Linuxで「mdadm」ツールを使用して「2つのデバイス」でソフトウェアRAID0(ストライプ)を作成する-パート2


RAIDは、安価なディスクの冗長アレイであり、通常の使用よりもデータを保護する必要がある大規模環境で高可用性と信頼性を実現するために使用されます。 RAIDは、論理ボリュームになるためのプール内のディスクのコレクションであり、アレイが含まれています。コンバインドライバーは配列を作成するか、(グループ)のセットとして呼び出されます。

RAIDコントローラーに接続されているディスクの数が2つ以上で、論理ボリュームを作成する場合、RAIDを作成できます。定義されたRAIDレベルに従って、アレイに複数のドライブを追加できます。ソフトウェアRAIDは、ソフトウェアRAIDと呼ばれる物理ハードウェアを使用せずに使用できます。ソフトウェアレイドは、プアマンレイドと呼ばれます。

RAIDを使用する主な概念は、単一障害点からデータを保存することです。つまり、単一のディスクを使用してデータを保存し、障害が発生した場合、データを取り戻す可能性はなく、データの損失を防ぐために必要なデータの損失を防ぐことができます。フォールトトレランス方式。したがって、ディスクのコレクションを使用してRAIDセットを形成できます。

Stripeは、コンテンツを分割することにより、複数のディスクに同時にデータをストライピングします。 2つのディスクがあり、コンテンツを論理ボリュームに保存すると、コンテンツを分割することにより、両方の2つの物理ディスクの下に保存されます。パフォーマンスを向上させるためにRAID0が使用されますが、ドライブの1つに障害が発生した場合、データを取得できません。したがって、RAID 0を使用することはお勧めできません。唯一の解決策は、RAID0が適用された論理ボリュームを使用してオペレーティングシステムをインストールし、重要なファイルを保護することです。

  1. RAID 0 has High Performance.
  2. Zero Capacity Loss in RAID 0. No Space will be wasted.
  3. Zero Fault Tolerance ( Can’t get back the data if any one of disk fails).
  4. Write and Reading will be Excellent.

RAID 0を作成できるディスクの最小数は2ですが、ディスクを追加することもできますが、順序は2、4、6、8の2倍にする必要があります。十分なポートを備えた物理RAIDカードがある場合は、ディスクを追加できます。 。

ここではハードウェアRAIDを使用していません。このセットアップは、ソフトウェアRAIDのみに依存しています。物理的なハードウェアRAIDカードがある場合は、ユーティリティUIからアクセスできます。一部のマザーボードはデフォルトでRAID機能を備えており、 Ctrl + I キーを使用してUIにアクセスできます。

RAIDセットアップを初めて使用する場合は、以前の記事をお読みください。ここでは、RAIDに関する基本的な紹介について説明しました。

  1. Introduction to RAID and RAID Concepts
Operating System :	CentOS 6.5 Final
IP Address	 :	192.168.0.225
Two Disks	 :	20 GB each

この記事は、9チュートリアルRAIDシリーズのパート2です。このパートでは、 sdb および sdc

ステップ1:RAIDを管理するためのシステムの更新とmdadmのインストール

1. LinuxでRAID0をセットアップする前に、システムの更新を行ってから、「mdadm」パッケージをインストールしましょう。 mdadmは小さなプログラムであり、LinuxでRAIDデバイスを構成および管理できるようにします。

# yum clean all && yum update
# yum install mdadm -y

手順2:接続されている2台の20GBドライブを確認する

2. RAID 0を作成する前に、次のコマンドを使用して、接続されている2台のハードドライブが検出されているかどうかを確認してください。

# ls -l /dev | grep sd

3.新しいハードドライブが検出されたら、次の「mdadm」コマンドを使用して、接続されているドライブが既存のRAIDをすでに使用しているかどうかを確認します。

# mdadm --examine /dev/sd[b-c]

上記の出力では、これら2つの sdb ドライブと sdc ドライブにRAIDが適用されていないことがわかります。

ステップ3:RAID用のパーティションを作成する

4.次に、次のfdiskコマンドを使用して、RAID用の sdb および sdc パーティションを作成します。ここでは、 sdb ドライブにパーティションを作成する方法を示します。

# fdisk /dev/sdb

パーティションを作成するには、以下の手順に従ってください。

  1. Press ‘n‘ for creating new partition.
  2. Then choose ‘P‘ for Primary partition.
  3. Next select the partition number as 1.
  4. Give the default value by just pressing two times Enter key.
  5. Next press ‘P‘ to print the defined partition.

