LinuxでのRAID10または1+ 0(ネスト)のセットアップ-パート6


RAID 10は、RAID0とRAID1を組み合わせてRAID10を形成します。RAID10をセットアップするには、少なくとも4つのディスクが必要です。以前の記事では、2つ以上のディスクでRAID0とRAID1をセットアップする方法を見てきました。

ここでは、RAID0とRAID1の両方を使用して、最低4台のドライブでRAID10セットアップを実行します。 RAID 10で作成された論理ボリュームにデータが保存されていると仮定します。たとえば、データ「アップル」を保存する場合、次の方法で4つのディスクすべてに保存されます。

RAID 0を使用すると、最初のディスクに「 A 」、2番目のディスクに「 p 」として保存され、次に最初に「 p 」として保存されます。ディスクと2番目のディスクの「 l 」。次に、最初のディスクの「 e 」。このように、ラウンドロビンプロセスを続行してデータを保存します。このことから、RAID 0がデータの半分を最初のディスクに書き込み、残りの半分を2番目のディスクに書き込むことがわかります。

RAID 1方式では、次のように同じデータが他の2つのディスクに書き込まれます。 「 A 」は1番目と2番目のディスクの両方に書き込み、「 P 」は両方のディスクに書き込み、他の「 P 」はに書き込みます両方のディスク。したがって、RAID 1を使用すると、両方のディスクに書き込みます。これはラウンドロビンプロセスで続行されます。

これで、RAID0とRAID1の両方を組み合わせることでRAID10がどのように機能するかがわかりました。20GBサイズのディスクが4つある場合、合計で80 GBになりますが、ストレージ容量は40GBしかありません。 、RAID10を構築するために総容量の半分が失われます。

  1. Gives better performance.
  2. We will loose two of the disk capacity in RAID 10.
  3. Reading and writing will be very good, because it will write and read to all those 4 disk at the same time.
  4. It can be used for Database solutions, which needs a high I/O disk writes.

RAID 10では、少なくとも4つのディスクが必要です。最初の2つのディスクはRAID 0用で、他の2つのディスクはRAID 1用です。前に述べたように、RAID10はRAID0と1の単なる組み合わせです。RAIDを拡張する必要がある場合グループでは、ディスクを最低4ディスク増やす必要があります。

Operating System :	CentOS 6.5 Final
IP Address	 	:	192.168.0.229
Hostname	 	:	rd10.tecmintlocal.com
Disk 1 [20GB]	 	:	/dev/sdd
Disk 2 [20GB]	 	:	/dev/sdc
Disk 3 [20GB]	 	:	/dev/sdd
Disk 4 [20GB]	 	:	/dev/sde

RAID 10をセットアップする方法は2つありますが、ここでは両方の方法を紹介しますが、最初の方法に従うことをお勧めします。これにより、RAID10のセットアップ作業がはるかに簡単になります。

方法1:RAID10を設定する

1.まず、次のコマンドを使用して、追加された4つのディスクがすべて検出されているかどうかを確認します。

# ls -l /dev | grep sd

2. 4つのディスクが検出されたら、新しいドライブを作成する前に、ドライブにすでにレイドが存在するかどうかを確認します。

# mdadm -E /dev/sd[b-e]
# mdadm --examine /dev/sdb /dev/sdc /dev/sdd /dev/sde

注:上記の出力では、スーパーブロックがまだ検出されていないことがわかります。つまり、4つのドライブすべてにRAIDが定義されていません。

3.次に、「fdisk」ツールを使用して、4つのディスクすべて(/ dev/sdb、/ dev/sdc、/ dev/sdd、および/ dev/sde)に新しいパーティションを作成します。

# fdisk /dev/sdb
# fdisk /dev/sdc
# fdisk /dev/sdd
# fdisk /dev/sde

fdiskを使用してディスクの1つ(/ dev/sdb)をパーティション分割する方法を示します。この手順は、他のすべてのディスクでも同じです。

# fdisk /dev/sdb

/ dev/sdbドライブに新しいパーティションを作成するには、以下の手順を使用してください。

  1. Press ‘n‘ for creating new partition.
  2. Then choose ‘P‘ for Primary partition.
  3. Then choose ‘1‘ to be the first partition.
  4. Next press ‘p‘ to print the created partition.
  5. Change the Type, If we need to know the every available types Press ‘L‘.
  6. Here, we are selecting ‘fd‘ as my type is RAID.
  7. Next press ‘p‘ to print the defined partition.
  8. Then again use ‘p‘ to print the changes what we have made.
  9. Use ‘w‘ to write the changes.

