Fedora21がリリースされました-スクリーンショット付きのクイックレビューと古いバージョンからのFedora21へのアップグレード


最後に、Fedora Projectsは、Fedora 21の最新リリースが利用可能になったことを発表しました。これは、多くの新しい変更と更新で形作られます。このクイックポストでは、Fedoraの新しいリリースでの最も重要な変更について説明します。

では、Fedora 21の新機能は何ですか?

現在、Fedoraには3つのバージョンがあります。

  1. Workstation: Which is designed for the desktop.
  2. Server: Which is designed for creating normal servers.
  3. Cloud: If you want to create a server on the cloud, Fedora has a special version for that.
  1. Gnome 3.14 is now the default desktop environment for Fedora, Gnome 3.14 includes many updated software and changes.
  2. Gnome-Wayland Session: in Fedora 21, you can test the Wayland display server easily by logging out the desktop and choosing the session.
  3. Support for 32-bit PowerPC architecture has been completely dropped in Fedora 21.
  4. The “Anaconda” installer now supports using “zRAM” Swap during the installation process, this is good for old computers, if your computer’s
    RAM is under 2GB, this feature will be enabled automatically in order to speed up the installation process.
  5. Some packages has been updated, like Linux kernel 3.17.4, Firefox 33.1 (Firefox 34 is available as an update in the repositories), LibreOffice 4.3.4.1 , systemd 215 (The boot process in Fedora is very fast actually).
  6. MariaDB has been updated to the 10th version in Fedora 21, Python has been updated to Python 3.4, PHP 5.6 and Ruby 2.1.
  7. Instead of openJDK7, openJDK8 is the default Java development kit in Fedora 21.
  8. RPM package system has been updated to the 4.12 version, which include many new features like the support for packaging files larger than 4GB in size, a new sub-tool called “rpm2archive” which allows to convert .rpm files to .tar format easily, even if they were larger than 4GB.
  9. Unfortunately, KDE Plasma hasn’t been updated to KDE 5.1, it stills in KDE 4.14.

以下は、Fedora21ワークステーションから取得したGNOME3.14のスクリーンショットの一部です。

Fedora Server は、Fedoraを使用して実行中のWebサーバーを作成したい場合、Webアプリケーションを実行したい場合、Webサービスをテストしたい場合、FTPWebを作成したい場合のためのFedoraProjectからの特別リリースです。サーバーなど、このリリースはあなたのためです。

Fedora Server 21には、次のような多くのツールが追加されています。

  • Cockpit – which is a server monitoring tool that include a web-interface that you can use from your browser.
  • OpenLMI – which is a remote management system which allows you to control a group of servers and monitor them remotely beside running shell
    commands easily.
  • RoleKit – A tool which is a server role deployment and management kit designed to allow server administrators to install & configure any packages they want on their servers to do a specific role, but it’s not finished yet in Fedora 21.

Fedora Cloud はFedoraファミリーの新しいリリースであり、その主な焦点はOpenStackなどのクラウド環境にあります。このイメージは、クラウドコンピューティングソリューションを作成して使用する場合にのみ使用できます。

RedHatによるFedora21は、Dockerコンテナーを作成、管理、監視するためのAtomicホストを含む最初のリリースです。

すべての変更を表示するには、Fedora21リリースノートでリリースノートを確認してください。

Fedora 21 DVDISOイメージをダウンロードする

Fedora 21には多くの新しい変更が含まれています。必要に応じて試してみて、私を信じてください。後悔することはありません。

GNOMEを使用したFedoraWorkstation 21のダウンロード(デスクトップコンピューター用):

  1. Fedora-Live-Workstation-i686-21-5.iso – Size 1.2GB
  2. Fedora-Live-Workstation-x86_64-21-5.iso – Size 1.4GB
  1. Fedora-Live-Xfce-i686-21-5.iso – Size 852MB
  2. Fedora-Live-Xfce-x86_64-21-5.iso – Size 892MB
  1. Fedora-Live-MATE_Compiz-i686-21-5.iso – Size 973MB
  2. Fedora-Live-MATE_Compiz-x86_64-21-5.iso – Size 916MB
  1. Fedora-Live-KDE-i686-21-5.iso – Size 937MB
  2. Fedora-Live-KDE-x86_64-21-5.iso – Size 953MB
  1. Fedora-Live-LXDE-i686-21-5.iso – Size 819MB
  2. Fedora-Live-KDE-x86_64-21-5.iso – Size 869MB
  1. Fedora-Server-DVD-i386-21.iso – Size 2.0GB
  2. Fedora-Server-DVD-x86_64-21.iso – Size 1.9GB
  1. Fedora-Cloud-Base-20141203-21.x86_64.raw.xz – Size 100MB
  2. Fedora-Cloud-Atomic-20141203-21.x86_64.raw.xz – Size 232MB

Fedora20からFedora21にアップグレードする方法

Fedora 20 から Fedora 21 にアップグレードする最良の方法は、「 fedup 」ツールを使用してアップグレードプロセスを実行することです。まず、「 fedup 」パッケージをインストールする必要があります。これを行うには、次のコマンドを実行します。

$ sudo yum install fedup

現在、アップグレードを行うには3つの方法があります。

これは、 Fedora 21 にアップグレードする最も簡単な方法です。コマンドを実行してパッケージがアップグレードされるのを待ち、このコマンドを実行して新しいリリースを確認します。

$ sudo yum update fedup fedora-release

ここで、アップグレードプロセスを開始するには、次のコマンドを実行します。

$ sudo fedup --network 21 –product=workstation

ワークステーション」を、次のように、必要なリリースの名前に置き換えます。

$ sudo fedup --network 21 –product=server

そして、アップグレードプロセスが完了するのを待ちます。

この方法は、Fedora21の .ISO ファイルが既にある場合に適しています。「 fedup 」ツールがFedora21へのアップグレードをサポートしていることを知っていただければ幸いです。クリーンインストールを開始する代わりに、 .iso ファイル。

Fedora 21 .ISO ファイルが /home/user/Fedora-21.iso にあるとすると、この単純なコマンドのみを実行する必要があります。

$ sudo fedup --iso /home/user/Fedora-21.iso

そして、完了するのを待ちます。 /home/user/Fedora-21.iso をFedora用にダウンロードした .ISO ファイルへのパスに置き換えることを忘れないでください。 21。

注: .ISO ファイルは、インストールされているシステムと同じアーキテクチャである必要があります(インストールされているシステムが 32ビットシステムの場合は、Fedora 2132ビットをダウンロードする必要がありますバージョン)。

/mnt/ourfedora21 に移動し、マウントされたデバイスを使用して現在の Fedora 20 インストールを 21 にアップグレードする場合は、次の方法で簡単に実行できます。ランニング。

$ sudo fedup --device /mnt/ourfedora21 --debuglog=debug.log

/mnt/ourfedora21 をマウントされたデバイスパスに置き換えることを忘れないでください。エラーが発生した場合は、「 debug.log 」ファイルを確認してください。

上記の手順のいずれかを完了した後、まだ1つのことを行う必要があります。アップグレードが完了したら、コンピュータを再起動します。GRUBメニューに次のようなオプションが表示されます。

アップグレードを完了するには、これを選択してください。

以上です!これで、新しいFedora21インストールを再起動できます。

Fedora 21を試しましたか?新しいバージョンについてどう思いますか?あなたはそれに切り替えるつもりですか?私たちとあなたのコメントを共有してください!

関連項目:Fedora21ワークステーションインストールガイド

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022