ZentyalサーバーへのWebサービス(Apache仮想ホスティング)のインストールと構成-パート9


このチュートリアルの範囲は、 Apache Virtual Hosts を使用して、 Zentyal 3.4 Server を複数のWebサイト(サブドメイン)で Web Platform として使用する方法を示すことです。 。

Zentyal 3.4は、Apache(httpdとも呼ばれます)パッケージを使用します。Webサーバーウィッチは、今日インターネットで最も使用されているWebサーバーであり、完全なオープンソースです。

仮想ホスティングは、単一のマシンまたはノードで複数のWebサイト(ドメインまたはサブドメイン)にサービスを提供するApacheの機能を表します。これは、複数のIPまたはvhostに基づくエンドユーザーに対して完全に透過的なプロセスです。

以前のZentyalインストールガイド

ステップ1:ApacheWebサーバーをインストールする

1.ブラウザでZentyalIPアドレスまたはドメイン名( https:// domain_name )を指定して Zentyal 3.4Web管理ツールにログオンします。

2. Software Management -> Zentyal Components に移動し、 Web Server を選択します。

3. インストールボタンを押して、認証局パッケージも受け入れます(https接続の暗号化に使用されるSSL証明書に必要です)。

4.インストールが完了したら、モジュールステータスに移動し、ウェブサーバーを選択し、有効化プロンプトを受け入れて、保存を押します。新しい変更を適用します。

有効プロンプトには、Zentyalによって変更されるパッケージと構成ファイルの詳細が表示されます。

今のところ、 Apache Web Server はインストールされ機能していますが、これまでのところデフォルト構成しかありません。

ステップ2:仮想ホストを作成してDNS構成を改ざんする

この構成では、Apacheに仮想ホストを追加して、最終的なアドレスが http://cloud.mydomain.com のようなサブドメインとして送信されるようにしますが、ここでの問題は、 Zentyal 3.4 Apache モジュールと DNS モジュールが、システムIP上の仮想ホストで何らかの理由で機能しないことです。

Webモジュールから作成された仮想ホストは、新しいホスト A レコードとは異なり、新しいドメイン名として DNS サーバーに追加されます。 Zentyal上の仮想ホストを設定するためのいくつかのトリックがあります。1つは仮想IPインターフェースを使用することです。

幸い、この問題を克服するもう1つの方法は、 ZentyalDNSモジュールでいくつかの構成トリックを実行することです。

5.まず、仮想ホストを追加しましょう。 Webサーバーモジュール-> 仮想ホスト-> 新規追加に移動します。

6. 有効にチェックを入れ、この仮想ホストの名前を入力し(ドットドメイン名全体を追加)、追加を押します。

7.ホストが追加され、仮想ホストにリストされたら、上部の保存ボタンを押して変更を適用します。

主な問題は、 DNS サーバーにホスト名 A レコードがまだ含まれていないため、新しく作成されたサブドメイン(仮想ホスト)が使用できないことです。

このサブドメインで ping コマンドを実行すると、同じ否定的な答えが返されます。

8.この問題を解決するには、 DNS モジュールに移動し、リストされたドメインの下にあるホスト名をクリックします。

ご覧のとおり、作成された仮想ホスト(またはサブドメイン)が存在し、 IP アドレスを追加する必要があります。

仮想ホスティングはApacheが Zentyal ノードからWebファイルを提供するように構成されているため、 DNS モジュールはを指すホスト名 A レコードを必要としますZentyal と同じ IP (Zentyalが許可しない設定)。

Zentyal 3.4 DNSは、割り当てられたシステムIPアドレスを異なるホスト名で使用することを許可していません(同じIP上の複数のDNSホスト名 A レコード)。

