Linuxで論理ボリューム管理(LVM)を使用してフレキシブルディスクストレージをセットアップする-パート1


論理ボリューム管理(LVM)を使用すると、ディスクスペースの管理が容易になります。ファイルシステムにさらに多くのスペースが必要な場合は、ボリュームグループの空きスペースから論理ボリュームに追加したり、必要に応じてファイルシステムのサイズを変更したりできます。ディスクに障害が発生し始めた場合、交換用ディスクをボリュームグループに物理ボリュームとして登録し、データを失うことなく論理ボリュームエクステントを新しいディスクに移行できます。

現代の世界では、すべてのサーバーが日々より多くのスペースを必要とし、そのためにニーズに応じて拡張する必要があります。論理ボリュームはRAID、SANで使用できます。物理ディスクがグループ化され、ボリュームグループが作成されます。ボリュームグループ内では、スペースをスライスして論理ボリュームを作成する必要があります。論理ボリュームを使用している間、現在のディスクを再フォーマットおよび再パーティション化することなく、いくつかのコマンドを使用して、複数のディスク、論理ボリュームに拡張したり、論理ボリュームのサイズを縮小したりできます。ボリュームは複数のディスクにデータをストライプ化する可能性があり、これによりI/O統計が増加する可能性があります。

  1. It is flexible to expand the space at any time.
  2. Any file systems can be installed and handle.
  3. Migration can be used to recover faulty disk.
  4. Restore the file system using Snapshot features to earlier stage. etc…
  1. Operating System – CentOS 6.5 with LVM Installation
  2. Server IP – 192.168.0.200

このシリーズのタイトルは、パート1〜6でLVM(論理ボリューム管理)をセットアップするための準備であり、次のトピックを扱います。

LinuxでのLVMディスクストレージの作成

1.仮想ディスク(VDA)でLVMを使用するCentOS6.5オペレーティングシステムを使用しました。ここでは、次のコマンドを使用して、物理ボリューム(PV)、ボリュームグループ(VG)、論理ボリューム(LV)を確認できます。

# pvs 
# vgs
# lvs

これは、上のスクリーンショットに示されている各パラメーターの説明です。

  1. Physical Disk Size (PV Size)
  2. Disk which used was Virtual Disk vda.
  3. Volume Group Size (VG Size)
  4. Volume Group name (vg_tecmint)
  5. Logical Volume name (LogVol00, LogVol01)
  6. LogVol00 Assigned for sawp with 1GB Size
  7. LogVol01 Assigned for / with 16.5GB

したがって、ここから、VDAディスクに十分な空き領域がないことがわかります。

2. 新しいボリュームグループを作成するには、このサーバーに 3台のハードディスクを追加する必要があります。 3台のドライブを使用することは必須ではありません。1台でそのvg内に新しい VG LV を作成するのに十分です。ここでは、デモンストレーションと機能コマンドのためにさらに追加します。説明。

以下は、私が追加したディスクです。

sda, sdb, sdc
# fdisk -l
  1. Default Disk using for Operating system (Centos6.5).
  2. Partitions defined in default Disk (vda1 = swap), (vda2 = /).
  3. Additionally added Disks are mentioned as Disk1, Disk2, Disk3.

すべてのディスクのサイズは20GBです。ボリュームグループのデフォルトのPEサイズは4MBです。このサーバーで使用しているボリュームグループは、デフォルトのPEを使用して構成されています。

  1. VG Name – A Volume Group name.
  2. Format – LVM Architecture Used LVM2.
  3. VG Access – Volume Group is in Read and Write and ready to use.
  4. VG Status – Volume Group can be re-sized, We can Expand more if we need to add more space.
  5. Cur LV – Currently there was 2 Logical volumes in this Volume Group.
  6. CurPV and Act PV – Currently Using Physical Disk was 1 (vda), And its active, so what we can use this volume group.
  7. PE Size – Physical Extends, Size for a disk can be defined using PE or GB size, 4MB is the Default PE size of LVM. For example, if we need to create 5 GB size of logical volume we can use sum of 1280 PE, Don’t you understand what I’m saying ?.

ここで説明–> 1024MB u003d 1GB、もしそうなら1024MB x 5 u003d 5120PE u003d 5GB、ここで5120/4 u003d 1280を除算し、4がデフォルトのPEサイズです。

  1. Total PE – This Volume Group have.
  2. Alloc PE – Total PE Used, full PE already Used, 4482 x 4PE = 17928.
  3. Free PE – Here it’s already used so there was no free PE.

