WebブラウザにTorネットワークをインストールして使用する方法


ある[プライバシーオンラインは大きな関心となっていると懸念インターネットのユーザーは継続的に何らかの理由で匿名でウェブを閲覧するための効果的な方法やツールを探しています。

匿名でサーフィンをすることで、自分が誰であるか、どこから接続しているか、またはどのサイトにアクセスしているかを簡単に判断することはできません。このようにして、あなたはあなたのプライバシーを危険にさらすことなく公衆ネットワークを介して機密情報を共有することができます。

Torネットワークは、インターネットに接続しているときにプライバシーとセキュリティを強化することを可能にするボランティア運営のサーバーのグループです。

この記事では、 Tor TCP の匿名化オーバーレイネットワーク)ソフトウェアのインストール方法とWebブラウザの設定方法( Firefox および<<)を紹介します。プロキシとして使用するには、strong> Chrome )をクリックします。

LinuxシステムへのTorのインストール

安定性とセキュリティ修正のため、公式のプロジェクトリポジトリから Tor パッケージをインストールすることを強くお勧めします。 Linuxディストリビューションのネイティブリポジトリのパッケージは、古くなっていることが多いので使用しないでください。以下の手順に従って、あなたのシステムに公式のパッケージリポジトリをセットアップしてください。

まず、次のコマンドを使ってあなたのディストリビューションの名前を調べる必要があります。

$ lsb_release -c

次に、 /etc/apt/sources.list ファイルに次のエントリを追加します。 DISTRIBUTION を実際のディストリビューション名( xenial など)に置き換えてください。

deb https://deb.torproject.org/torproject.org DISTRIBUTION main deb-src https://deb.torproject.org/torproject.org DISTRIBUTION main

次に、次のコマンドを実行してパッケージへの署名に使用する gpgキーを追加します。

$ gpg --keyserver keys.gnupg.net --recv 886DDD89
$ gpg --export A3C4F0F979CAA22CDBA8F512EE8CBC9E886DDD89 | sudo apt-key add -

次に、ソフトウェアパッケージのソースを更新し、次のコマンドを発行して Tor をインストールします。

$ sudo apt update
$ sudo apt install deb.torproject.org-keyring
$ sudo apt install tor

Tor が正常にインストールされると、サービスが自動的に開始され有効になります。 systemctlコマンドを使用してその状況を確認できます。

$ sudo systemctl status tor

それ以外の場合は、これらのコマンドを使用して起動して有効にします。

$ sudo systemctl start tor
$ sudo systemctl enable tor

まず、次のコマンドを使ってあなたのディストリビューションの名前を調べる必要があります。

# cat /etc/redhat-release

次に、 /etc/yum.repos.d/tor.repo ファイルに次のエントリを追加し、 DISTRIBUTION nameを必ず次のいずれかに置き換えます。 > fc/29 el/7 、または el/76 の分布に応じて

[tor]
name=Tor repo
enabled=1
baseurl=https://deb.torproject.org/torproject.org/rpm/DISTRIBUTION/$basearch/ gpgcheck=1 gpgkey=https://deb.torproject.org/torproject.org/rpm/RPM-GPG-KEY-torproject.org.asc [tor-source] name=Tor source repo enabled=1 autorefresh=0 baseurl=https://deb.torproject.org/torproject.org/rpm/DISTRIBUTION/SRPMS gpgcheck=1 gpgkey=https://deb.torproject.org/torproject.org/rpm/RPM-GPG-KEY-torproject.org.asc

次に、ソフトウェアパッケージのソースを更新し、以下のコマンドを発行してTorをインストールします。

# yum update
# yum install tor

Tor をインストールしたら、次のコマンドを使用してステータスを起動、有効化、確認できます。

# systemctl start tor
# systemctl enable tor
# systemctl status tor

Torネットワークを使用するようにWebブラウザを設定する

ウェブブラウザをTorifyするには、ウェブブラウザを Tor localhost )ポート 9050 SOCKS を直接使う必要があります。 >)。 torがこのポートをリッスンしていることを確認するには、次のnetstatコマンドを実行します。

$ sudo netstat -ltnp | grep "tor"

tcp        0      0 127.0.0.1:9050          0.0.0.0:*               LISTEN      15782/tor

設定→ネットワーク設定→設定の[インターネットへのプロキシアクセスの設定]で、[手動プロキシ設定]オプションを選択します。強い>。

次に、[ SOCKSホスト]を[ 127.0.0.1 ]、[ポート]を 9050 に設定し、[プロキシDNS]オプションをオンにします。 SOCKS v5 を使用している場合は、[OK]をクリックします。

次のステップは、リンク check.torproject.org にアクセスして、ブラウザが正常に認証されたかどうかをテストすることです。下のスクリーンショットにメッセージが表示されたら、それは正しい設定を意味します。

設定→詳細設定の順にクリックし、[プライバシーとセキュリティ]をクリックし、[システム]の下の[プロキシ設定を開く]をクリックします。 。

デスクトップ環境がサポートされていないか、システム設定の起動に問題がある場合は、 google-chrome-stable ツールを使用してコマンドラインからを使用してプロキシ設定を有効にする必要があります - proxy-server オプション

$ google-chrome-stable --proxy-server="socks://127.0.0.1:9050"

上記のコマンドは既存のブラウザセッションで新しいウィンドウを起動し、それを使ってChromeが変更されているかどうかをテストします(前に示したように)。

この記事では、 Tor をインストールし、それをプロキシとして使用するようにウェブブラウザを設定する方法を説明しました。 Tor はすべての匿名性の問題を解決できるわけではないことに留意してください。これは、一方から他方へのデータの転送を保護することのみを目的としています。ご意見やご質問がありましたら、下のコメントフォームをご利用ください。