9.この望ましくない状況を克服するために、 DNS CNAME (エイリアス)レコードに基づくトリックを使用します。これを機能させるには、次の構成を行います。

  1. Delete the DNS hostname record just added to your domain

10. Zentyal DNS FQDN ホスト名レコードに移動し、エイリアスボタンを押してから、新規追加ボタンを押します。

エイリアスフィールドにApache仮想ホスト(ドットドメインなし)で提供されているのと同じ名前を入力し、追加変更の保存を押します。

11.これで、 DNS レコードが完全に機能し、 DocumentRoot ディレクティブでホストされるWebページを提供する Apache仮想ホストを指すようになります(/ Zentyalのsrv/www/your_virtual_host_name)。

12.構成をテストするには、ブラウザを開き、httpプロトコルを使用して URL に仮想ホスト名(サブドメイン)を入力します。

ネットワーク上の別のシステムからサブドメイン名を使用して ping コマンドを発行することもできます。

これで、 Apache Web Server が構成され、安全性の低いhttpポート 80 でWebページを提供できるようになりましたが、サーバーとクライアントの間に安全なレイヤーを追加する場合は、次の手順に従います b>#3 以下の手順に従ってください。

ステップ3:Apache用のSSLを作成する

Zentyal3.4で SSL Secure Sockets Layer )暗号化を有効にするには、 CA(認証局)デジタル証明書を発行し、サーバーとクライアントが安全なチャネルを介してデータを交換するために必要な公開鍵と秘密鍵を発行します。

13. 認証局モジュール-> 一般に移動します。

14. 認証局で次の設定を入力し、作成をクリックします。

  1. Organization Name : your domain name ( in this case the domain is “mydomain.com” ).
  2. Country Code : your country code ( 2-3 characters ).
  3. City : your organization main location.
  4. State : leave it empty.
  5. Days to Expire : 3650 –by default ( 10 years ).

15.メインの認証局証明書が作成されたら、次の設定で仮想ホスト用に新しい証明書を発行します。

  1. Common Name : enter your virtual host name or server FQDN ( in this case is cloud.mydomain.com ).
  2. Days to Expire : 3650.
  3. Subject Alternative Names : the most common parameter here is your email address (email:[email protected]).

16.証明書が生成されたら、ダウンロード、取り消し、または更新できます。

17.次のステップは、この証明書を Apache Service にリンクすることです。もう一度認証局-> サービス証明書に移動し、ウェブサーバーモジュールを強調表示します。

18. Webサーバーモジュール有効を選択し、アクションアイコンを押して証明書を編集します。

19. Common Name で、ステップ#15 で前に作成した名前を入力します( Common Name Certificate Name です) )、もう一度[有効にする]をオンにし、[変更]ボタンを押してから、[変更を保存]をクリックして新しい設定を適用します。

これで、証明書が生成され、ウェブサーバーサービスにリンクされますが、 HTTPS プロトコルが仮想ホストではまだ機能していません。 > Webサーバー

ステップ4:ApacheHTTPSを有効にする

Zentyal 3.4 SSL では HAProxy サービスによって処理が行われますが、 Apache SSL 構成ファイルとポートディレクティブを有効にする必要があります。

20. Webサーバーに移動し、HTTPSリスニングポート設定で有効–ポート443 (デフォルトのSSLポート)を選択し、変更ボタンを押します。

21.ページの下部に移動し、リストされている仮想ホストからアクションボタンをクリックして、 SSL 設定を編集します。

22. SSL サポートで、 SSLを許可オプションを選択し、変更を押してから、上部の保存変更を押します。

23.これで、Apacheはデフォルトのhttpポート 80 443 の両方で「 cloud.mydomain.com 」仮想ホストにサービスを提供します。

24.上記の手順を繰り返すと、 Zentyal Webホスティングボックスに変換し、 Apache Virtual Host を使用して必要な数のドメインまたはサブドメインを追加できます。以前に発行された証明書を使用して、 HTTP および HTTPS 通信プロトコルを使用するようにすべてを構成します。

実際のWebホスティングプラットフォームを意味する複雑な構成はないかもしれませんが(コマンドラインからApache .htaccess ファイルを使用して作成できるものもあります) Zentyal 3.4 を使用できます中規模のWebサイトをホストし、Webサービスの編集と構成を大幅に簡素化します。

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022