DNSMASQネットワークブートサーバーを使用したクライアントマシンへの「Debian7(Wheezy)」のネットワークインストール


このチュートリアルでは、 DNSMASQ PXEサーバーとして使用して、ネットワーク上の場所から Debian 7 Wheezy )を直接インストールする方法について説明します。 Preboot eXecution Environment )、サーバーがCD/DVD/USBメディアドライブから起動する方法を提供していない場合、または接続されたモニター、キーボード、マウス。

DNSMASQ は、組み込みのDNS、DHCP、TFTPサーバーを使用して、DNS、DHCP、ネットワークブートなどの重要なネットワークサービスを提供できる軽量のネットワークインフラストラクチャサーバーです。

PXEサーバーが起動して実行されると、すべてのクライアントマシンに、ネットワークから直接起動するように指示できます。クライアントは、ネットワークブートをサポートするネットワークカードを所有している必要があります。これは、BIOSの[ネットワークブート]または[ブートサービス]オプションで有効にできます。 。

  1. Debian 7 (Wheezy) Installation Guide

ステップ1:DNSMASQサーバーをインストールして構成する

1.まず、Debian Serverをインストールした後、システムが静的IPアドレスを使用していることを確認します。これは、ネットワークブートに加えて、ネットワークセグメント全体にDHCPサービスも提供するためです。静的IPアドレスを構成したら、rootアカウントから次のコマンドを実行するか、root権限を持つユーザーを使用してDNSMASQサーバーをインストールします。

# apt-get install dnsmasq

2. DNSMASQパッケージがインストールされると、その構成ファイルの編集を開始できます。最初にメイン構成のバックアップを作成してから、次のコマンドを発行して dnsmasq.conf ファイルの編集を開始します。

# mv /etc/dnsmasq.conf  /etc/dnsmasq.conf.backup
# nano /etc/dnsmasq.conf

3.上記のバックアッププロセスは、メイン構成ファイルの名前を変更することで構成されていたため、新しいファイルは空のファイルである必要があります。以下に説明するように、 DNSMASQ 構成ファイルの次の抜粋を使用します。

interface=eth0
domain=debian.lan
dhcp-range=192.168.1.3,192.168.1.253,255.255.255.0,1h
dhcp-boot=pxelinux.0,pxeserver,192.168.1.100
pxe-prompt="Press F8 for menu.", 60
#pxe-service types: x86PC, PC98, IA64_EFI, Alpha, Arc_x86, Intel_Lean_Client, IA32_EFI, BC_EFI, Xscale_EFI and X86-64_EFI
pxe-service=x86PC, "Install Debian 7 Linux from network server 192.168.1.100", pxelinux
enable-tftp
tftp-root=/srv/tftp
  1. interface – The network interface that the server should listen.
  2. domain – Replace it with your domain name.
  3. dhcp-range – Replace it with your network IP range defined by your network mask.
  4. dhcp-boot – Leave it as default but replace the IP statement with your server IP Address.
  5. pxe-prompt – Leave it as default – requires F8 key strike to enter menu 60 with seconds wait time.
  6. pxe=service – Use x86PC for 32-bit/64-bit architectures and enter a menu description prompt under string quotes. Other values types can be: PC98, IA64_EFI, Alpha, Arc_x86, Intel_Lean_Client, IA32_EFI, BC_EFI, Xscale_EFI and X86-64_EFI.
  7. enable-tftp – Enables the build-in TFTP server.
  8. tftp-root – Use /srv/tftp is the location for Debian netboot files.

ステップ2:DebianNetbootファイルをダウンロードしてファイアウォール接続を開く

4.次に、Debianネットワークブートファイルをダウンロードします。まず、現在の作業ディレクトリパスを、最後の構成ステートメントで定義された TFTPルートの場所(/srv/tftp システムパス)に変更します。

Debian Netinstall –ネットワークブートセクションの公式ページミラーに移動し、クライアントにインストールするシステムアーキテクチャに応じて、次のファイルを取得します。

一度、 netboot.tar.gz ファイルをダウンロードし、同時にアーカイブを抽出します(この手順は、64ビットについてのみ説明していますが、他のシステムアーキテクチャにも同じ手順が適用されます)。

