Linuxでhead、tail、catコマンドを効果的に使用してファイルを管理する


ファイルの内容を表示するためにLinuxによって提供されるいくつかのコマンドとプログラムがあります。ファイルの操作は困難な作業の1つであり、初心者、通常のユーザー、上級ユーザー、開発者、管理者など、ほとんどのコンピューターユーザーが実行します。ファイルを効果的かつ効率的に操作することは芸術です。

今日、この記事では、head、tail、catと呼ばれる最も人気のあるコマンドについて説明します。ほとんどの人はすでにそのようなコマンドを知っていますが、必要なときに実装する人はほとんどいません。

1.ヘッドコマンド

headコマンドは、任意のファイル名の最初の10行を読み取ります。 headコマンドの基本的な構文は次のとおりです。

head [options] [file(s)]

たとえば、次のコマンドは、「/ etc/passwd」という名前のファイルの最初の10行を表示します。

# head /etc/passwd 

root:x:0:0:root:/root:/bin/bash 
daemon:x:1:1:daemon:/usr/sbin:/bin/sh 
bin:x:2:2:bin:/bin:/bin/sh 
sys:x:3:3:sys:/dev:/bin/sh 
sync:x:4:65534:sync:/bin:/bin/sync 
games:x:5:60:games:/usr/games:/bin/sh 
man:x:6:12:man:/var/cache/man:/bin/sh 
lp:x:7:7:lp:/var/spool/lpd:/bin/sh 
mail:x:8:8:mail:/var/mail:/bin/sh 
news:x:9:9:news:/var/spool/news:/bin/sh

複数のファイルが指定されている場合、headは各ファイルの最初の10行を個別に表示します。たとえば、次のコマンドは各ファイルの10行を表示します。

# head /etc/passwd /etc/shadow

==> /etc/passwd <== root:x:0:0:root:/root:/bin/bash bin:x:1:1:bin:/bin:/sbin/nologin daemon:x:2:2:daemon:/sbin:/sbin/nologin adm:x:3:4:adm:/var/adm:/sbin/nologin lp:x:4:7:lp:/var/spool/lpd:/sbin/nologin sync:x:5:0:sync:/sbin:/bin/sync shutdown:x:6:0:shutdown:/sbin:/sbin/shutdown halt:x:7:0:halt:/sbin:/sbin/halt mail:x:8:12:mail:/var/spool/mail:/sbin/nologin uucp:x:10:14:uucp:/var/spool/uucp:/sbin/nologin ==> /etc/shadow <==
root:$6$85e1:15740:0:99999:7:::
bin:*:15513:0:99999:7:::
daemon:*:15513:0:99999:7:::
adm:*:15513:0:99999:7:::
lp:*:15513:0:99999:7:::
sync:*:15513:0:99999:7:::
shutdown:*:15513:0:99999:7:::
halt:*:15513:0:99999:7:::
mail:*:15513:0:99999:7:::
uucp:*:15513:0:99999:7:::

デフォルトの10行よりも多くの行数を取得する必要がある場合は、「-n」オプションを、取得する行数を示す整数とともに使用します。たとえば、次のコマンドは、ファイル ‘/var/log/yum.log‘ファイルの最初の5行を表示します。

# head -n5 /var/log/yum.log

Jan 10 00:06:49 Updated: openssl-1.0.1e-16.el6_5.4.i686
Jan 10 00:06:56 Updated: openssl-devel-1.0.1e-16.el6_5.4.i686
Jan 10 00:11:42 Installed: perl-Net-SSLeay-1.35-9.el6.i686
Jan 13 22:13:31 Installed: python-configobj-4.6.0-3.el6.noarch
Jan 13 22:13:36 Installed: terminator-0.95-3.el6.rf.noarch

実際、「-n」オプションを使用する必要はありません。上記のコマンドと同じ結果を得るには、ハイフンとスペースなしの整数を指定するだけです。

# head  -5 /var/log/yum.log

Jan 10 00:06:49 Updated: openssl-1.0.1e-16.el6_5.4.i686
Jan 10 00:06:56 Updated: openssl-devel-1.0.1e-16.el6_5.4.i686
Jan 10 00:11:42 Installed: perl-Net-SSLeay-1.35-9.el6.i686
Jan 13 22:13:31 Installed: python-configobj-4.6.0-3.el6.noarch
Jan 13 22:13:36 Installed: terminator-0.95-3.el6.rf.noarch

headコマンドは、「-c」オプションの後に表示するバイト数を使用して、任意のバイト数を表示することもできます。たとえば、次のコマンドは、指定されたファイルの最初の45バイトを表示します。

