LinuxでLVM(論理ボリューム管理)を拡張/削減する方法-パートII


以前、LVMを使用して柔軟なディスクストレージを作成する方法を見てきました。ここでは、ボリュームグループを拡張する方法、論理ボリュームを拡張および削減する方法を説明します。ここでは、フレキシブルボリュームファイルシステムとも呼ばれる論理ボリューム管理(LVM)のパーティションを縮小または拡張できます。

  1. Create Flexible Disk Storage with LVM – Part I

他の用途のために別のパーティションを作成する必要がある場合もあれば、低スペースのパーティションのサイズを拡張する必要がある場合もあります。そうすれば、大サイズのパーティションを縮小でき、次の簡単な方法で低スペースのパーティションを非常に簡単に拡張できます。ステップ。

  1. Operating System – CentOS 6.5 with LVM Installation
  2. Server IP – 192.168.0.200

ボリュームグループを拡張して論理ボリュームを削減する方法

現在、1つのPV、VG、2つのLVがあります。次のコマンドを使用して、それらを1つずつリストしてみましょう。

# pvs
# vgs
# lvs

物理ボリュームおよびボリュームグループに使用可能な空き領域がありません。したがって、lvmサイズを拡張することはできません。拡張するには、1つの物理ボリューム( PV )を追加する必要があります。次に、 vg 。論理ボリュームのサイズを拡張するのに十分なスペースを確保します。したがって、最初に1つの物理ボリュームを追加します。

新しい PV を追加するには、fdiskを使用してLVMパーティションを作成する必要があります。

# fdisk -cu /dev/sda
  1. To Create new partition Press n.
  2. Choose primary partition use p.
  3. Choose which number of partition to be selected to create the primary partition.
  4. Press 1 if any other disk available.
  5. Change the type using t.
  6. Type 8e to change the partition type to Linux LVM.
  7. Use p to print the create partition ( here we have not used the option).
  8. Press w to write the changes.

完了したら、システムを再起動します。

fdiskを使用して作成したパーティションを一覧表示して確認します。

# fdisk -l /dev/sda

次に、次のコマンドを使用して、新しい PV (物理ボリューム)を作成します。

# pvcreate /dev/sda1

以下のコマンドを使用してpvを確認します。

# pvs

このpvを vg_tecmint vgに追加して、ボリュームグループのサイズを拡張し、 lv を拡張するためのスペースを増やします。

# vgextend vg_tecmint /dev/sda1

現在使用しているボリュームグループのサイズを確認してみましょう。

# vgs

を使用して特定のボリュームグループを作成するためにどの PV が使用されているかを確認することもできます。

# pvscan

ここでは、どのボリュームグループがどの物理ボリュームの下にあるかを確認できます。 1つのpvを追加しましたが、完全に無料です。拡張する前に、現在の各論理ボリュームのサイズを確認しましょう。

  1. LogVol00 defined for Swap.
  2. LogVol01 defined for /.
  3. Now we have 16.50 GB size for / (root).
  4. Currently there are 4226 Physical Extend (PE) available.

次に、/パーティション LogVol01 を拡張します。拡大した後、確認のために上記のようにサイズをリストすることができます。 LVM PART-Iで説明したように、GBまたはPEを使用して拡張できます。ここでは、PEを使用して拡張しています。

利用可能なPhysicalExtendサイズを取得するために実行します。

# vgdisplay

4607 の空きPEが利用可能u003d 18GB の空き容量があります。そのため、論理ボリュームを最大 18GB まで拡張できます。 PEサイズを使用して拡張しましょう。

# lvextend -l +4607 /dev/vg_tecmint/LogVol01

+ を使用して、スペースを追加します。拡張後、を使用してファイルシステムのサイズを変更する必要があります。

# resize2fs /dev/vg_tecmint/LogVol01
  1. Command used to extend the logical volume using Physical extends.
  2. Here we can see it is extended to 34GB from 16.51GB.
  3. Re-size the file system, If the file-system is mounted and currently under use.
  4. For extending Logical volumes we don’t need to unmount the file-system.

次に、を使用してサイズ変更された論理ボリュームのサイズを確認しましょう。

# lvdisplay
  1. LogVol01 defined for / extended volume.
  2. After extending there is 34.50GB from 16.50GB.
  3. Current extends, Before extending there was 4226, we have added 4607 extends to expand so totally there are 8833.

