thin provisioning : Which allows the allocation of flexible storage and optimizes the available space for every guest virtual machine.
  3. Disk I/O throttling : Provides the ability to set a limit on disk I/O requests sent from virtual machines to the host machine.
  4. Automatic NUMA balancing : Improves the performance of applications running on NUMA hardware systems.
  5. Virtual CPU hot add capability : Provides the ability to increase processing power as needed on running virtual machines, without downtime.

これは私たちの最初の進行中のKVM(カーネルベースの仮想マシン)シリーズです。ここでは、以下の記事を部分的に取り上げます。

システムにハードウェア仮想化拡張機能があることを確認します。Intelベースのホストの場合、次のコマンドを使用して、CPU仮想化拡張機能[vmx]が使用可能であることを確認します。

[[email protected] ~]# grep -e 'vmx' /proc/cpuinfo

AMDベースのホストの場合、CPU仮想化拡張機能[svm]が使用可能であることを確認します。

[[email protected] ~]# grep -e 'svm' /proc/cpuinfo

出力がない場合は、BIOSで仮想化拡張機能が有効になっていることを確認してください。 KVMモジュールがカーネルにロードされていることを確認します「デフォルトでロードする必要があります」。

[[email protected] ~]# lsmod | grep kvm

出力には、Intelベースのホストの場合は kvm_intel 、amdベースのホストの場合は kvm_amd が含まれている必要があります。

開始する前に、システムにsudo権限が設定されたrootアカウントまたはroot以外のユーザーが必要です。また、システムが最新であることを確認してください。

[[email protected] ~]# yum update

SelinuxがPermissiveモードになっていることを確認してください。

[[email protected] ~]# setenforce 0

ステップ1:KVMのインストールと展開

1.最初に qemu-kvm および qemu-img パッケージをインストールします。これらのパッケージは、ユーザーレベルのKVMとディスクイメージマネージャーを提供します。

[[email protected] ~]# yum install qemu-kvm qemu-img

2.これで、ホストに仮想プラットフォームを展開するための最小要件がありますが、次のようなプラットフォームを管理するための便利なツールもあります。

  1. virt-manager provides a GUI tool to administrate your virtual machines.
  2. libvirt-client provides a CL tool to administrate your virtual environment this tool called virsh.
  3. virt-install provides the command “virt-install” to create your virtual machines from CLI.
  4. libvirt provides the server and host side libraries for interacting with hypervisors and host systems.

次のコマンドを使用して、上記のツールをインストールしましょう。

[[email protected] ~]# yum install virt-manager libvirt libvirt-python libvirt-client 

3. RHEL/CentOS7ユーザーの場合、インストールする仮想化クライアント、仮想化プラットフォーム、仮想化ツールなどの追加のパッケージグループもあります。

[[email protected] ~]#yum groupinstall virtualization-client virtualization-platform virtualization-tools	

4.すべてのプラットフォームを管理する仮想化デーモンは「 libvirtd 」です。再起動しましょう。

[[email protected] ~]#systemctl restart libvirtd

5.デーモンを再起動した後、次のコマンドを実行してデーモンのステータスを確認します。

[[email protected] ~]#systemctl status libvirtd  
libvirtd.service - Virtualization daemon 
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/libvirtd.service; enabled) 
   Active: active (running) since Mon 2014-12-29 15:48:46 EET; 14s ago 
 Main PID: 25701 (libvirtd) 

それでは、次のセクションに切り替えて仮想マシンを作成しましょう。

ステップ2:KVMを使用してVMを作成する

先に述べたように、仮想プラットフォームを管理し、仮想マシンを作成するための便利なツールがいくつかあります。次のセクションで使用する[ virt-manager ]と呼ばれるこのツールの1つ。

6. virt-manager はGUIベースのツールですが、GUIからだけでなくターミナルからも起動/起動できます。

[[email protected] ~]#virt-manager

7.ツールを起動すると、このウィンドウが表示されます。

8.デフォルトでは、マネージャーは localhost に直接接続されていますが、幸い、同じツールを使用して別のホストをリモートで管理できます。 「ファイル」タブから「接続の追加」を選択するだけで、このウィンドウが表示されます。