# head -c45 /var/log/yum.log

Jan 10 00:06:49 Updated: openssl-1.0.1e-16.el

2.テールコマンド

tailコマンドを使用すると、任意のテキストファイルの最後の10行を表示できます。上記のheadコマンドと同様に、tailコマンドもオプションの「n」行数と「n」文字数をサポートします。

tailコマンドの基本的な構文は次のとおりです。

# tail [options] [filenames]

たとえば、次のコマンドは、「access.log」というファイルの最後の10行を出力します。

# tail access.log 

1390288226.042      0 172.16.18.71 TCP_DENIED/407 1771 GET http://download.newnext.me/spark.bin? - NONE/- text/html
1390288226.198      0 172.16.16.55 TCP_DENIED/407 1753 CONNECT ent-shasta-rrs.symantec.com:443 - NONE/- text/html
1390288226.210   1182 172.16.20.44 TCP_MISS/200 70872 GET http://mahavat.gov.in/Mahavat/index.jsp pg DIRECT/61.16.223.197 text/html
1390288226.284     70 172.16.20.44 TCP_MISS/304 269 GET http://mahavat.gov.in/Mahavat/i/i-19.gif pg DIRECT/61.16.223.197 -
1390288226.362    570 172.16.176.139 TCP_MISS/200 694 GET http://p4-gayr4vyqxh7oa-3ekrqzjikvrczq44-if-v6exp3-v4.metric.gstatic.com/v6exp3/redir.html pg 
1390288226.402      0 172.16.16.55 TCP_DENIED/407 1753 CONNECT ent-shasta-rrs.symantec.com:443 - NONE/- text/html
1390288226.437    145 172.16.18.53 TCP_DENIED/407 1723 OPTIONS http://172.16.25.252/ - NONE/- text/html
1390288226.445      0 172.16.18.53 TCP_DENIED/407 1723 OPTIONS http://172.16.25.252/ - NONE/- text/html
1390288226.605      0 172.16.16.55 TCP_DENIED/407 1753 CONNECT ent-shasta-rrs.symantec.com:443 - NONE/- text/html
1390288226.808      0 172.16.16.55 TCP_DENIED/407 1753 CONNECT ent-shasta-rrs.symantec.com:443 - NONE/- text/html

複数のファイルが提供されている場合、tailは以下に示すように各ファイルの最後の10行を出力します。

# tail access.log error.log

==> access.log <== 1390288226.042      0 172.16.18.71 TCP_DENIED/407 1771 GET http://download.newnext.me/spark.bin? - NONE/- text/html 1390288226.198      0 172.16.16.55 TCP_DENIED/407 1753 CONNECT ent-shasta-rrs.symantec.com:443 - NONE/- text/html 1390288226.210   1182 172.16.20.44 TCP_MISS/200 70872 GET http://mahavat.gov.in/Mahavat/index.jsp pg DIRECT/61.16.223.197 text/html 1390288226.284     70 172.16.20.44 TCP_MISS/304 269 GET http://mahavat.gov.in/Mahavat/i/i-19.gif pg DIRECT/61.16.223.197 - 1390288226.362    570 172.16.176.139 TCP_MISS/200 694 GET http://p4-gayr4vyqxh7oa-3ekrqzjikvrczq44-if-v6exp3-v4.metric.gstatic.com/v6exp3/redir.html pg  1390288226.402      0 172.16.16.55 TCP_DENIED/407 1753 CONNECT ent-shasta-rrs.symantec.com:443 - NONE/- text/html 1390288226.437    145 172.16.18.53 TCP_DENIED/407 1723 OPTIONS http://172.16.25.252/ - NONE/- text/html 1390288226.445      0 172.16.18.53 TCP_DENIED/407 1723 OPTIONS http://172.16.25.252/ - NONE/- text/html 1390288226.605      0 172.16.16.55 TCP_DENIED/407 1753 CONNECT ent-shasta-rrs.symantec.com:443 - NONE/- text/html 1390288226.808      0 172.16.16.55 TCP_DENIED/407 1753 CONNECT ent-shasta-rrs.symantec.com:443 - NONE/- text/html ==> error_log <==
[Sun Mar 30 03:16:03 2014] [notice] Digest: generating secret for digest authentication ...
[Sun Mar 30 03:16:03 2014] [notice] Digest: done
[Sun Mar 30 03:16:03 2014] [notice] Apache/2.2.15 (Unix) DAV/2 PHP/5.3.3 mod_ssl/2.2.15 OpenSSL/1.0.0-fips configured -- resuming normal operations

