LFCS:Linuxでローカルおよびネットワーク(SambaおよびNFS)ファイルシステムをマウント/アンマウントする方法-パート5


Linux Foundationは、LFCS認定(Linux Foundation Certified Sysadmin)を開始しました。これは、実行中のシステムとサービスのサポートを含む、Linuxシステムの基本から中級のシステム管理タスクで世界中の個人が認定を受けることを目的としたまったく新しいプログラムです。 、全体的な監視と分析に加えて、上位のサポートチームに問題を提起する際の賢明な意思決定。

次のビデオは、LinuxFoundation認定プログラムの概要を示しています。

この投稿は、10チュートリアルシリーズのパート5です。このパートでは、LFCS認定試験に必要なLinuxでローカルファイルシステムとネットワークファイルシステムをマウント/アンマウントする方法について説明します。

ファイルシステムのマウント

ディスクがパーティション分割されると、Linuxはパーティション上のデータにアクセスするための何らかの方法が必要になります。 DOSやWindows(これは各パーティションにドライブ文字を割り当てることによって行われます)とは異なり、Linuxは、各パーティションがそのツリーのマウントポイントにマウントされる統合ディレクトリツリーを使用します。

マウントポイントは、パーティション上のファイルシステムにアクセスする方法として使用されるディレクトリであり、ファイルシステムのマウントは、特定のファイルシステム(パーティションなど)をディレクトリツリー内の特定のディレクトリに関連付けるプロセスです。

つまり、ストレージデバイスを管理する最初のステップは、デバイスをファイルシステムツリーに接続することです。このタスクは、 mount などのツールを使用して1回限り(その後、 umount でアンマウント)、または/etcを編集して再起動後も永続的に実行できます。/fstab ファイル。

mount コマンド(オプションや引数なし)は、現在マウントされているファイルシステムを表示します。

# mount

さらに、 mount は、ファイルシステムをファイルシステムツリーにマウントするために使用されます。標準の構文は次のとおりです。

# mount -t type device dir -o options

このコマンドは、カーネルにデバイスで見つかったファイルシステム(たとえば、ファイルシステムタイプでフォーマットされたパーティション)をマウントするように指示します。すべてのオプションを使用したディレクトリ dir 。この形式では、mountは/etc/fstab で手順を検索しません。

たとえば、ディレクトリまたはデバイスのみが指定されている場合。

# mount /dir -o options
or
# mount device -o options

mount はマウントポイントを見つけようとしますが、見つからない場合はデバイスを検索し(どちらの場合も、/etc/fstab ファイル内)、最後に試行します。マウント操作を完了するため(ディレクトリまたはデバイスのいずれかがすでに使用されている場合、またはマウントを呼び出すユーザーがrootでない場合を除いて、通常は成功します)。

mountの出力のすべての行が次の形式であることに気付くでしょう。

device on directory type (options)

例えば、

/dev/mapper/debian-home on /home type ext4 (rw,relatime,user_xattr,barrier=1,data=ordered)

読み取り:

dev/mapper/debian-homeは、ext4としてフォーマットされた/ homeにマウントされ、次のオプションがあります:rw、relatime、user_xattr、barrier u003d 1、data u003d ordered

最も頻繁に使用されるマウントオプションには、次のものがあります。

  1. async: allows asynchronous I/O operations on the file system being mounted.
  2. auto: marks the file system as enabled to be mounted automatically using mount -a. It is the opposite of noauto.
  3. defaults: this option is an alias for async,auto,dev,exec,nouser,rw,suid. Note that multiple options must be separated by a comma without any spaces. If by accident you type a space between options, mount will interpret the subsequent text string as another argument.
  4. loop: Mounts an image (an .iso file, for example) as a loop device. This option can be used to simulate the presence of the disk’s contents in an optical media reader.
  5. noexec: prevents the execution of executable files on the particular filesystem. It is the opposite of exec.
  6. nouser: prevents any users (other than root) to mount and unmount the filesystem. It is the opposite of user.
  7. remount: mounts the filesystem again in case it is already mounted.
  8. ro: mounts the filesystem as read only.
  9. rw: mounts the file system with read and write capabilities.
  10. relatime: makes access time to files be updated only if atime is earlier than mtime.
  11. user_xattr: allow users to set and remote extended filesystem attributes.
# mount -t ext4 /dev/sdg1 /mnt -o ro,noexec

この場合、マウントポイント内にあるバイナリファイルにファイルを書き込んだり、バイナリファイルを実行したりしようとすると、対応するエラーメッセージが表示されて失敗することがわかります。

# touch /mnt/myfile
# /mnt/bin/echo “Hi there”

次のシナリオでは、新しくマウントしたデバイスにファイルを書き込んで、前の例と同じコマンドを使用して、ファイルシステムツリー内にある実行可能ファイルを実行しようとします。

# mount -t ext4 /dev/sdg1 /mnt -o defaults

この最後のケースでは、完全に機能します。

デバイスのアンマウント

デバイスのアンマウント( umount コマンドを使用)とは、安全に削除できるように、残りのすべての「転送中」データの書き込みを終了することを意味します。マウントされたデバイスを最初に適切にアンマウントせずに取り外そうとすると、デバイス自体が損傷したり、データが失われたりするリスクがあることに注意してください。

そうは言っても、デバイスをアンマウントするには、そのブロックデバイス記述子またはマウントポイントの「外側に立っている」必要があります。つまり、現在の作業ディレクトリは、マウントポイント以外のものである必要があります。それ以外の場合は、デバイスがビジーであることを示すメッセージが表示されます。

