Ubuntu 14.04サーバーインストールガイドとセットアップLAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)


Ubuntu for Phone andTablet製品を含むすべてのUbuntu14.04フレーバーが2014年4月17日にリリースされたことに伴い、Ubuntuの背後にある会社であるCanonicalは、ソフトウェアとアップデートで5年間の長期サポートが保証されたサーバー、クラウド、サーバーコアエディションもリリースしました。 2019年4月。

このTrustyTahrコードネームリリースの最も重要な点の1つは、ServerEditionがx64ビットコンピューターアーキテクチャプロセッサでのみ利用できるようになったことです。

このリリースに関するその他の重要なことは、Ubuntuの公式Wikiページに示されています。

  1. Linux kernel 3.13 based on the v3.13.9 upstream stable Linux kernel witch include better networking experience on interface bonding, bridge, TCP connection management and Open vSwitch 2.0.1 support.
  2. A better virtualization support ( XEN, KVM, WMware and also Microsoft Hyper-V hypervisor), general performance on Filesystems, ARM support and a lot of others improvements.
  3. Python 3.4
  4. AppArmor new features
  5. Upstart 1.12.1
  6. OpenStack (Icehouse) 2014.1
  7. Puppet 3
  8. Xen 4.4 ( only x86 and x64)
  9. Ceph 0.79
  10. Qemu 2.0.0 hardware emulator
  11. Open vSwitch 2.0.1
  12. Libvirt 1.2.2
  13. LXC 1.0
  14. MAAS 1.5
  15. Juju 1.18.1
  16. StrongSwan IPSec
  17. MySQL (community alternatives MariaDB 5.5 , Percona XtraDB Cluster 5.5, MySQL 5.6 also )
  18. Apache 2.4
  19. PHP 5.5

インストールISOイメージは、x64ビットシステムの場合のみ次のリンクを使用してダウンロードできます。

  1. ubuntu-14.04-server-amd64.iso

このチュートリアルの範囲は、CDメディアまたはUSBブータブルスティックから作成されたUbuntu 14.04サーバーのクラシックインストールと、基本構成のLAMP(Linux、Apache、MySQL、およびPHP)パッケージスタックの基本インストールを紹介することです。

ステップ1:Ubuntu14.04サーバーをインストールする

1.起動可能なCD/USBイメージを作成します。システムの起動シーケンスの後、BIOSオプション(CD/DVDまたはUSBドライブ)からメディアの起動可能なタイプを選択します。最初のプロンプトで言語を選択し、Enterキーを押します。

2.次の画面で、[Ubuntuサーバーのインストール]を選択し、Enterキーを押します。

3.次に、システムのデフォルト言語とインストールプロセス言語を選択します。

4.お住まいの国がデフォルトの場所オプションにリストされていない場合は、[その他]を選択し、[大陸]、[国]の順に選択します。

5.次に、ロケールを選択します。後でキーボードで問題が発生しないように、UTF-8エンコーディングなどの一般的なロケールを選択してみてください。

6.次のプロンプトでキーボードを構成します。サーバーでは、一般的なキーボード言語を選択する必要があります。また、この段階では、インストーラーは一連のキーを押すことでキーボードレイアウトを自動的に検出できるため、[いいえ]を選択し、デフォルト言語として英語を設定することをお勧めします。

7.インストールプロセスを続行するために、いくつかの追加のソフトウェアコンポーネントがロードされた後。サーバーがネットワークに接続されていて、直接接続されたネットワークでDHCPサーバーを実行している場合、インストーラーはDHCPサーバーから提供されたものを使用してネットワーク設定を自動的に構成します。