同様に、以下に示すように、「-n」オプションを使用して最後の数行を印刷することもできます。

# tail -5 access.log

1390288226.402      0 172.16.16.55 TCP_DENIED/407 1753 CONNECT ent-shasta-rrs.symantec.com:443 - NONE/- text/html
1390288226.437    145 172.16.18.53 TCP_DENIED/407 1723 OPTIONS http://172.16.25.252/ - NONE/- text/html
1390288226.445      0 172.16.18.53 TCP_DENIED/407 1723 OPTIONS http://172.16.25.252/ - NONE/- text/html
1390288226.605      0 172.16.16.55 TCP_DENIED/407 1753 CONNECT ent-shasta-rrs.symantec.com:443 - NONE/- text/html
1390288226.808      0 172.16.16.55 TCP_DENIED/407 1753 CONNECT ent-shasta-rrs.symantec.com:443 - NONE/- text/html

以下に示すように、「-c」引数を使用して文字数を出力することもできます。

# tail -c5 access.log

ymantec.com:443 - NONE/- text/html

3.catコマンド

「cat」コマンドは、最も広く使用されているユニバーサルツールです。標準入力を標準出力にコピーします。テキストファイルが現在の画面に収まらない場合、コマンドはスクロールをサポートします。

catコマンドの基本的な構文は次のとおりです。

# cat [options] [filenames] [-] [filenames]

catの最も頻繁な使用法は、ファイルの内容を読み取ることです。読み取り用にファイルを開くために必要なのは、catに続けてスペースとファイル名を入力することだけです。

# cat /etc/passwd 

root:x:0:0:root:/root:/bin/bash 
daemon:x:1:1:daemon:/usr/sbin:/bin/sh 
bin:x:2:2:bin:/bin:/bin/sh 
sys:x:3:3:sys:/dev:/bin/sh 
sync:x:4:65534:sync:/bin:/bin/sync 
games:x:5:60:games:/usr/games:/bin/sh 
man:x:6:12:man:/var/cache/man:/bin/sh 
lp:x:7:7:lp:/var/spool/lpd:/bin/sh 
…

catコマンドは、多数のファイルを連結するためにも使用されます。

# echo 'Hi Tecmint-Team' > 1 
# echo 'Keep connected' > 2 
# echo 'Share your thought' > 3 
# echo 'connect us [email protected]' > 4
# cat 1 2 3 4 > 5
# cat 5 

Hi Tecmint-Team 
Keep connected 
Share your thought 
connect us [email protected]

また、ファイルの作成にも使用できます。これは、catを実行した後、出力リダイレクト演算子と作成するファイル名を実行することで実現されます。

# cat > tecmint.txt

Tecmint is the only website fully dedicated to Linux.

「cat」コマンド用のカスタムエンドメーカーを用意できます。ここに実装されています。

# cat > test.txt << end 

I am Avishek 
Here i am writing this post 
Hope your are enjoying 
end
# cat test.txt 

I am Avishek 
Here i am writing this post 
Hope your are enjoying

「cat」コマンドの能力を過小評価しないでください。ファイルのコピーに役立ちます。

# cat avi.txt

I am a Programmer by birth and Admin by profession
# cat avi.txt > avi1.txt
# cat avi1.txt

I am a Programmer by birth and Admin by profession

さて、猫の反対は何ですか?ええ、それは「タック」です。 「tac」はLinuxでのコマンドです。 「tac」について何も話すよりも、「tac」の例を示す方がよいでしょう。

1行に1つの単語が表示されるように、すべての月の名前を含むテキストファイルを作成します。

# cat month

January
February
March
April
May
June
July
August
September
October
November
December
# tac month

December
November
October
September
August
July
June
May
April
March
February
January

catコマンドの使用例の詳細については、13catコマンドの使用法を参照してください。

それは今のところすべてです。知っておく価値のある別の興味深い記事でまたここに来ます。それまでは、しばらくお待ちください。Tecmintに接続します。コメントセクションで貴重なフィードバックをお寄せください。