LinuxにSHOUTCastRadio Server(オンラインメディアストリーミング)をインストールする方法


SHOUTcast は、インターネットを介してメディアをストリーミングするために使用される独自のソフトウェアであり、特にインターネット上のラジオ局による音楽ライブストリーミングで使用され、Linuxを含むすべての主要なプラットフォーム用のバージョンでNullsoftによって開発されています。

このチュートリアルでは、CentOS8に SHOUTcast分散ネットワークオーディオサーバーをインストールする方法について説明します。このサーバーを使用して、WinampやMixxxなどのメディアプレーヤーを使用してストリーミングサービスに接続し、ブロードキャストすることができます。インターネットリスナーへのオーディオプレイリスト。

このチュートリアルでは、CentOS8/7マシンへの SHOUTcast サーバーのインストールについてのみ説明しますが、同じ手順をRHEL、Fedora、Ubuntu、Debian、LinuxMintなどの他のLinuxディストリビューションにも適用できます。 Linuxディストリビューションに合わせてファイアウォールコマンドを適応させる必要があることに注意してください。

ステップ1:SHOUTcastサーバーをダウンロードしてインストールする

1. SHOUTcastサーバーのインストールを続行する前に、サーバーを実行するローカルユーザーを作成します。これは、rootアカウントからサーバーを実行すると、システムに重大なセキュリティ問題が発生する可能性があるためです。

したがって、rootアカウントでシステムにログインし、rootアカウントからのログアウトが完了したら、 radio という名前の新しいユーザーを作成してから、新しく作成したユーザーでログインします。端末で実行する必要のある以下の必須コマンドは次のとおりです。

# adduser radio
# passwd radio
# su - radio
$ pwd 

2.無線アカウントでシステムにログインしたら、ダウンロードサーバーという名前の2つのディレクトリを作成し、ダウンロードフォルダに切り替えます。

$ mkdir download
$ mkdir server
# cd download

3.次に、公式のNullsotダウンロードページにアクセスして、システムアーキテクチャに応じて、Linux用のSHOUTcastサーバーアーカイブの最新バージョンを入手します。

  1. http://download.nullsoft.com/shoutcast/tools

または、次のwgetユーティリティを使用して、コマンドラインからアーカイブをダウンロードします。

--------------- On 64-bit ---------------
$ wget http://download.nullsoft.com/shoutcast/tools/sc_serv2_linux_x64-latest.tar.gz

--------------- On 32-bit --------------- 
$ wget http://download.nullsoft.com/shoutcast/tools/sc_serv2_linux-latest.tar.gz

4.ダウンロードが完了したら、アーカイブファイルを抽出し、ディレクトリを一覧表示して sc_serv 実行可能バイナリファイルを見つけ、 server フォルダにあるインストールディレクトリにコピーします。 、次に、次のコマンドを発行して、 SHOUTcast インストールパスに移動します。

$ tar xfz sc_serv2_linux_x64-latest.tar.gz
$ ls
$ cp  sc_serv  ../server/
$ cd  ../server/
$ ls

5.サーバーのインストールパスに移動したので、 control logs という名前の2つのディレクトリを作成し、実際のインストールプロセスを完了します。ディレクトリの内容を一覧表示して、lsコマンドを使用してすべてが適切に配置されているかどうかを確認します。

$ mkdir control
$ mkdir logs
$ ls

ステップ2:SHOUTcast構成ファイルを作成する

6.サーバーを実行および操作するには、SHOUTcastの構成ファイルを作成する必要があります。お気に入りのテキストエディタを開き、 sc_serv.conf という名前の新しいファイルを作成します。

このファイルが、 sc_serv e 実行可能バイナリファイルが作成されるのと同じパスに作成されていることを確認してください。 pwdコマンドを使用すると、この絶対パスが表示されます– /home/radio/server )。

$ cd /home/radio/server/
$ pwd
$ vi sc_serv.conf

次のステートメントを sc_serv.conf ファイルに追加します(構成例)。

adminpassword=password
password=password1
requirestreamconfigs=1
streamadminpassword_1=password2
streamid_1=1
streampassword_1=password3
streampath_1=http://radio-server.lan:8000
logfile=logs/sc_serv.log
w3clog=logs/sc_w3c.log
banfile=control/sc_serv.ban
ripfile=control/sc_serv.rip

このファイルに注意する必要があるいくつかの重要な設定は、 password ステートメントであり、それに応じて変更する必要があります。

  • adminpassword – Admin password required to perform remote administration via the web interface to the server.
  • streampassword_1 – Password required by the remote media player to connect and stream media content to the server.