ここで、利用可能なvgの無料PEを確認すると、0になります。

# vgdisplay

拡張の結果を参照してください。

# pvs
# vgs
# lvs
  1. New Physical Volume added.
  2. Volume group vg_tecmint extended from 17.51GB to 35.50GB.
  3. Logical volume LogVol01 extended from 16.51GB to 34.50GB.

これで、ボリュームグループと論理ボリュームを拡張するプロセスが完了しました。論理ボリューム管理の興味深い部分に移りましょう。

ここでは、論理ボリュームを減らす方法を見ていきます。誰もがそれが重要だと言っており、lvmを減らしている間に災害に終わる可能性があります。 lvmの削減は、論理ボリューム管理の他のどの部分よりも非常に興味深いものです。

  1. Before starting, it is always good to backup the data, so that it will not be a headache if something goes wrong.
  2. To Reduce a logical volume there are 5 steps needed to be done very carefully.
  3. While extending a volume we can extend it while the volume under mount status (online), but for reduce we must need to unmount the file system before reducing.

以下の5つのステップを見てみましょう。

  1. unmount the file system for reducing.
  2. Check the file system after unmount.
  3. Reduce the file system.
  4. Reduce the Logical Volume size than Current size.
  5. Recheck the file system for error.
  6. Remount the file-system back to stage.

デモンストレーションのために、個別のボリュームグループと論理ボリュームを作成しました。ここでは、論理ボリュームを tecmint_reduce_test 削減します。現在、そのサイズは18GBです。データを失うことなく、 10GB に削減する必要があります。つまり、 18GB から 8GB を削減する必要があります。ボリュームにはすでに 4GB のデータがあります。

18GB ---> 10GB

サイズを縮小する際に必要なのは8GBだけなので、縮小後に10GBに切り上げられます。

# lvs

ここで、ファイルシステム情報を確認できます。

# df -h
  1. The size of the Volume is 18GB.
  2. Already it used upto 3.9GB.
  3. Available Space is 13GB.

まず、マウントポイントをアンマウントします。

# umount -v /mnt/tecmint_reduce_test/

次に、次のコマンドを使用してファイルシステムエラーを確認します。

# e2fsck -ff /dev/vg_tecmint_extra/tecmint_reduce_test

注:ファイルシステムに問題がない場合は、ファイルシステムチェックの5ステップごとに合格する必要があります。

次に、ファイルシステムを縮小します。

# resize2fs /dev/vg_tecmint_extra/tecmint_reduce_test 10GB

GBサイズを使用して論理ボリュームを減らします。

# lvreduce -L -8G /dev/vg_tecmint_extra/tecmint_reduce_test

PEサイズを使用して論理ボリュームを削減するには、ボリュームグループのデフォルトのPEサイズのサイズと合計PEサイズを把握して、正確な削減サイズの計算を行う必要があります。

# lvdisplay vg_tecmint_extra

ここでは、bcコマンドを使用して10GBのPEサイズを取得するために少し計算を行う必要があります。

1024MB x 10GB = 10240MB or 10GB

10240MB / 4PE = 2048PE

CRTL + D を押して、BCを終了します。

PEを使用してサイズを縮小します。

# lvreduce -l -2048 /dev/vg_tecmint_extra/tecmint_reduce_test

ファイルシステムのサイズを元に戻します。このステップで、ファイルシステムを台無しにしたことを意味するエラーが発生した場合。

# resize2fs /dev/vg_tecmint_extra/tecmint_reduce_test

ファイルシステムを同じポイントにマウントし直します。

# mount /dev/vg_tecmint_extra/tecmint_reduce_test /mnt/tecmint_reduce_test/

パーティションとファイルのサイズを確認してください。

# lvdisplay vg_tecmint_extra

ここでは、論理ボリュームが10GBサイズに縮小されたときの最終結果を確認できます。

この記事では、ボリュームグループ、論理ボリュームを拡張し、論理ボリュームを減らす方法を見てきました。次のパート(パートIII)では、論理ボリュームのスナップショットを取得して、それを以前の段階に復元する方法を説明します。

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022