sysget - Linuxのあらゆるパッケージマネージャのフロントエンド


Linuxにはさまざまな種類があり、私たちの多くは自分たちのニーズに完全にマッチするものを見つけるまであらゆる種類のディストリビューションをテストすることを好みます。問題は、あなたのOSがどのメジャーディストリビューションでビルドされているかに基づいて、パッケージマネージャが違うかもしれず、あなたが特に慣れていないものであることがわかったということです。

すべてのパッケージマネージャのフロントエンドになることができる sysget と呼ばれるユーティリティがあります。基本的に sysget はブリッジとして機能し、すべてのパッケージマネージャに対して同じ構文を使用できます。

これは、コマンドラインを使ってOSを管理するための最初のステップを踏み出していて、新しいコマンドを習得する必要なしに、あるディストリビューションから別のディストリビューションにホップしたいLinux初心者にとって特に便利です。

Sysget は、配布パッケージマネージャに代わるものではありません。これはOSパッケージマネージャのラッパーです。Linux管理者であれば、おそらくあなた自身のディストリビューションのパッケージマネージャに固執するほうが良いでしょう。

Sysgetは以下を含む幅広いパッケージマネージャをサポートします。

  1. apt-get or apt
  2. xbps
  3. dnf
  4. yum
  5. zypper
  6. eopkg
  7. pacman
  8. emerge
  9. pkg
  10. chromebrew
  11. homebrew
  12. nix
  13. snap
  14. Npm
  • search for packages
  • install packages
  • remove packages
  • remove orphans
  • clear package manager cache
  • update database
  • upgrade system
  • upgrade single package

sysgetの公式gitリポジトリはこちらから入手できます。

LinuxにSysgetをインストールして使用する方法

sysget のインストールは特に簡単で簡単なので、次のコマンドで完了します。

$ sudo wget -O /usr/local/bin/sysget https://github.com/emilengler/sysget/releases/download/v1.2.1/sysget 
$ sudo mkdir -p /usr/local/share/sysget 
$ sudo chmod a+x /usr/local/bin/sysget

sysget の使い方もとてもシンプルで、コマンドは apt で使われるものとよく似ています。初めて sysget を実行すると、システムのパッケージマネージャを尋ねられ、利用可能なもののリストが表示されます。あなたはあなたのOSのためのものを選ばなければなりません:

$ sudo sysget

これが完了したら、次のコマンドを使用できます。

パッケージインストール用。

$ sudo sysget install <package name>

パッケージを削除するには

$ sudo sysget remove package

更新を実行するには

$ sudo sysget update

システムをアップグレードするには:

$ sudo sysget upgrade

特定のパッケージを次のものでアップグレードします。

$ sudo sysget upgrade <package name>

孤児を削除するには:

$ sudo sysget autoremove 

クリーンパッケージマネージャのキャッシュ:

$ sudo sysget clean 

実際に見てみましょう。これがUbuntuシステムへの emacs のインストール例です。

$ sudo sysget install emacs

そして、パッケージを削除する方法は次のとおりです。

$ sudo sysget remove emacs

sysget オプションを使用する必要がある場合は、次のように入力します。

$ sudo sysget help

これにより、sysgetで使用できる利用可能なオプションのリストが表示されます。

sysget の構文は、サポートされているすべてのディストリビューションで同じです。それでも、それはあなたのOSパッケージマネージャを完全に置き換えることを意味するのではなく、単にシステム上でパッケージを操作するための基本的なニーズをカバーすることです。