UbuntuシステムをZentyalPDC(プライマリドメインコントローラー)に統合する-パート5


PDC として実行されている Zentyal 3.4 に関する以前のチュートリアルの後、これまで Windows 関連のOSのみに参加しましたが、 Linux はこのドメイン名にシステムを配布します。

  1. Install Zentyal as PDC (Primary Domain Controller) and Integrate Windows – Part 1
  2. Manage Zentyal PDC (Primary Domain Controller) from Windows – Part 2
  3. Creating Organizational Units and Enableing Group Policy – Part 3
  4. Setup File Sharing in Zentyal 3.4 PDC – Part 4

プライマリドメインコントローラーとしての Zentyal 3.4 Community Server のセットアップはWindows2003 Serverのように機能し、Windows XP、7、8、8.1、Server Editions 2003/2008 /などのあらゆる種類のWindowsベースのOSに簡単に参加できます。 20012であり、Linuxデスクトップ/サーバーディストリビューションへの参加にも素晴らしい仕事をすることができます。

このセットアップでは、Ubuntu 13.10デスクトップ(または任意のUbuntuバージョン)が、UbuntuリポジトリにあるWinbindに基づくLikelyOpenパッケージの助けを借りてZentyalPDCに統合されます。

ステップ1:UbuntuをZentyalPDCに統合する

1. Ubuntu 13.10で、ダッシュメニューからソフトウェアとアップデートを開きます。

2. [その他のソフトウェア]タブで、両方の正規パートナーを確認します。

3.ターミナルを開き、「 sudo apt-getupdate 」コマンドを使用してシステムリポジトリの更新を行います。

$ sudo apt-get update

4.次に、 Ubuntu Zentyal 3.4 PDC に参加するために必要な Likewise Open ソフトウェアパッケージを実行してインストールします。

$ sudo apt-get install likewise-open-gui

ステップ2:ネットワーク接続の構成

システムのネットワーク構成にすでにZentyalDNS IPがある場合、この手順はオプションです。

5.上部メニューからネットワークアイコンのショートカットに移動し、それを右クリックして接続の編集を選択します。

6.Zentyalネットワークに接続されているネットワークインターフェースを選択し、編集を選択します。

7. 手動または自動(DHCP)アドレスのみを選択し(ここでの重要な構成はDNSです)、保存で必要なすべての構成を入力します。ウィンドウを閉じて、構成を確認します。 DNSフィールドにZentyal3.4IPアドレスを入力します。

8.DNS機能がドメイン名に対して ping コマンドを発行することを確認します。

ドメインはUbuntuから応答し、すべてが正しく構成されています。

9.必要な手順として、Ubuntuのホスト名を確認します(システムのホスト名で応答する必要があります。それ以外の場合は、nano、vi、geditなどのファイルエディターでこのファイルを編集します。

$ hostname
$ cat /etc/hostname

ステップ3:UbuntuをZentyalPDCに参加させる

10.今こそ、UbuntuをZentyal PDCに参加させて、ActiveDirectoryの一部にするときです。もう一度ターミナルを開き、次のコマンドを入力して再起動し、新しい設定を適用します。

$ sudo domainjoin-cli join domain_name domain_administrative_user

グラフィカルユーザーインターフェイスから実行する場合は、ターミナルで次のコマンドを実行します。

$ sudo domainjoin-gui

そして、以下のスクリーンショットのように設定を入力します。

最後に、サーバーから成功通知を受け取ります。

11.Ubuntuが ActiveDirectory に追加されたことを確認するには、Zentyal Web管理ツール(https:// yourdomain_name)に移動し、[ユーザーとコンピューター]-> [管理]に移動して、Ubuntuホスト名がドメインフォレストに表示されるかどうかを確認します。コンピューターで。

12.補足手順として、ActiveDirectoryユーザーとコンピューターを実行してWindowsリモートシステムから確認することもできます。

ステップ4:ドメインコントローラーにログインする

13.ドメインに属するユーザーでログインするには、ターミナルコマンドラインから次の構造を使用します。

$ su -  domain_name\domain_user

14. Ubuntu13.04およびUbuntu13.10でGUIログインを実行するには、/ etc/lightdm/lightdm.conf.d /10-ubuntu.confファイルを編集します。

$ sudo nano /etc/lightdm/lightdm.conf.d/10-ubuntu.conf

ファイルの最後に次の行を追加します。

allow-guest=false
greeter-show-manual-login=true

15.次に、Ubuntuログイン画面に移動し、キーボードの矢印を使用してログインを選択して、Enterキーを押します。

domain_name\domain_user
OR
domain_name.tld\domain_user
OR
domain_user

16.これで、Zentyal PDC Active Directoryに属するリモートユーザーを使用してUbuntuにログインでき、そのデフォルトプロファイルはに配置されます。

/home/likewise-open/DOMAIN_NAME/domain_user

17. Puttyからリモートログインするには、このログイン構造を使用します。

domain_name\domain_user

手順5:ActiveDirectoryの管理者権限を有効にする

18.デフォルトでは、Ubuntuは、Active Directoryからのリモートユーザーがシステムで管理タスクを実行したり、rootアカウントにsudoを使用したりすることを許可していません。

19.Ubuntuでroot権限を持つZentyalPDC Active Directory管理ユーザーを有効にするには、/ etc/sudoersファイルを編集します。

$ sudo nano /etc/sudoers

20.ルート特権行の下に移動し、次の行を使用してZentyal管理ユーザーを追加します。

DOMAIN_NAME\domain_administrative_user    ALL=(ALL)  ALL
the_same_domain_administrative_user   ALL=(ALL)  ALL

21.現在示されているように、Zentyal 3.4 PDC管理ユーザーはUbuntuシステムで完全なルートパワーを持っています(構成ファイルの編集、ソフトウェアパッケージのインストール/削除、サービスの管理、およびあらゆる種類の管理タスク)。

最後の結論として、UbuntuはZentyal PDC Active Directoryに簡単に統合でき、WindowsGPOはLinuxシステムには適用されません。

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022