LinuxにChronyをインストールして使用する方法


ある[クロニーはネットワークタイムプロトコル(NTP)の柔軟な実装です。これは、異なるNTPサーバーからのシステムクロック、基準クロック、または手動入力を使用して同期するために使用されます。

また、 NTPv4 サーバーを使用して同じネットワーク内の他のサーバーにタイムサービスを提供することもできます。これは、断続的なネットワーク接続、高負荷のネットワーク、通常のコンピュータのクロックに影響を与える可能性がある温度の変化など、さまざまな条件下で問題なく動作することを意味します。

クロニーには2つのプログラムがあります。

  • chronyc – command line interface for chrony
  • chronyd – daemon that can be started at boot time

このチュートリアルでは、Linuxシステムに Chrony をインストールして使用する方法を説明します。

LinuxにChronyをインストールする

一部のシステムでは、 chrony がデフォルトでインストールされています。それでもパッケージが見つからない場合は、簡単にインストールできます。次のコマンドを使用して、それぞれのLinuxディストリビューションでデフォルトのパッケージマネージャツールを使用します。

# yum -y install chrony    [On CentOS/RHEL]
# apt install chrony       [On Debian/Ubuntu]
# dnf -y install chrony    [On Fedora 22+]

chronyd のステータスを確認するには、次のコマンドを使用します。

# systemctl status chronyd      [On SystemD]
# /etc/init.d/chronyd status    [On Init]

起動時に chrony デーモンを有効にしたい場合は、次のコマンドを使用できます。

 
# systemctl enable chrony       [On SystemD]
# chkconfig --add chronyd       [On Init]

Linuxでの同期の確認

chronyが実際に同期されているかどうかを確認するには、関連する情報を提供するトラッキングオプションを備えたコマンドラインプログラム chronyc を使用します。

# chronyc tracking

リストされたファイルは以下の情報を提供します。

  • Reference ID – the reference ID and name to which the computer is currently synced.
  • Stratum – number of hops to a computer with an attached reference clock.
  • Ref time – this is the UTC time at which the last measurement from the reference source was made.
  • System time – delay of system clock from synchronized server.
  • Last offset – estimated offset of the last clock update.
  • RMS offset – long term average of the offset value.
  • Frequency – this is the rate by which the system’s clock would be wrong if chronyd is not correcting it. It is provided in ppm (parts per million).
  • Residual freq – residual frequency indicated the difference between the measurements from reference source and the frequency currently being used.
  • Skew – estimated error bound of the frequency.
  • Root delay – total of the network path delays to the stratum computer, from which the computer is being synced.
  • Leap status – this is the leap status which can have one of the following values – normal, insert second, delete second or not synchronized.

chronyのソースに関する情報を確認するには、次のコマンドを発行します。

# chronyc sources

LinuxでChronyを設定する

chronyの設定ファイルは /etc/chrony.conf または /etc/chrony/chrony.conf にあり、設定ファイルの例は次のようになります。

server 0.rhel.pool.ntp.org iburst
server 1.rhel.pool.ntp.org iburst
server 2.rhel.pool.ntp.org iburst
server 3.rhel.pool.ntp.org iburst

stratumweight 0
driftfile /var/lib/chrony/drift
makestep 10 3
logdir /var/log/chrony

上記の設定により、次の情報が得られます。

  • server – this directive used to describe a NTP server to sync from.
  • stratumweight – how much distance should be added per stratum to the sync source. The default value is 0.0001.
  • driftfile – location and name of the file containing drift data.
  • Makestep – this directive causes chrony to gradually correct any time offset by speeding or slowing down the clock as required.
  • logdir – path to chrony’s log file.

システムクロックをただちに実行し、現在進行中の調整を無視したい場合は、次のコマンドを使用できます。

# chronyc makestep

年代を停止する場合は、次のコマンドを使用できます。

# systemctl stop chrony          [On SystemD]
# /etc/init.d/chronyd stop       [On Init]

これは chrony ユーティリティの紹介とLinuxシステムでの使用方法です。あなたがchronyについての詳細を調べたいのなら、chronyのドキュメントを見てください。