サーバーはパブリックまたはプライベートネットワークサービスを提供するため、ネットワーク設定(特にIPアドレス)は常に静的に構成する必要があります。

8.ネットワークホスト名プロンプトで同じ結果が得られる場合は、Tabキーを押し、[戻る]を選択してから、[ネットワークを手動で構成する]を選択します。

9.次のプロンプトシリーズで、ネットワークインターフェイス設定(IPアドレス、ネットマスク、ゲートウェイ、DNSネームサーバー)を入力します。

10.システムのホスト名を設定します–FQDNを入力することもできます。一部のプログラムはこれに大きく依存しているため、システムのホスト名を賢明かつ一意に選択することをお勧めします。

11.次に、管理ユーザーをセットアップします。 Ubuntuでは、このユーザーはrootアカウントを置き換え、sudoを使用することですべてのrootアカウントの権限を持ちます。ユーザー名を入力し、[続行]をクリックします。

12.パスワードを2回入力します。セキュリティ上の理由から、サーバーでは常に強力なパスワードを選択する必要があります(大文字、小文字、数字、特殊を含む少なくとも12文字)。

弱いパスワードを使用した場合、インストーラーが警告します。テストサーバーを使用している場合は、[はい]を選択してさらに続行します。

13.サーバーのユーザーのホームパーティションに機密データ、秘密データ、または重要なデータが含まれている場合、次の画面には、ホームディレクトリを暗号化してすべてのデータを保護するオプションがあります。そうでない場合は、[いいえ]を選択してEnterキーを押します。

14.インストーラーの実行中に、ネットワークインターフェイスカードにインターネット接続がある場合、インストーラーは自動的に現在地を検出し、正しいタイムゾーンを設定します。指定された時間が正しく設定されていない場合は、リストから手動で選択するか、[はい]を選択してEnterキーを押すかを選択できます。

15.ハードディスクのパーティションテーブルは、サーバーに関連する最も機密性の高い主題の1つです。ここでは、サーバーの最終的な宛先タイプのWebサーバー、データベース、ファイル共有NFS、Samba、アプリケーションサーバーなどに応じて多くの調整を行う必要があるためです。

  1. For example if redundancy, fail-over and high-availability is needed you can setup RAID 1, if your space grows fast you can setup RAID 0 and LVM and so on.
  2. For a more general use you can just use the Guided option with LVM, which is a customized option made by developers.
  3. For a production environment you probably should have LVM, software or hardware RAID and separate partitions for /(root), /home, /boot and /var ( the /var partition has the most fast growing rate on a production server because here are logs, databeses, applications meta info, servers caches and others located.

したがって、パーティションディスクで[ガイド付き]を選択し、ディスク全体をユーザーにしてLVMをセットアップします->パーティションを作成するディスクを選択し、パーティションテーブルを受け入れます。

16.パーティションテーブルがディスクに書き込まれた後、インストーラはもう一度パーティションレビューを要求します。パーティションテーブルを受け入れて、[はい]をクリックします。

このパーティションテーブルに変更を加える場合は、[いいえ]を選択してパーティションを編集できます。

17.すべてのハードディスクパーティションがディスクに書き込まれた後、インストーラーはデータソフトウェアのディスクへのコピーを開始し、HTTPプロキシオプションに到達します。プロキシ経由でインターネットにアクセスしない場合は、空白のままにして続行します。

18.次に、インストーラーはCDイメージをスキャンしてソフトウェアパッケージを探し、更新オプションに到達します。サーバーではシステムを手動で更新する必要があるため、[自動更新なし]を選択します。

19.これで基本システムがインストールされましたが、インストーラーはtaskselパッケージを呼び出します。これは、完了する前にいくつかのサーバーパックをインストールするのに役立ちます。サーバーをより適切に制御するには、スペースバーキーを押してOpenSSHサーバーのみを選択し、他のサーバーは後でインストールおよび構成して、[続行]を選択します。

