RHEL 7.0サーバーのRedHatサブスクリプション、リポジトリー、およびアップデートを登録して有効にする方法


Red Hat Enterprise 7.0 の最小インストールに関する最後のチュートリアルが終わったら、システムをRed Hatサブスクリプションサービスに登録し、システムリポジトリを有効にして、システム全体を更新します。

サブスクリプションサービスには、製品がインストールされている登録済みシステムを識別する役割があります。 Local Subscription Managerサービスは、インストールされているソフトウェア製品、利用可能で使用されているサブスクリプションを追跡し、YUMなどのツールを介してRedHatカスタマーポータルと通信します。

  1. Red Hat Enterprise Linux 7.0 Minimal Installation

このチュートリアルでは、新しい RHEL 7.0 の登録などのタスクを実行する方法、システムを実際に更新する前にサブスクリプションとリポジトリをアクティブにする方法について説明します。

ステップ1:登録してアクティブなRedHatサブスクリプション

1.システムをカスタマーポータルサブスクリプション管理に登録するには、次のコマンドに続けて、RedHatカスタマーポータルへのログインに使用する資格情報を使用します。

# subscription-manager register --username your_username --password your_password

注:システムが正常に認証されると、システムのプロンプトに ID が表示されます。

2.システムの登録を解除するには、登録解除スイッチを使用します。これにより、サブスクリプションサービスとすべてのサブスクリプションからシステムのエントリが削除され、ローカルマシン上のIDとサブスクリプション証明書が削除されます。

# subscription-manager unregister

3.利用可能なすべてのサブスクリプションのリストを取得するには、 list スイッチを使用して、システムでアクティブにするサブスクリプションプールID を書き留めます。

# subscription-manager list -available

4.サブスクリプションをアクティブにするには、サブスクリプションプールID を使用しますが、購入するときは指定された期間有効であることに注意してください。有効期限が切れる前に、必ず新しい期間を購入してください。 。このシステムはテスト用であるため、 30日間のセルフサポートRHEL の無料サブスクリプションのみを使用します。サブスクリプションをアクティブ化するには、次のコマンドを使用します。

# subscription-manager subscribe --pool=Pool ID number

5.消費されたサブスクリプションのステータスを取得するには、次のコマンドを使用します。

# subscription-manager list –consumed

6.有効なサブスクリプションを確認するには、以下のコマンドを使用します。

# subscription-manager list

7.アクティブなサブスクリプションをすべて削除する場合は、 –all 引数を使用するか、特定のプールのみを削除する場合は、サブスクリプションシリアルを指定します。

# subscription-manager remove --all
# subscription-manager unsubscribe --serial=Serial number

8. RHEL 7.0システムで利用可能なサービスレベルを一覧表示するには、次のコマンドを使用します。目的のレベルを設定する場合は、サービスレベルのスイッチ –set を使用します。コマンド。

# subscription-manager service-level --list
# subscription-manager service-level --set=self-support

ステップ2:Yumリポジトリを有効にする

9.システムがRedHatカスタマーポータルに登録され、システムでサブスクリプションがアクティブ化されたら、システムリポジトリの一覧表示と有効化を開始できます。特定のサブスクリプションを通じて提供されたすべてのリポジトリのリストを取得するには、次のコマンドを使用します。

# subscription-manager repos --list

注:長いリポジトリリストが表示され、特定のリポジトリが有効になっているかどうかを確認できます(有効 1 があるリポジトリ)。

10.コマンド yum repolist all が生成するより単純な出力。また、特定のリポジトリが有効になっているかどうかを確認することもできます。

# yum repolist all

11.有効なシステムリポジトリのみを表示するには、次のコマンドを使用します。

# yum repolist

12.システムで特定のリポジトリを有効にする場合は、 /etc/yum.repos.d/redhat.repo ファイルを開き、有効アクティブ化する特定のリポジトリごとに 0から1 まで。

 # vi /etc/yum.repos.d/redhat.repo

注:ここでは、 RHEL7サーバーのオプションのRPM リポジトリを有効にしました。これらのリポジトリは、後でいくつかの重要な PHPモジュールをLAMPサーバーにインストールするために必要になります。

13.上記の手順を使用してファイルを編集し、必要なすべてのリポジトリを有効にした後、 yum repolist all または単に yum repolist を再度実行して、スクリーンショットのようにリポジトリのステータスを確認します。未満。

# yum repolist all

ステップ3:RHEL7.0を完全に更新する

14.サブスクリプションとリポジトリに関するすべての設定が完了したら、システムをアップグレードして、システムに最新のパッケージ、カーネル、およびセキュリティパッチが適用されていることを確認し、次のコマンドを発行します。

# yum update

それで全部です!これでシステムが最新になり、必要なすべてのソフトウェアパッケージをインストールして、プロダクション用の完全なWeb環境の構築を開始するなど、他の重要なタスクの実行を開始できます。これについては、今後のチュートリアルで説明します。

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022