Linuxシステムのトラブルシューティングと情報収集のための7つの「dmesg」コマンド


dmesg ‘コマンドは、カーネルリングバッファからのメッセージを表示します。システムは複数のランレベルを通過し、そこからシステムアーキテクチャ、CPU、接続されたデバイス、RAMなどの多くの情報を取得できます。コンピューターが起動すると、カーネル(オペレーティングシステムのコア)がメモリに読み込まれます。その期間中、カーネルによって検出されたハードウェアデバイスを確認できるメッセージの数が表示されています。

また読む:システムとハードウェアの情報を収集するための10のLinuxコマンド

メッセージは、デバイスに障害が発生した場合の診断目的の観点から非常に重要です。システム上のハードウェアデバイスを接続または切断すると、dmesgコマンドを使用して、検出または切断された情報をその場で知ることができます。 dmesg コマンドは、ほとんどの LinuxおよびUnix ベースのオペレーティングシステムで使用できます。

以下で説明する実際の例を使用して、「dmesg」コマンドと呼ばれる最も有名なツールに光を当てましょう。 dmesgの正確な構文は次のとおりです。

# dmseg [options...]

1.カーネルにロードされているすべてのドライバーを一覧表示します

テキスト操作ツール、つまり「 more 」、「 tail 」、「 less 」、「 grep 」を使用できます。 'dmesgコマンドを使用します。 dmesgログの出力は1ページに収まらないため、dmesgとpipe多かれ少なかれコマンドを使用すると、ログが1ページに表示されます。

[[email protected] ~]# dmesg | more
[[email protected] ~]# dmesg | less
[    0.000000] Initializing cgroup subsys cpuset
[    0.000000] Initializing cgroup subsys cpu
[    0.000000] Initializing cgroup subsys cpuacct
[    0.000000] Linux version 3.11.0-13-generic ([email protected]) (gcc version 4.8.1 (Ubuntu/Linaro 4.8.1-10ubuntu8) ) #20-Ubuntu SMP Wed Oct 23 17:26:33 UTC 2013 
(Ubuntu 3.11.0-13.20-generic 3.11.6)
[    0.000000] KERNEL supported cpus:
[    0.000000]   Intel GenuineIntel
[    0.000000]   AMD AuthenticAMD
[    0.000000]   NSC Geode by NSC
[    0.000000]   Cyrix CyrixInstead
[    0.000000]   Centaur CentaurHauls
[    0.000000]   Transmeta GenuineTMx86
[    0.000000]   Transmeta TransmetaCPU
[    0.000000]   UMC UMC UMC UMC
[    0.000000] e820: BIOS-provided physical RAM map:
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x0000000000000000-0x000000000009fbff] usable
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x00000000000f0000-0x00000000000fffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x0000000000100000-0x000000007dc08bff] usable
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x000000007dc08c00-0x000000007dc5cbff] ACPI NVS
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x000000007dc5cc00-0x000000007dc5ebff] ACPI data
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x000000007dc5ec00-0x000000007fffffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x00000000e0000000-0x00000000efffffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x00000000fec00000-0x00000000fed003ff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x00000000fed20000-0x00000000fed9ffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x00000000fee00000-0x00000000feefffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x00000000ffb00000-0x00000000ffffffff] reserved
[    0.000000] NX (Execute Disable) protection: active
.....

関連項目:コマンドhead、tail、catを使用してLinuxファイルを効果的に管理する

2.検出されたすべてのデバイスを一覧表示します

カーネルによって検出されたハードディスクを見つけるには、以下に示すように、キーワード「sda」と「grep」を検索します。

[[email protected] ~]# dmesg | grep sda

[    1.280971] sd 2:0:0:0: [sda] 488281250 512-byte logical blocks: (250 GB/232 GiB)
[    1.281014] sd 2:0:0:0: [sda] Write Protect is off
[    1.281016] sd 2:0:0:0: [sda] Mode Sense: 00 3a 00 00
[    1.281039] sd 2:0:0:0: [sda] Write cache: enabled, read cache: enabled, doesn't support DPO or FUA
[    1.359585]  sda: sda1 sda2 < sda5 sda6 sda7 sda8 >
[    1.360052] sd 2:0:0:0: [sda] Attached SCSI disk
[    2.347887] EXT4-fs (sda1): mounted filesystem with ordered data mode. Opts: (null)
[   22.928440] Adding 3905532k swap on /dev/sda6.  Priority:-1 extents:1 across:3905532k FS
[   23.950543] EXT4-fs (sda1): re-mounted. Opts: errors=remount-ro
[   24.134016] EXT4-fs (sda5): mounted filesystem with ordered data mode. Opts: (null)
[   24.330762] EXT4-fs (sda7): mounted filesystem with ordered data mode. Opts: (null)
[   24.561015] EXT4-fs (sda8): mounted filesystem with ordered data mode. Opts: (null)

注:「sda」の最初のSATAハードドライブ、「sdb」は2番目のSATAハードドライブなどです。 IDEハードドライブの場合は「hda」または「hdb」で検索します。

