Linuxbrew - Linux用の自作パッケージマネージャ


ある[ Linuxbrew は、ユーザーが自分のホームディレクトリにソフトウェアをインストールすることを可能にする、 homebrew 、Linux用のMacOSパッケージマネージャのクローンです。

機能は次のとおりです。

  • Allowing installation of packages to a home directory without root access.
  • Supports installing of third-party software (not packaged on the native distributions).
  • Supports installing of up-to-date versions of packages when the one provided in the distro repositories is old.
  • In addition, brew allows you to manage packages on both your Mac and Linux machines.

この記事では、Linuxシステムに Linuxbrew パッケージマネージャをインストールして使用する方法を説明します。

LinuxにLinuxbrewをインストールして使用する方法

Linuxディストリビューションに Linuxbrew をインストールするには、まず以下の依存関係をインストールする必要があります。

--------- On Debian/Ubuntu --------- 
$ sudo apt-get install build-essential curl file git

--------- On Fedora 22+ ---------
$ sudo dnf groupinstall 'Development Tools' && sudo dnf install curl file git

--------- On CentOS/RHEL ---------
$ sudo yum groupinstall 'Development Tools' && sudo yum install curl file git

依存関係がインストールされたら、次のスクリプトを使用して Linuxbrew パッケージを /home/linuxbrew/.linuxbrew (またはホームディレクトリの〜/)にインストールできます。示されているようにlinuxbrew )。

$ sh -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Linuxbrew/install/master/install.sh)"

次に、ディレクトリ /home/linuxbrew/.linuxbrew/bin (または〜/ .linuxbrew/bin )および/home/linuxbrew /を追加する必要があります。図に示すように、linuxbrew/sbin (または〜/ .linuxbrew/sbin )をPATHおよびbashシェル初期化スクリプト〜/ .bashrc に追加します。

$ echo 'export PATH="/home/linuxbrew/.linuxbrew/bin:/home/linuxbrew/.linuxbrew/sbin/:$PATH"' >>~/.bashrc
$ echo 'export MANPATH="/home/linuxbrew/.linuxbrew/share/man:$MANPATH"' >>~/.bashrc
$ echo 'export INFOPATH="/home/linuxbrew/.linuxbrew/share/info:$INFOPATH"' >>~/.bashrc

それから最近の変更が反映されるように〜/ .bashrc ファイルを読み込みます。

$ source  ~/.bashrc

お使いのマシンに Linuxbrew が正常に設定されたら、使用を開始できます。

たとえば、次のコマンドで gcc パッケージ(または数式)をインストールできます。出力内のメッセージのいくつかに注意してください。いくつかの公式が正しく機能するために設定する必要があるいくつかの有用な環境変数があります。

$ brew install gcc

インストールされているすべての数式を一覧表示するには、実行します。

$ brew list

次のコマンドを使って数式をアンインストールできます。

$ brew uninstall gcc

次の構文を使ってパッケージを検索できます。

brew search    				#show all formulae
OR
$ brew search --desc <keyword>		#show a particular formulae

Linuxbrew を更新するには、gitコマンドラインツールを使用してGitHubから最新バージョンの自作をダウンロードする次のコマンドを発行します。

$ brew update

Linuxbrewの使用方法の詳細については、次のように入力してください。

$ brew help
OR
$ man brew

LinuxでLinuxbrewをアンインストールする方法

もう Linuxbrew したくない場合は、を実行してアンインストールできます。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Linuxbrew/install/master/uninstall)"

Linuxbrewホームページ:http://linuxbrew.sh/。

今のところそれだ!この記事では、Linuxシステムに Linuxbrew パッケージマネージャをインストールして使用する方法を説明しました。あなたは質問をするか、または下記のフィードバックフォームを介して私達にあなたのコメントを送ることができます。