マウントポイントを「離れる」する簡単な方法は、 cd コマンドを入力することです。これにより、引数がない場合、上記のように現在のユーザーのホームディレクトリに移動します。

一般的なネットワークファイルシステムのマウント

最も頻繁に使用される2つのネットワークファイルシステムは、 SMB (「サーバーメッセージブロック」の略)と NFS (「ネットワークファイル」)です。システム」)。 Unixライクなクライアントのみに共有を設定する必要がある場合はNFSを使用し、Windowsベースのクライアントや他のUnixライクなクライアントとファイルを共有する必要がある場合はSambaを選択する可能性があります。

関連項目

  1. Setup Samba Server in RHEL/CentOS and Fedora
  2. Setting up NFS (Network File System) on RHEL/CentOS/Fedora and Debian/Ubuntu

次の手順は、 Samba NFS の共有がIP 192.168.0.10 でサーバーにすでに設定されていることを前提としています( NFS共有は、 LFCE 試験に必要な能力の1つであり、このシリーズの後で取り上げます)。

ステップ1 :RedHatおよびDebianベースのディストリビューションにsamba-clientsamba-commonおよびcifs-utilsパッケージをインストールします。

# yum update && yum install samba-client samba-common cifs-utils
# aptitude update && aptitude install samba-client samba-common cifs-utils

次に、次のコマンドを実行して、サーバーで使用可能なSamba共有を探します。

# smbclient -L 192.168.0.10

そして、リモートマシンのrootアカウントのパスワードを入力します。

上の画像では、ローカルシステムにマウントする準備ができている共有を強調表示しています。リモートサーバーにアクセスするには、リモートサーバーに有効なSambaユーザー名とパスワードが必要です。

ステップ2 :パスワードで保護されたネットワーク共有をマウントする場合、/etc/fstab ファイルに資格情報を書き込むことはお勧めできません。代わりに、そのように、アクセス許可を 600 に設定して隠しファイルに保存することができます。

# mkdir /media/samba
# echo “username=samba_username” > /media/samba/.smbcredentials
# echo “password=samba_password” >> /media/samba/.smbcredentials
# chmod 600 /media/samba/.smbcredentials

ステップ3 :次に、次の行を/etc/fstab ファイルに追加します。

# //192.168.0.10/gacanepa /media/samba cifs credentials=/media/samba/.smbcredentials,defaults 0 0

ステップ4 :手動で(マウント//192.168.0.10/gacanepa)、またはマシンを再起動して/etc/fstabで行った変更を適用することにより、Samba共有をマウントできるようになりました。 永続的に。

# mount -a

ステップ1 :RedHatおよびDebianベースのディストリビューションにnfs-commonおよびportmapパッケージをインストールします。

# yum update && yum install nfs-utils nfs-utils-lib
# aptitude update && aptitude install nfs-common

ステップ2 :NFS共有のマウントポイントを作成します。

# mkdir /media/nfs

ステップ3 :次の行を/etc/fstab ファイルに追加します。

192.168.0.10:/NFS-SHARE /media/nfs nfs defaults 0 0

ステップ4 :手動で(マウント192.168.0.10:/NFS-SHARE)、またはマシンを再起動して/etc /で行った変更を適用することにより、nfs共有をマウントできるようになりました。 fstab は永続的に。

ファイルシステムを永続的にマウントする

前の2つの例で示したように、/etc/fstab ファイルは、Linuxがディスクパーティションとリムーバブルメディアデバイスへのアクセスを提供する方法を制御し、それぞれ6つのフィールドを含む一連の行で構成されます。フィールドは、1つ以上のスペースまたはタブで区切られます。ハッシュマーク()で始まる行はコメントであり、無視されます。

各行の形式は次のとおりです。

<file system> <mount point> <type> <options> <dump> <pass>

どこ:

  1. <file system>: The first column specifies the mount device. Most distributions now specify partitions by their labels or UUIDs. This practice can help reduce problems if partition numbers change.
  2. <mount point>: The second column specifies the mount point.
  3. <type>: The file system type code is the same as the type code used to mount a filesystem with the mount command. A file system type code of auto lets the kernel auto-detect the filesystem type, which can be a convenient option for removable media devices. Note that this option may not be available for all filesystems out there.
  4. <options>: One (or more) mount option(s).
  5. <dump>: You will most likely leave this to 0 (otherwise set it to 1) to disable the dump utility to backup the filesystem upon boot (The dump program was once a common backup tool, but it is much less popular today.)
  6. <pass>: This column specifies whether the integrity of the filesystem should be checked at boot time with fsck. A 0 means that fsck should not check a filesystem. The higher the number, the lowest the priority. Thus, the root partition will most likely have a value of 1, while all others that should be checked should have a value of 2.

1.起動時に rw 属性と noexec 属性を使用して、ラベル TECMINT のパーティションをマウントするには、 /に次の行を追加する必要があります。 etc/fstab ファイル。

LABEL=TECMINT /mnt ext4 rw,noexec 0 0

2.DVDドライブのディスクの内容を起動時に利用できるようにする場合。

/dev/sr0    /media/cdrom0    iso9660    ro,user,noauto    0    0

ここで、/dev/sr0 はDVDドライブです。

概要

コマンドラインからのローカルおよびネットワークファイルシステムのマウントとアンマウントは、sysadminとしての日常的な責任の一部になるので安心できます。また、/etc/fstab をマスターする必要があります。この記事がこれらのタスクに役立つことを願っています。以下にコメントを追加(または質問)して、ネットワークのソーシャルプロファイルを通じてこの記事を共有してください。

  1. About the LFCS
  2. Why get a Linux Foundation Certification?
  3. Register for the LFCS exam

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022