3.使用されているvdaのみ、現在Centosがインストールされている/boot / swap 、lvmを使用するvda物理ディスクにはスペースが残っていませんディスク。

# df -TH

上の画像は、ルートに完全に使用されている 18GB を使用しているマウントポイントを示しているため、使用可能な空き領域がありません。

4.では、 tecmint_add_vg という名前で新しい物理ボリューム( pv )、ボリュームグループ( vg )を作成し、論理ボリューム(< b> lv )、ここでは、 tecmint_documents tecmint_manager tecmint_public の名前で4つの論理ボリュームを作成できます。

現在VGを使用しているボリュームグループを拡張して、より多くのスペースを確保できます。ただし、ここでは、新しいボリュームグループを作成してそれを試してみます。後で、現在使用されているファイルシステムのボリュームグループを拡張する方法を確認できます。

新しいディスクを使用する前に、fdiskを使用してディスクをパーティション分割する必要があります。

# fdisk -cu /dev/sda
  1. c – Switch off DOS-compatible mode it is Recommend to include this Option.
  2. u – While listing the partition tables it will give us in sector instead of cylinder.

次に、以下の手順に従って新しいパーティションを作成します。

  1. Choose n to create new.
  2. Choose p to create a primary partition.
  3. Choose which number of partition we need to create.
  4. Press Enter twice to use the full space of the Disk.
  5. We need to change the type of newly created partition type t.
  6. Which number of partition need to change, choose the number which we created its 1.
  7. Here we need to change the type, we need to create LVM so we going to use the type code of LVM as 8e, if we do not know the type code Press L to list all type codes.
  8. Print the Partition what we created to just confirm.
  9. Here we can see the ID as 8e LINUX LVM.
  10. Write the changes and exit fdisk.

他の2つのディスクsdbおよびsdcに対して上記の手順を実行して、新しいパーティションを作成します。次に、マシンを再起動して、fdiskコマンドを使用してパーティションテーブルを確認します。

# fdisk -l

5.次に、3つのディスクすべてを使用して物理ボリュームを作成します。ここでは、 pvs コマンドを使用して物理ディスクを一覧表示しましたが、デフォルトのpvが1つだけ表示されています。

# pvs

次に、コマンドを使用して新しい物理ディスクを作成します。

# pvcreate /dev/sda1 /dev/sdb1 /dev/sdc1

もう一度ディスクを一覧表示して、新しく作成された物理ディスクを確認します。

# pvs

6.利用可能な無料のPVを使用して tecmint_add_vg の名前でボリュームグループを作成します。PEサイズ32を使用して作成します。現在のボリュームグループを表示するには、1つのPVを使用する1つのボリュームグループがあることがわかります。

# vgs

これにより、前の手順で作成した3つの物理ボリュームを使用して、 tecmint_add_vg の名前で32MBのPEサイズを使用してボリュームグループが作成されます。

# vgcreate -s 32M tecmint_add_vg /dev/sda1 /dev/sdb1 /dev/sdc1

次に、vgsコマンドを再度実行して、ボリュームグループを確認します。

# vgs

vgsコマンド出力を理解する:

  1. Volume Group name.
  2. Physical Volumes used in this Volume Group.
  3. Shows free space available in this volume group.
  4. Total Size of the Volume Group.
  5. Logical Volumes inside this volume group, Here we have not yet created so there is 0.
  6. SN = Number of Snapshots the volume group contains. (Later we can create a snapshot).
  7. Status of the Volume group as Writeable, readable, resizeable, exported, partial and clustered, Here it is wz–n- that means w = Writable, z = resizeable..
  8. Number of Physical Volume (PV) used in this Volume Group.

7.ボリュームグループに関する詳細情報を表示するには、コマンドを使用します。

# vgs -v

8.新しく作成されたボリュームグループの詳細を取得するには、次のコマンドを実行します。

# vgdisplay tecmint_add_vg
  1. Volume group name
  2. LVM Architecture used.
  3. It can be read and write state, ready to use.
  4. This volume group can be resizeable.
  5. No of Physical disk used and they are active.
  6. Volume Group total size.
  7. A Single PE size was 32 here.
  8. Total number of PE available in this volume group.
  9. Currently we have not created any LV inside this VG so its totally free.
  10. UUID of this volume group.