20. GRUB to MRBのインストールを要求する最後のオプションがモニターに表示されている間に、選択したパッケージがインストールされています。システムはGRUBなしでは自分で起動できないため、[はい]を選択します。

21. GRUBブートローダーがインストールされると、インストールプロセスは終了します。メディアインストールドライブ(CD/DVD、UDB)を取り外し、[続行]をクリックして再起動します。

おめでとう! Ubuntu 14.04 LTS Serverエディションがインストールされ、新しいメタルマシンまたは仮想マシンでロックする準備が整いました。

ステップ2:基本的なネットワーク構成

現在のところ、コアサーバーパッケージのみがインストールされており、ネットワークにネットワークサービスを実際に提供することはできません。

今のところサーバーコンソールにソフトウェアログインをインストールし、一連のLinuxコマンドを実行して、ネットワーク接続、設定、起動デーモン、ソフトウェアソース、更新などの基本的な構成を確認します。

22.システム負荷と基本情報の表示–資格情報を使用してログインすると、この情報はデフォルトでMOTDに表示されます。また、topコマンドとhtopコマンドも便利です。

23.次のコマンドを使用して、ネットワークIPアドレスを確認します。

# ifconfig –a

24.インターネット接続を確認します。ドメイン名に対してpingコマンドを実行します(これにより、TCP/IPスタックとDNSがテストされます)。

# ping –c 4 google.ro

「不明なホスト」というメッセージが表示された場合は、「/ etc /resolv.conf」ファイルを編集して次を追加します。

nameserver  your_name_servers_IP

永続的な変更を行うには、「/ etc/network/interfaces」ファイルを編集して、dns-nameserverディレクティブを追加します。

25.次のコマンドを使用して、マシンのホスト名を確認します。

# cat /etc/hostname
# cat /etc/hosts
# hostname
# hostname –f

26.実行レベルでinitデーモンを有効または無効にするには、chkconfigパッケージを置き換える「sysv-rc-conf」ユーティリティをインストールして実行します。

$ sudo apt-get install sysv-rc-conf
$ sudo sysv-rc-conf

27.サービス(デーモン)を開始、停止、または確認するには、次のコマンドを実行します。

# sudo service ssh restart

# sudo /etc/init.d/ service_name start|stop|restart|status

28.サーバープロセス、オープン接続(リッスン状態)を参照してください。

$ ps aux | grep service-name
$ sudo netstat –tulpn
$ sudo lsof -i

29.ソフトウェアリポジトリを編集するには、「/ etc/apt /sources.list」ファイルを開きます。

コマンドを使用して新しいリポジトリキーをインポートします。

# sudo apt-key adv –keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys key_hash

30.システムを更新します。

# sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade

ステップ3:LAMPスタックをインストールする

LAMPの頭字語は、動的Webページの生成に使用されるLinux OS、Apache HTTP Server、MySQL、MariaDB、MongoDBデータベース、Php、Perl、またはPythonプログラミング言語の略です。このコンポーネントはすべて無料のオープンソースソフトウェアであり、動的なWebサイトやその他のWebアプリケーションの構築に適しており、今日のインターネットで最も使用されているプラットフォームです(昨年、ApacheはすべてのアクティブなWebサイトの54%以上にサービスを提供すると推定されました)。

31. LAMPは、段階的にインストールすることも、1つのコマンドを使用してインストールすることもできます。

$ sudo apt-get install apache2 php5 php5-mysql mysql-client mysql-server

インストール中に、mysqlデータベースのパスワードを入力して確認します。

32. phpステータスを確認するには、「/ var/www/html」サーバーパスに次の内容の「info.php」ファイルを作成します。

<?php phpinfo(); ?>

33.次に、ブラウザを開き、サーバーのIPアドレスまたはhttp://server_address/info.phpを入力します。

Ubuntu 14.04とLAMPは、ネットワークサービスを提供し、あらゆる種類の動的または静的Webサイト、Apache CGIを使用した複雑なWebアプリケーションを開発するための優れたプラットフォームです。これらはすべて、フリーおよびオープンソースソフトウェアと最新のソフトウェアを使用して最小限の経済的影響で作成されます。テクノロジー。