3.出力の最初の20行のみを印刷します

「head」とdmesgには、開始行が表示されます。つまり、「dmesg | head -20 ’は、開始点から20行だけを印刷します。

[[email protected] ~]# dmesg | head  -20

[    0.000000] Initializing cgroup subsys cpuset
[    0.000000] Initializing cgroup subsys cpu
[    0.000000] Initializing cgroup subsys cpuacct
[    0.000000] Linux version 3.11.0-13-generic ([email protected]) (gcc version 4.8.1 (Ubuntu/Linaro 4.8.1-10ubuntu8) ) #20-Ubuntu SMP Wed Oct 23 17:26:33 UTC 2013 (Ubuntu 3.11.0-13.20-generic 3.11.6)
[    0.000000] KERNEL supported cpus:
[    0.000000]   Intel GenuineIntel
[    0.000000]   AMD AuthenticAMD
[    0.000000]   NSC Geode by NSC
[    0.000000]   Cyrix CyrixInstead
[    0.000000]   Centaur CentaurHauls
[    0.000000]   Transmeta GenuineTMx86
[    0.000000]   Transmeta TransmetaCPU
[    0.000000]   UMC UMC UMC UMC
[    0.000000] e820: BIOS-provided physical RAM map:
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x0000000000000000-0x000000000009fbff] usable
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x00000000000f0000-0x00000000000fffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x0000000000100000-0x000000007dc08bff] usable
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x000000007dc08c00-0x000000007dc5cbff] ACPI NVS
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x000000007dc5cc00-0x000000007dc5ebff] ACPI data
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x000000007dc5ec00-0x000000007fffffff] reserved

4.出力の最後の20行のみを印刷します

「tail」とdmesgコマンドは、最後の20行のみを出力します。これは、リムーバブルデバイスを挿入する場合に役立ちます。

[[email protected] ~]# dmesg | tail -20

parport0: PC-style at 0x378, irq 7 [PCSPP,TRISTATE]
ppdev: user-space parallel port driver
EXT4-fs (sda1): mounted filesystem with ordered data mode
Adding 2097144k swap on /dev/sda2.  Priority:-1 extents:1 across:2097144k
readahead-disable-service: delaying service auditd
ip_tables: (C) 2000-2006 Netfilter Core Team
nf_conntrack version 0.5.0 (16384 buckets, 65536 max)
NET: Registered protocol family 10
lo: Disabled Privacy Extensions
e1000: eth0 NIC Link is Up 1000 Mbps Full Duplex, Flow Control: None
Slow work thread pool: Starting up
Slow work thread pool: Ready
FS-Cache: Loaded
CacheFiles: Loaded
CacheFiles: Security denies permission to nominate security context: error -95
eth0: no IPv6 routers present
type=1305 audit(1398268784.593:18630): audit_enabled=0 old=1 auid=4294967295 ses=4294967295 res=1
readahead-collector: starting delayed service auditd
readahead-collector: sorting
readahead-collector: finished

5.検出されたデバイスまたは特定の文字列を検索します

dmesg出力の長さのため、特定の文字列を検索するのは困難です。したがって、「usb」、「dma」、「tty」、「memory」などの文字列を含む行をフィルタリングします。「-i」オプションは、大文字と小文字(大文字または小文字)を無視するようにgrepコマンドに指示します。

[[email protected] log]# dmesg | grep -i usb
[[email protected] log]# dmesg | grep -i dma
[[email protected] log]# dmesg | grep -i tty
[[email protected] log]# dmesg | grep -i memory
[    0.000000] Scanning 1 areas for low memory corruption
[    0.000000] initial memory mapped: [mem 0x00000000-0x01ffffff]
[    0.000000] Base memory trampoline at [c009b000] 9b000 size 16384
[    0.000000] init_memory_mapping: [mem 0x00000000-0x000fffff]
[    0.000000] init_memory_mapping: [mem 0x37800000-0x379fffff]
[    0.000000] init_memory_mapping: [mem 0x34000000-0x377fffff]
[    0.000000] init_memory_mapping: [mem 0x00100000-0x33ffffff]
[    0.000000] init_memory_mapping: [mem 0x37a00000-0x37bfdfff]
[    0.000000] Early memory node ranges
[    0.000000] PM: Registered nosave memory: [mem 0x0009f000-0x000effff]
[    0.000000] PM: Registered nosave memory: [mem 0x000f0000-0x000fffff]
[    0.000000] please try 'cgroup_disable=memory' option if you don't want memory cgroups
[    0.000000] Memory: 2003288K/2059928K available (6352K kernel code, 607K rwdata, 2640K rodata, 880K init, 908K bss, 56640K reserved, 1146920K highmem)
[    0.000000] virtual kernel memory layout:
[    0.004291] Initializing cgroup subsys memory
[    0.004609] Freeing SMP alternatives memory: 28K (c1a3e000 - c1a45000)
[    0.899622] Freeing initrd memory: 23616K (f51d0000 - f68e0000)
[    0.899813] Scanning for low memory corruption every 60 seconds
[    0.946323] agpgart-intel 0000:00:00.0: detected 32768K stolen memory
[    1.360318] Freeing unused kernel memory: 880K (c1962000 - c1a3e000)
[    1.429066] [drm] Memory usable by graphics device = 2048M

6.dmesgバッファログをクリアします

はい、必要に応じて以下のコマンドでdmesgログをクリアできます。以下のコマンドを実行するまで、dmesgリングバッファメッセージログをクリアします。それでも、「/ var/log/dmesg」ファイルに保存されているログを表示できます。いずれかのデバイスを接続すると、dmesg出力が生成されます。

[[email protected] log]# dmesg -c

7.リアルタイムでdmesgを監視する

一部のディストリビューションでは、コマンド「tail -f/var/log/dmesg」を使用して、リアルタイムのdmesgモニタリングも可能です。

[[email protected] log]# watch "dmesg | tail -20"

結論:dmesgは、実行された、または発生したすべてのシステム変更をリアルタイムで記録するため、dmesgコマンドは便利です。いつものように、 man dmesg で詳細情報を入手できます。

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022