9.ここで、 tecmint_documents tecmint_manager 、および tecmint_public の名前で3つの論理ボリュームを停止します。ここでは、PEサイズとGBサイズを使用して論理ボリュームを作成する方法を説明します。まず、次のコマンドを使用して現在の論理ボリュームを一覧表示します。

# lvs

10.これらの論理ボリュームは vg_tecmint ボリュームグループにあります。 pvs コマンドを使用して、論理ボリュームを作成するための空き領域を一覧表示して確認します。

# pvs

11.ボリュームグループのサイズは 54GB で未使用なので、LVを作成できます。ボリュームグループを同じサイズに分割して、3つの論理ボリュームを作成しましょう。つまり、 54GB /3 u003d 18GB であり、単一の論理ボリュームのサイズは作成後に18GBになります。

まず、Physical Extends(PE)サイズを使用して論理ボリュームを作成しましょう。このボリュームグループに割り当てられたデフォルトのPEサイズと、新しい論理ボリュームを作成するために使用できる合計PEを知る必要があります。コマンドを実行して、を使用して情報を取得します。

# vgdisplay tecmint_add_vg
  1. Default PE Assigned for this VG is 32MB, Here Single PE size will be 32MB.
  2. Total Available PE is 1725.

bcコマンドを使用して少し計算を実行してください。

# bc
1725PE/3 = 575 PE. 
575 PE x 32MB = 18400 --> 18GB

CRTL + D を押して、 bc を終了します。ここで、575個のPEを使用して3つの論理ボリュームを作成しましょう。

# lvcreate -l (Extend size) -n (name_of_logical_volume) (volume_group)

# lvcreate -l 575 -n tecmint_documents tecmint_add_vg

# lvcreate -l 575 -n tecmint_manager tecmint_add_vg

# lvcreate -l 575 -n tecmint_public tecmint_add_vg
  1. -l – Creating using Extent Size
  2. -n – Give a Logical Volume name.

lvsコマンドを使用して作成された論理ボリュームを一覧表示します。

# lvs

GBサイズを使用して論理ボリュームを作成している間、正確なサイズを取得できません。したがって、より良い方法は、extendを使用して作成することです。

# lvcreate -L 18G -n tecmint_documents tecmint_add_vg

# lvcreate -L 18G -n tecmint_manager tecmint_add_vg

# lvcreate -L 18G -n tecmint_public tecmint_add_vg

# lvcreate -L 17.8G -n tecmint_public tecmint_add_vg

lvsコマンドを使用して作成された論理ボリュームを一覧表示します。

# lvs

ここでは、3番目のLVの作成中に、18 GBに切り上げることができないことがわかります。これは、サイズのわずかな変更によるものですが、拡張サイズを使用してLVを作成する場合、この問題は無視されます。

12.論理ボリュームを使用するには、フォーマットする必要があります。ここでは、ext4ファイルシステムを使用してボリュームを作成し、/mnt/の下にマウントします。

# mkfs.ext4 /dev/tecmint_add_vg/tecmint_documents

# mkfs.ext4 /dev/tecmint_add_vg/tecmint_public

# mkfs.ext4 /dev/tecmint_add_vg/tecmint_manager

13. /mnt にディレクトリを作成し、ファイルシステムで作成した論理ボリュームをマウントしましょう。

# mount /dev/tecmint_add_vg/tecmint_documents /mnt/tecmint_documents/

# mount /dev/tecmint_add_vg/tecmint_public /mnt/tecmint_public/

# mount /dev/tecmint_add_vg/tecmint_manager /mnt/tecmint_manager/

を使用してマウントポイントを一覧表示して確認します。

 
# df -h

これで一時的にマウントされました。永続的なマウントの場合は、fstabにエントリを追加する必要があります。そのために、mtabからマウントエントリを取得します。

# cat /etc/mtab

mtabからマウントエントリの内容のコピーを入力するときに、fstabエントリにわずかな変更を加える必要があります。rwをデフォルトに変更する必要があります。

# vim /etc/fstab

fstabエントリは、以下のサンプルのようになります。 wq!を使用して保存し、fstabを終了します。

/dev/mapper/tecmint_add_vg-tecmint_documents    /mnt/tecmint_documents  ext4    defaults 0 0
/dev/mapper/tecmint_add_vg-tecmint_public       /mnt/tecmint_public     ext4    defaults 0 0
/dev/mapper/tecmint_add_vg-tecmint_manager      /mnt/tecmint_manager    ext4    defaults 0 0

コマンド mount -a を実行して、再起動する前にfstabエントリを確認します。

# mount -av

ここでは、物理ディスクから物理ボリューム、物理ボリュームからボリュームグループ、ボリュームグループから論理ボリュームを使用して、論理ボリュームを使用してフレキシブルストレージをセットアップする方法を説明しました。

今後の記事では、ボリュームグループ、論理ボリュームの拡張、論理ボリュームの削減、スナップショットの取得、およびスナップショットからの復元の方法について説明します。それから、より多くのそのような素晴らしい記事のためにTecMintに更新され続けるまで。

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022