Ubuntu14.04サーバーで「Apt-Cacher-NG」を使用して「Apt-Cache」サーバーをセットアップする


Apt-Cacher-NG は、Ubuntu、Kubuntu、Xubuntu、Edubuntu、Linux MintなどのDebianベースのディストリビューション用のキャッシュプロキシサーバー(またはaptプロキシ)であり、ダウンロードしたパッケージをローカルにキャッシュするために使用されます。あなたのサーバー。

少数のコンピューターが接続された小さなネットワークがあり、各システムにソフトウェアパッケージを手動でインストールして更新したい場合、それは困難なタスクと時間がかかるでしょう。それが、どのシステムでもapt-cacher-ngを構成する理由です。最初にインターネットからダウンロードしたすべてのパッケージをapt-cacheサーバーにキャッシュし、残りのDebian、UbuntuマシンはそれらをApt-Cacheから取得するため、貴重な時間とインターネット帯域幅も節約できます。

  1. apt-cacher-ng will save our time.
  2. apt-cacher-ng will save our bandwidth.
  3. We can integrate ISO image data or DVD to apt-cacher-ng using import option.

ここでは、Ubuntu14.04でキャッシュサーバーをセットアップします。私たちのオフィスでは、30を超えるUbuntuデスクトップクライアント、12.04と14.04を含む28のUbuntu-Server VMS、4つのLinuxmintデスクトップを使用しています。ただし、Ubuntu 12.04 LTS ServerEditionで実行される単一のキャッシュサーバーを使用します。そして今まで、パッケージと競合するものは何もありません。それでは、apt-cacheサーバーのセットアップを始めましょう。

注:これはUbuntuまたはDebianミラーではなく、aptパッケージの単なるキャッシュサーバーです。

Apt Cache Server OS   : Ubuntu 14.04 LTS Server
Apt Cache IP Address  : 192.168.0.125
Apt Cache Hostname    : aptcacher.tecmint.lan
Default Port	      : 3142
Client OS             : Ubuntu 14.04 LTS
Client IP Address     : 192.168.0.3
Client Hostname       : client.tecmint.lan

ステップ1:サーバーへのApt-Cacher-NGのインストールと構成

まず、サーバーにログインして「Ctr + Alt + T」を使用してターミナルを開き、次の「apt」コマンドを使用してApt-Cacher-NGパッケージをインストールします。

$ sudo apt-get install apt-cacher-ng

インストールが完了すると、apt-cacher-ngが自動的に起動します。次に、「/ etc/apt-cacher-ng」ディレクトリの下にある cache-ng 構成ファイルを開いて編集します。

$ sudo vim /etc/apt-cacher-ng/acng.conf

次に、提案されているように次の行のコメントを解除する必要があります。コメントされている場合は、先頭から「#」を削除します。このディレクトリには、パッケージのインストールまたは更新中にすべてのdpkgパッケージが保存されます。

CacheDir: /var/cache/apt-cacher-ng

ログを有効にするには、この行を有効にする必要があります。デフォルトでは有効になります。

LogDir: /var/log/apt-cacher-ng

Apt-cacherはポート3142をリッスンします。ポートを変更する必要がある場合は、ポートを変更できます。

Port:3142

次に、次の行の下に「BindAddress:0.0.0.0」という行を追加します。

# BindAddress: localhost 192.168.7.254 publicNameOnMainInterface
BindAddress: 0.0.0.0

ここで、UbuntuやDebianなど、すべてキャッシュする必要のあるディストリビューションを定義できます。

Remap-debrep: file:deb_mirror*.gz /debian ; file:backends_debian # Debian Archives
Remap-uburep: file:ubuntu_mirrors /ubuntu ; file:backends_ubuntu # Ubuntu Archives
Remap-debvol: file:debvol_mirror*.gz /debian-volatile ; file:backends_debvol # Debian Volatile Archives

Webインターフェースで apt-cache のレポートを取得する必要がある場合は、次の行を有効にする必要がありますが、デフォルトでは有効になっています。

ReportPage: acng-report.html

「ログ」の詳細を取得するには、以下の行のコメントを解除する必要があります。0に設定すると、パッケージ転送のアクティビティタイプ、時間、サイズのみがログに記録されます。

VerboseLog: 1

apt-cacherサービスを実行するには、構成でpidファイルを有効にする必要があります。

PidFile: /var/run/apt-cacher-ng/pid

参照されていないファイルを削除します。

ExTreshold: 4

最後に、構成を完了し、ファイルを保存して閉じます。これで、次のコマンドを使用してapt-cacher-ngサービスを再起動するように設定しました。

$ sudo /etc/init.d/apt-cacher-ng restart

以下のURLを使用して、Webインターフェイスでapt-cacher-ngのレポートページにアクセスします。

http://192.168.0.125:3142/

ここにapt-cacher-ngのレポートページが表示されます。このページの下部にある静的レポートと構成ページをクリックして、ダウンロードのヒットとミスを取得します。

レポートのホームページから、後で使用するためにプロキシURLをコピーする必要があります。 /etc/apt/apt.conf.d/02proxy に以下のエントリを追加するだけで、ローカルに設定できるapt-cacheからこのサーバーにパッケージをインストールすることもできます。

Acquire::http { Proxy "http://192.168.0.125:3142"; };

ステップ2:クライアント側の構成

最初にクライアントマシン(Ubuntu/Debain)にログインし、「/ etc/apt/apt.conf.d /」ディレクトリの下に「02proxy」ファイルを作成します。

$ sudo vim /etc/apt/apt.conf.d/02proxy

次に、取得URLをコピーして、02proxyファイルに追加します。 http://192.168.0.125:3142/のapt-cacher-ngアクセスレポートページから次のURLを取得します。

Acquire::http { Proxy "http://192.168.0.125:3142"; };

wq!を使用して保存して終了します。ここで、パッケージがクライアントマシンにダウンロードされると、apt-cacheサーバーにキャッシュされます。

私のクライアントマシンでは、92個のパッケージを更新でき、43個の更新は利用可能なセキュリティ更新です。キャッシュサーバーにも同じ更新を適用しました。そのため、パッケージはapt-cacherにキャッシュされます。このクライアントマシンを更新する場合、インターネットからパッケージを取得するのにそれほど時間はかかりません。

次に、リポジトリを更新し、パッケージをアップグレードします。

$ sudo apt-get update 
$ sudo apt-get upgrade

上記の画面では、85個のパッケージを更新する必要があり、そのサイズは104MBであることが示されています。パッケージをフェッチするのにかかる時間を見てみましょう。

私はデータセンターにもいません。ダウンロード速度が50Kbpsから60Kbpsになる256Kbpsのインターネット接続を使用しています。しかし、3秒で104MBを取得した方法を以下の画像で確認してください。これは、apt-cacher-ngサーバーにすでにキャッシュされているためです。

ダウンロードしたキャッシュカウントデータを確認する必要がある場合は、上記で説明したように、任意のWebブラウザーでip:port(192.168.0.125:3142)にアクセスして統計を確認できます。

パッケージをダウンロードしてDebian/Ubuntuマシンにインストールしますが、パッケージがapt-cacheで利用できる場合は、apt-cache-ngサーバーから取得し、そうでない場合は、将来使用するためにインターネットからローカルリポジトリにフェッチします。

この記事では、apt-cacher-ngを使用してaptパッケージ用のローカルキャッシュサーバーをセットアップする方法を見てきました。多くの人が、このセットアップで時間と帯域幅を節約したいと考えています。これがDebian/Ubuntuマシンを使用するすべての人に役立つことを願っています。

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022