パーティションでLinuxRAID自動を作成するには、以下の手順に従ってください。

  1. Press ‘L‘ to list all available types.
  2. Type ‘t‘to choose the partitions.
  3. Choose ‘fd‘ for Linux raid auto and press Enter to apply.
  4. Then again use ‘P‘ to print the changes what we have made.
  5. Use ‘w‘ to write the changes.

注:今すぐ sdc ドライブにパーティションを作成するには、上記と同じ手順に従ってください。

5.パーティションを作成したら、次のコマンドを使用して、両方のドライバーがRAID用に正しく定義されていることを確認します。

# mdadm --examine /dev/sd[b-c]
# mdadm --examine /dev/sd[b-c]1

ステップ4:RAIDmdデバイスを作成する

6.次に、mdデバイス(つまり、/ dev/md0)を作成し、以下のコマンドを使用してRAIDレベルを適用します。

# mdadm -C /dev/md0 -l raid0 -n 2 /dev/sd[b-c]1
# mdadm --create /dev/md0 --level=stripe --raid-devices=2 /dev/sd[b-c]1
  1. -C – create
  2. -l – level
  3. -n – No of raid-devices

7. mdデバイスが作成されたら、次に示す一連のコマンドを使用して、使用されているRAIDレベル、デバイス、およびアレイのステータスを確認します。

# cat /proc/mdstat
# mdadm -E /dev/sd[b-c]1
# mdadm --detail /dev/md0

ステップ5:ファイルシステムへのRAIDデバイスの関連付け

8.RAIDデバイス/ dev/md0用のext4ファイルシステムを作成し、/ dev/raid0の下にマウントします。

# mkfs.ext4 /dev/md0

9. RAIDデバイス用のext4ファイルシステムが作成されたら、マウントポイントディレクトリ(つまり/ mnt/raid0)を作成し、その下にデバイス/ dev/md0をマウントします。

# mkdir /mnt/raid0
# mount /dev/md0 /mnt/raid0/

10.次に、dfコマンドを使用して、デバイス/ dev/md0が/ mnt/raid0ディレクトリの下にマウントされていることを確認します。

# df -h

11.次に、マウントポイント/ mnt/raid0の下に「tecmint.txt」というファイルを作成し、作成したファイルにコンテンツを追加して、ファイルとディレクトリのコンテンツを表示します。

# touch /mnt/raid0/tecmint.txt
# echo "Hi everyone how you doing ?" > /mnt/raid0/tecmint.txt
# cat /mnt/raid0/tecmint.txt
# ls -l /mnt/raid0/

12.マウントポイントを確認したら、/ etc/fstabファイルにfstabエントリを作成します。

# vim /etc/fstab

説明に従って、次のエントリを追加します。マウント場所と使用しているファイルシステムによって異なる場合があります。

/dev/md0                /mnt/raid0              ext4    defaults         0 0

13.マウント ‘-a‘を実行して、fstabエントリにエラーがあるかどうかを確認します。

# mount -av

ステップ6:RAID構成の保存

14.最後に、RAID構成をファイルの1つに保存して、将来の使用に備えて構成を保持します。ここでも、示されているように、「-s」(スキャン)および「-v」(詳細)オプションを指定して「mdadm」コマンドを使用します。

# mdadm -E -s -v >> /etc/mdadm.conf
# mdadm --detail --scan --verbose >> /etc/mdadm.conf
# cat /etc/mdadm.conf

これで、2台のハードディスクを使用してRAID0ストライピングをRAIDレベルで構成する方法を説明しました。次の記事では、RAID5のセットアップ方法を説明します。

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022