注:他のディスク(sdc、sdd sdd sde)にパーティションを作成するには、上記と同じ手順を使用してください。

4. 4つのパーティションをすべて作成したら、次のコマンドを使用して、既存のRAIDがないかドライブを調べる必要があります。

# mdadm -E /dev/sd[b-e]
# mdadm -E /dev/sd[b-e]1

OR

# mdadm --examine /dev/sdb /dev/sdc /dev/sdd /dev/sde
# mdadm --examine /dev/sdb1 /dev/sdc1 /dev/sdd1 /dev/sde1

注:上記の出力は、新しく作成された4つのパーティションすべてでスーパーブロックが検出されていないことを示しています。つまり、これらのドライブにRAID10を作成するために先に進むことができます。

5.次に、「mdadm」RAID管理ツールを使用して「md」(つまり、/ dev/md0)デバイスを作成します。デバイスを作成する前に、最初にインストールしない場合でも、システムに「mdadm」ツールをインストールする必要があります。

# yum install mdadm		[on RedHat systems]
# apt-get install mdadm 	[on Debain systems]

「mdadm」ツールをインストールすると、次のコマンドを使用して「md」RAIDデバイスを作成できるようになります。

# mdadm --create /dev/md0 --level=10 --raid-devices=4 /dev/sd[b-e]1

6.次に、「cat」コマンドを使用して、新しく作成されたRAIDデバイスを確認します。

# cat /proc/mdstat

7.次に、以下のコマンドを使用して4つのドライブすべてを調べます。以下のコマンドの出力は、4つのディスクすべての情報を表示する限り長くなります。

# mdadm --examine /dev/sd[b-e]1

8.次に、次のコマンドを使用してRAIDアレイの詳細を確認します。

# mdadm --detail /dev/md0

注:上記の結果から、RAIDのステータスがアクティブで再同期されていることがわかります。

9.「md0」にext4を使用してファイルシステムを作成し、「/ mnt/raid10」の下にマウントします。ここでは、ext4を使用しましたが、必要に応じて任意のファイルシステムタイプを使用できます。

# mkfs.ext4 /dev/md0

10.ファイルシステムを作成した後、作成したファイルシステムを「/ mnt/raid10」の下にマウントし、「ls-l」コマンドを使用してマウントポイントの内容を一覧表示します。

# mkdir /mnt/raid10
# mount /dev/md0 /mnt/raid10/
# ls -l /mnt/raid10/

次に、マウントポイントの下にいくつかのファイルを追加し、ファイルのいずれかにテキストを追加して、内容を確認します。

# touch /mnt/raid10/raid10_files.txt
# ls -l /mnt/raid10/
# echo "raid 10 setup with 4 disks" > /mnt/raid10/raid10_files.txt
# cat /mnt/raid10/raid10_files.txt

11.自動マウントの場合は、「/ etc/fstab」ファイルを開き、fstabに以下のエントリを追加します。マウントポイントは環境によって異なる場合があります。保存して、wq!を使用して終了します。

# vim /etc/fstab

/dev/md0                /mnt/raid10              ext4    defaults        0 0

12.次に、「mount -a」コマンドを使用してシステムを再起動する前に、「/ etc/fstab」ファイルにエラーがないか確認します。

# mount -av

13.デフォルトではRAIDには設定ファイルがないため、システムの起動時にこれらの設定を保持するために、上記のすべての手順を実行した後、手動で保存する必要があります。

# mdadm --detail --scan --verbose >> /etc/mdadm.conf

これで、方法1を使用してRAID 10を作成しました。この方法は、より簡単な方法です。次に、方法2を使用してRAID10をセットアップします。

方法2:RAID10を作成する

1.方法2では、RAID 1の2つのセットを定義する必要があり、次に、作成されたRAID1セットを使用してRAID0を定義する必要があります。ここでは、最初に2つのミラー(RAID1)を作成し、次にRAID0でストライピングします。

まず、RAID10の作成に使用できるすべてのディスクをリストします。

# ls -l /dev | grep sd

2.「fdisk」コマンドを使用して4つのディスクすべてをパーティション分割します。パーティション分割については、上記の #step 3 に従うことができます。

# fdisk /dev/sdb
# fdisk /dev/sdc
# fdisk /dev/sdd
# fdisk /dev/sde

3. 4つのディスクすべてをパーティション分割した後、既存のRAIDブロックがないかディスクを調べます。

# mdadm --examine /dev/sd[b-e]
# mdadm --examine /dev/sd[b-e]1

4.最初に、4つのディスク「sdb1」と「sdc1」を使用して2セットのRAID 1を作成し、「sdd1」と「sde1」を使用して他のセットを作成します。

# mdadm --create /dev/md1 --metadata=1.2 --level=1 --raid-devices=2 /dev/sd[b-c]1
# mdadm --create /dev/md2 --metadata=1.2 --level=1 --raid-devices=2 /dev/sd[d-e]1
# cat /proc/mdstat

5.次に、md1およびmd2デバイスを使用してRAID0を作成します。

# mdadm --create /dev/md0 --level=0 --raid-devices=2 /dev/md1 /dev/md2
# cat /proc/mdstat

6.再起動のたびにすべてのRAIDデバイスをロードするには、構成を「/etc/mdadm.conf」の下に保存する必要があります。

# mdadm --detail --scan --verbose >> /etc/mdadm.conf

この後、#step3メソッド1のファイルシステムを作成する必要があります。

それでおしまい!方法2を使用してRAID1 + 0を作成しました。ここでは2つのディスク領域が失われますが、他のRAIDセットアップと比較してパフォーマンスは優れています。

結論

ここでは、2つの方法を使用してRAID10を作成しました。 RAID 10は、優れたパフォーマンスと冗長性も備えています。これがRAID10ネストレイドレベルについて理解するのに役立つことを願っています。今後の記事で、既存のRAIDアレイなどを拡張する方法を見てみましょう。

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022