[リモートホストに接続]オプションをオンにしてから、リモートサーバーのホスト名/ IP を指定します。マネージャが起動するたびにリモートホストへの接続を確立する必要がある場合は、[自動接続]オプションをオンにするだけです。

9.ローカルホストに戻りましょう。新しい仮想マシンを作成する前に、ファイルを保存する場所を決定する必要がありますか?!つまり、仮想マシン用にボリュームディスク(仮想ディスク/ディスクイメージ)を作成する必要があります。

ローカルホストを右クリックして「詳細」を選択し、「ストレージ」タブを選択します。

10.次に、「新しいボリューム」ボタンを押してから、新しい仮想ディスクの名前(ボリュームディスク)を入力し、必要なサイズを「 最大容量」セクション。

割り当てサイズは、ディスクの実際のサイズであり、手順の完了後すぐに物理ディスクから割り当てられます。

注:これは、「シンプロビジョニング」と呼ばれるストレージ管理分野の重要なテクノロジーです。使用可能なすべてのサイズではなく、使用済みのストレージサイズのみを割り当てるために使用されていました。

たとえば、サイズが 60G の仮想ディスクを作成しましたが、実際には 20G しか使用していません。このテクノロジーを使用すると、物理ハードディスクから割り当てられるサイズは 20Gになります。 60G ではありません。

言い換えると、割り当てられた物理サイズは、実際に使用されたサイズに応じて動的に割り当てられます。詳細については、VMWarevStorageシンプロビジョニングを参照してください。

11.新しいボリュームディスクのラベルがリストに表示されていることに注意してください。

新しいディスクイメージ(ボリュームディスク)のパスにも注意してください。デフォルトでは/var/lib/libvirt/images の下にあります。次のコマンドを使用して、パスを確認できます。

[[email protected] Downloads]# ls -l /var/lib/libvirt/images
-rw-------. 1 root root 10737418240 Jan  3 16:47 vm1Storage.img

12.これで、仮想マシンを作成する準備が整いました。メインウィンドウの「VM」ボタンを押すと、このウィザードウィンドウが表示されます。

仮想マシンの作成に使用するインストール方法を選択します。今のところ、ローカルインストールメディアを使用します。後で残りの方法について説明します。

13.使用するローカルインストールメディアを指定するときは、次の2つのオプションがあります。

  1. From physical [CDROM/DVD].
  2. From ISO image.

このチュートリアルでは、ISOイメージ方式を使用できるため、ISOイメージのパスを指定する必要があります。

重要:残念ながら、RHEL/CentOS7を使用する人には本当にばかげたバグがあります。このバグにより、物理[CDROM/DVD]を使用してインストールできなくなり、オプションがこのように灰色で表示されます。

また、カーソルをその上に置くと、このエラーメッセージが表示されます。

これまで、このバグの公式/直接的な解決策はありません。これに関する詳細情報はここにあります。

14.ストレージが復旧しました。以前に作成した仮想ディスクを使用して、仮想マシンをインストールします。図のようになります。

15.仮想マシンの名前と別の高度なオプションについて尋ねる最後のステップでは、後でそれについて説明します。

構成を変更したり、カスタマイズを行ったりする場合は、[インストール前に構成をカスタマイズする]オプションをオンにしてください。次に、[終了]をクリックして数秒待つと、ゲストOSが管理するためのコントロールコンソールが表示されます

結論

これで、KVMとは何か、GUIツールを使用して仮想プラットフォームを管理する方法、それを使用して仮想マシンをデプロイする方法、およびその他のすばらしいことを学びました。

これで記事は終わりではありませんが、今後の記事では、KVMに関連するもう1つの重要なトピックについて説明します。前の知識を使って手を汚し、次のパートの準備をしてください…..

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022