OpenSUSEにPhpPgAdminでPostgreSQLをインストールする方法


PostgreSQL (一般に Postgres として知られています)は、信頼性を重視して構築された、強力でフリーかつオープンソースの、フル機能を備えた、高度に拡張可能なクロスプラットフォームのオブジェクトリレーショナルデータベースシステムです機能の堅牢性、および高性能。

PostgreSQL は、Linuxを含むすべての主要オペレーティングシステムで動作します。 SQL言語を使用して拡張し、最も複雑なデータワークロードを安全に格納および拡張する多くの機能と組み合わせます。

ある[ PhpPgAdmin は、Web上で PostgreSQL のデータベースを管理するために使用されるツールです。 PostgreSQLのさまざまな側面を管理し、複数のサーバを管理し、データの簡単な操作をサポートします。

また、SQL、COPY、XML、XHTML、CSV、タブ付き、pg_dump、SQLスクリプトのインポート、コピーデータ、XML、CSV、タブ付きなど、さまざまな形式のテーブルデータのダンプもサポートしています。重要なことに、それはプラグインの使用で拡張可能です。

この記事では、 openSUSE サーバーエディションに PostgreSQL 10 PhpPgAdmin 5.6 をインストールする方法について説明します。

PostgreSQLデータベースサーバのインストール

PostgreSQL 10 は、次のzypperコマンドを使用してデフォルトのリポジトリから openSUSE にインストールできます。

$ sudo zypper install postgresql10-server  postgresql10 

インストールプロセスが完了したら、 Postgres サービスを開始し、システム起動時に自動起動するように有効にして、次のコマンドを使用してステータスを確認します。

$ sudo systemctl start postgresql
$ sudo systemctl enable postgresql
$ sudo systemctl status postgresql

インストール中に、 PostgreSQL サーバーを管理するために、 Postgres という名前の管理データベースユーザーをパスワードなしで作成します。次に重要な手順は、パスワードを設定してこのユーザーアカウントを保護することです。

まず postgres ユーザーアカウントに切り替え、次に postgres シェルにアクセスしてデフォルトユーザーの新しいパスワードを次のように設定します。

$ sudo su - postgres
$ psql
# \password postgres

PostgreSQLデータベースサーバの設定

この時点で、クライアント認証設定ファイル /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf を編集して、クライアントから PostgreSQL サーバーへのアクセスを設定する必要があります。

$ sudo vim /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf

次の行を探し、スクリーンショットに表示されているように認証方法を md5 に変更します(異なる認証方法については、公式のPostgreSQL 10ドキュメントを参照してください)。

# "local" is for Unix domain socket connections only 
local   all             all                                     md5 
# IPv4 local connections: 
host    all             all             127.0.0.1/32            md5 
# IPv6 local connections: 
host    all             all             ::1/128                 md5

次に、変更を有効にするために postgres サービスを再起動します。

$ sudo systemctl restart postgresql

PhpPgAdminのインストールと設定

前述のように、 phpPgAdmin はPostgreSQL用のWebベースの管理ツールです。デフォルトでは、 openSUSE には phpPgAdmin 5.1 があり、postgresql10をサポートしていません。したがって、表示されているように phpPgAdmin 5.6をインストールする必要があります。

$ wget -c https://github.com/phppgadmin/phppgadmin/archive/REL_5-6-0.zip
$ unzip REL_5-6-0.zip
$ sudo mv phppgadmin-REL_5-6-0 /srv/www/htdocs/phpPgAdmin

phpPgAdmin をインストールしたら、提供されているサンプルファイルから phpPgAdmin 集中設定ファイルを作成する必要があります。次に、作成したファイルを好きなテキストエディタで開いて編集します。次に例を示します。

$ cd /srv/www/htdocs/phpPgAdmin/conf/
$ cp config.inc.php-dist config.inc.php 
$ sudo vim config.inc.php 

次に、回線ホスト設定パラメータを探し、その値を“ localhost” に設定して、ローカルホストで TCP/IP 接続を有効にします。

$conf['servers'][0]['host'] = 'localhost';

さらに、追加のログインセキュリティパラメータを探し、その値を“ true” から“ false” に変更して、 phpPgAdmin によるログインを許可します pgsql postgres root 管理者などの特定のユーザー名:

$conf['extra_login_security'] = false;

ファイルへの変更を保存して終了します。

次に、 phpPgAdmin に必要な Apache PHP バージョンモジュールを有効にし、 Apache 2 postgresql servicesを処理します。

$ sudo a2enmod php7
$ sudo a2enmod version
$ sudo systemctl restart postgresql
$ sudo systemctl restart apache2

PhpPgAdminダッシュボードへのアクセス

最後のステップは、Webブラウザから phpPgAdmin にアクセスし、データベースサーバーへの接続をテストすることです。移動するには、アドレス http:// localhost/phpPgAdmin/または http:// SERVER_IP/phpPgAdmin/を使用します。

phpPgAdmin デフォルトのインターフェースは図のように表示されます。 [ PostgreSQL ]をクリックしてログインインターフェースにアクセスします。

ログインインターフェースで、ユーザー名として postgres を入力し、デフォルトのデータベースユーザーに設定したパスワードを入力して[ Login ]をクリックします。

おめでとうございます。 openSUSE PostgreSQL 10 phpPgAdmin 5.6 をインストールしました。ご質問やご意見は、下記のフィードバックフォームをご利用ください。

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022