または、SHOUTcastサーバーの構成ファイルを作成する場合は、ダウンロードディレクトリに移動して、 builder.sh または setup.sh を実行します。スクリプト。

$ cd ../download/
$ bash setup.sh

これにより、次のアドレスからアクセスできるWebインターフェイスからサーバーを構成できます。

http://localhost:8000
OR
http://ipaddress:8000

構成が作成されたら、サーバーのインストールディレクトリにコピーできます。

7.サーバーを起動するには、現在の作業ディレクトリ( server ディレクトリである必要があります)からファイルを sc_serv で実行し、を使用してバックグラウンドに置きます。 bash演算子を使用し、ブラウザを http:// localhost-or-IP:8000 URLに移動します。

また、netstatコマンドを使用して、サーバーが実行されているかどうか、およびサーバーがリッスンしているポート番号を確認します。

$ chmod +x sc_serv
$ ./sc_serv &
$ netstat -tulpn | grep sc_serv

ステップ3:ファイアウォール接続を開く

8.これで、SHOUTcastサーバーは稼働していますが、CentOSファイアウォールの制限により、外部からはまだアクセスできません。サーバーを外部接続に開くには、rootアカウントでログインし、ポート 8000 TCPを開くルールを追加します。

ルールが追加されたら、ファイアウォールをリロードして変更を適用し、rootアカウントからログアウトします。

$ su -
# firewall-cmd --add-port=8000/tcp --permanent
# firewall-cmd --reload
# exit

9.次に、リモートマシンからブラウザを開き、URLファイルのポート8000にサーバーのIPアドレスを入力します– http://192.168.1.80:8000 – SHOUTcastWebインターフェイスは次のように表示されます。以下のスクリーンショット。ライブストリームは利用できません。

ステップ4:SHOUTcastサーバーを管理し、デーモンスクリプトを作成する

構成ファイルを読み取ることができます。 デーモンコマンドオプションを使用してサーバーをデーモンとして実行します。

構成ファイルが存在する場所を示すことにより、別の場所から構成を読み取るようにサーバーに指示することもできますが、このオプションを使用するにはログと制御ディレクトリを作成する必要があり、実際には混乱し、サーバーが機能しなくなる可能性があることに注意してください。始めること。

$ pwd  ## Assure that you are in the right installation directory - /home/radio/server

$ ./sc_serv   ## Start the server in foreground – Hit Ctrl + c to stop

$ ./sc_serv daemon  ## Start the server as a daemon

$ ps aux | grep sc_serv   ## Get Server PID

$ killall sc_serv  ## Stop server daemon

11. SHOUTcast無線サーバーを起動または停止するための簡略化されたコマンドが必要な場合は、rootとして再度ログインし、次の例のように/usr/local/bin/パスに次の実行可能スクリプトを作成します。

$ su -
# vi /usr/local/bin/radio

次に、次の抜粋を radio ファイルに追加します。

#!/bin/bash
case $1 in
                start)
cd /home/radio/server/
./sc_serv &
              ;;
                stop)
killall sc_serv
                ;;
               start_daemon)
cd /home/radio/server/
./sc_serv daemon
               ;;
                *)
echo "Usage radio start|stop"
                ;;
esac

12.ファイルが作成されたら、ファイルを実行可能にし、rootアカウントを終了すると、SHOUTcast無線サーバー管理で新しいコマンドshoutを使用できるようになります。

# chmod +x /usr/local/bin/radio
# exit

13.今後サーバーを管理するには、以下のスイッチで radio コマンドを使用します。

$ radio start_daemon		## Starts SHOUTcast server as a daemon

$ radio start                   ## Starts SHOUTcast server in foreground

$ radio stop                    ## Stops SHOUTcast server

14.再起動後にサーバーを自動的に起動したいが、ユーザーログイン時のみ(この場合、サーバーは radio という名前のローカルユーザーにインストールされている)、無線アカウントのホームパスから次のコマンドを発行します。次に、ログアウトしてから再度ログインし、以下のスクリーンショットに示すように機能を確認します。

$ whoami  
$ echo “radio start_daemon” >> ~/.bashrc

それでおしまい!これで、SHOUTcastサーバーは、 Windows Winamp Linux <の Mixxx などのリモートメディアプレーヤーからサウンドやプレイリストを受信する準備が整いました。/b>受信したすべてのオーディオコンテンツを、インターネット経由でブロードキャストします。

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022