Skype4.3リリース-GentooLinuxにインストール


世界で最も人気のある VoIP – Voice over IP –無料のアプリケーションであるSkypeは、Linux用のアップグレードバージョン(つまりSkype-4.3)とともに 2014年6月18日にリリースされました。 0.37)。

このバージョンのSkypefor Linuxの新機能は次のとおりです。

  1. An improved User Interface.
  2. New cloud-based Group Chat experience.
  3. Better support for file transfer using on multiple device the same time.
  4. PulseAudio 3.0 and 4.0 support.
  5. ALSA sound system is no longer supported without PulseAudio.
  6. Many bug fixes.

このチュートリアルでは、PulseAudioサーバーを搭載した Gentoo にLinux用の Skype の最新バージョンをインストールする方法を説明します。Skype開発者はダイレクトALSAのサポートを終了したと発表したため、このバージョンはLinux環境にPulseAudio3.0以降がインストールされている場合に機能します。

GentooLinuxにSkype4.3をインストールする

1. Gentooへの最新のSkypeバージョンのインストールを続行する前に、Portage pulseaudio USEフラグを使用してすべてのシステムを再コンパイルし、システムで PulseAudio がサポートされていることを確認してください。 make.conf ファイル。

$ sudo nano  /etc/portage/make.conf

USE 行を見つけて、最後に pulseaudio 文字列を追加します。

USE="… pulseaudio"

2.行を編集した後、 make.conf ファイルを閉じ、新しい変更された USE フラグを pulseaudio で使用して、すべての依存関係で完全なシステム再コンパイルを実行します。それぞれサポート。

$ sudo emerge --update --deep --with-bdeps=y --newuse @world

Gentooを使用している場合、PulseAudioサウンドとハードウェアリソースを使用する可能性のあるシステムにすでにインストールされているパッケージによっては、この場合の再コンパイルプロセスに長い時間がかかる可能性があることを伝える意味はありません。それまでの間、他にもっと良いことを見つけてください。

3.システム全体の再コンパイルが完了したら、次のコマンドを使用して、拡張機能用の ALSA プラグインをインストールします。

$ sudo emerge --ask alsa-plugins

4. ALSA プラグインの再コンパイルプロセスが終了したら、先に進み、Gentooパッケージリポジトリから古いSkypeバージョンをインストールします。ディストリビューションが提供する古いパッケージをインストールする役割は、Skypeが適切に機能するために必要なすべてのライブラリと依存関係を引き出すことです。次のコマンドを使用してSkypeをインストールします。

$ sudo emerge --ask skype

Portage にエクスポートする必要のあるキーワードとライセンスを生成した場合は、上のスクリーンショットのようにPortageツリーに必要なファイルにそれらをエコーして、Skypeのインストールを再試行してください。

Skypeをインストールしたら、Skypeを開いてテストし、現在のバージョンと機能を確認できます。

5.次に、最新バージョンの Skype 4.3 にアップグレードします。次のSkypeの公式ホームページにアクセスします。

  1. http://www.skype.com/en/download-skype/skype-for-linux/

そして、動的パッケージをダウンロードします。パッケージのダウンロードが完了したら、ブラウザのダウンロードパスを見つけます。通常は ダウンロードフォルダで、次のコマンドを使用してSkypetarアーカイブを抽出します。

$ cd Downloads
$ tar xjv skype-4.3.0.37.tar.bz2
$ cd skype-4.3.0.37/

6.更新を実行するには、最初にSkype抽出フォルダーにいることを確認してから、root権限で次のコマンドを実行します。

$ sudo cp -r avatars/*  /usr/share/skype/
$ sudo cp -r lang/*  /usr/share/skype/
$ sudo cp -r sounds/*  /usr/share/skype/
$ sudo cp skype  /opt/bin/
$ sudo chmod +x /opt/bin/skype

それでおしまい!上記のすべてのコマンドを実行した後、すべてのウィンドウを閉じて、コンピューターを再起動します。これで、GentooLinuxで最新バージョンのSkypeを使用できます。 Skypeを開くと、バージョン 4.3 がコンピューターの画面にポップアップ表示されます。

7.このバージョンで問題が発生した場合、または公式のGentooリポジトリからパッケージに戻したい場合は、次のコマンドを使用して変更を元に戻します。

$ sudo emerge --unmerge skype
$ sudo emerge --ask skype

これにより、ソースからインストールされた最新のSkypeバージョンが、Gentoo公式パッケージによって提供される古いバージョンに置き換えられます。

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022