# cd /srv/tftp/
# wget http://ftp.nl.debian.org/debian/dists/wheezy/main/installer-amd64/current/images/netboot/netboot.tar.gz
# tar xfz netboot.tar.gz
# wget http://ftp.nl.debian.org/debian/dists/wheezy/main/installer-amd64/current/images/SHA256SUMS
# wget http://ftp.nl.debian.org/debian/dists/wheezy/Release
# wget http://ftp.nl.debian.org/debian/dists/wheezy/Release.gpg

また、 TFTP ディレクトリ内のすべてのファイルをTFTPサーバーで読み取り可能にする必要がある場合もあります。

# chmod -R 755 /srv/tftp/

Debian Netinstall のミラーとアーキテクチャには次の変数を使用します。

# wget http://"$YOURMIRROR"/debian/dists/wheezy/main/installer-"$ARCH"/current/images/netboot/netboot.tar.gz
# wget http://"$YOURMIRROR"/debian/dists/wheezy/main/installer-"$ARCH"/current/images/SHA256SUMS
# wget http://"$YOURMIRROR"/debian/dists/wheezy/Release
# wget http://"$YOURMIRROR"/debian/dists/wheezy/Release.gpg

5.次のステップで、 DNSMASQ デーモンを起動または再起動し、 netstat コマンドを実行して、サーバーがリッスンしているポートのリストを取得します。

# service dnsmasq restart
# netstat -tulpn | grep dnsmasq

6. Debianベースのディストリビューションには通常、 UFWファイアウォールパッケージが付属しています。次のコマンドを使用して、必要な DNSMASQ ポート番号を開きます: 67 (ブート)、 69 (TFTP) 53 (DNS)、 4011 (proxyDHCP)udpおよび 53 tcp(DNS)。

# ufw allow 69/udp
# ufw allow 4011/udp   ## Only if you have a ProxyDHCP on the network
# ufw allow 67/udp
# ufw allow 53/tcp
# ufw allow 53/udp

これで、クライアントネットワークインターフェイスにあるPXEローダーは、この順序を使用して /srv/tftp/pxelinux.cfg ディレクトリから pxelinux 構成ファイルをロードします。

  1. GUID files
  2. MAC files
  3. Default file

手順3:ネットワークから起動するようにクライアントを構成する

7.クライアントコンピューターのネットワークブートを有効にするには、システムの BIOS構成を入力します(BIOS設定の入力については、ハードウェアマザーボードのベンダーのドキュメントを参照してください)。

ブートメニューに移動し、プライマリブートデバイスとしてネットワークブートを選択します(一部のシステムでは、BIOS構成を入力せずにブートデバイスを選択できます。 BIOS POST 中にキーを押す)。

8.起動順序シーケンスを編集した後、通常、 F10 を押してBIOS設定を保存します。再起動後、クライアントコンピュータはネットワークから直接起動し、最初の PXE プロンプトが表示され、 F8 キーを押してメニューに入る必要があります。

次に、 F8 キーを押して先に進むと、新しいプロンプトが表示されます。もう一度 Enter キーを押すと、以下のスクリーンショットのように、メインの Debian Installer プロンプトが画面に表示されます。

ここから、Debian 7 Wheezy手順(上記のインストールリンク)を使用してマシンへのDebianのインストールを開始できますが、インストールプロセスを完了できるようにするには、マシンにアクティブなインターネット接続があることを確認する必要もあります。

ステップ4:DNSMASQサーバーをデバッグし、システム全体で有効にする

9.最終的に発生した問題やクライアントに提供されたその他の情報についてサーバーを診断するには、次のコマンドを実行してログファイルを開きます。

# tailf /var/log/daemon.log

10.サーバーのテスト中にすべてが整っている場合は、 sysv-rc-conf パッケージを使用して、システムの再起動後に DNSMASQ デーモンを自動的に起動できるようになりました。

# apt-get install sysv-rc-conf
# sysv-rc-conf dnsmaq on

それで全部です!これで、 PXE サーバーがIPアドレス( DHCP )を割り当て、DebianWheezyを起動してインストールするように構成されるすべてのネットワークセグメントクライアントに必要な起動情報を提供する準備が整いました。ネットワークから。

PXEネットワークブートインストールを使用すると、ネットワークインフラストラクチャ全体を短期間または同時にセットアップでき、ディストリビューションのアップグレードプロセスが容易になり、全体を自動化できるため、サーバーホストの数が多いネットワークでいくつかの利点があります。キックスタートファイルを使用したインストールプロセス。

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022