Amanda-Linux用の高度な自動ネットワークバックアップツール


情報技術の時代では、データは貴重です。不正アクセスやあらゆる種類のデータ損失からデータを保護する必要があります。それぞれを個別に管理する必要があります。

ここでは、この記事でデータのバックアッププロセスについて説明します。これは、ほとんどのシステム管理者にとって必須であり、ほとんどの場合、退屈な作業であると考えられています。使用するツールは「アマンダ」です。

アマンダとは

Amandaは(Advanced Maryland Automatic Network Disk Archiver)の略で、ネットワーク上のコンピューターをディスク、テープ、またはクラウドにバックアップおよびアーカイブするために設計された非常に便利なバックアップツールです。

メリーランド大学(UoM)のコンピュータサイエンス学部は、プロプライエタリソフトウェアと同等の無料で高品質のソフトウェアのソースであり続けました。 Advanced Maryland Automatic Network Disk ArchiverはUoMによって開発されましたが、現在この素晴らしいプロジェクトはUoMによってサポートされておらず、SourceForgeによってホストされており、開発中です。

  1. Open Source Archiving Tool written in C and Perl.
  2. Capable of Data Backup on Multiple Computers on Network.
  3. Based on Client-Server Model.
  4. Scheduled Backup Supported.
  5. Available as Free Community Edition as well as Enterprise Edition, with Full Support.
  6. Available for most of the Linux Distributions.
  7. Windows Machine Supported using Samba or native win32 Client.
  8. Support Tape as well as Disk Drives for backup.
  9. Support tape-spanning i.e., Split lager files into multiple tapes.
  10. Commercial Enterprise Amanda is developed by Zmanda.
  11. Zmanda includes – Zmanda Management Console (ZMC), scheduler, Cloud Based Service and Plugin framework.
  12. The cloud based service works in accordance with Amazon s3.
  13. Plugin framework supports application like Oracle Database, Samba, etc.
  14. Amanda Enterprise zmanda supports image backup, which makes it possible to make backups of Live VMware.
  15. Takes less time than other backup tools to create a backup of same volume of data.
  16. Support Secure Connection between Server and client using OpenSSH.
  17. Encryption possible using GPG and compression supported
  18. Recover gracefully for errors.
  19. Report detailed result, including errors via email.
  20. Very Configurable, Stable and robust because of high quality code.

LinuxへのAmandaバックアップのインストール

ソースからAmandaをビルドし、インストールします。 Amandaを構築してインストールするこのプロセスは、YUMベースでもAPTベースでも、どのディストリビューションでも同じです。

ソースからコンパイルする前に、yumまたはapt-getコマンドを使用してリポジトリからいくつかの必要なパッケージをインストールする必要があります。

# yum install gcc make gcc-c++ glib2-devel gnuplot perl-ExtUtils-Embed bison flex
$ sudo apt-get install build-essential gnuplot

必要なパッケージをインストールしたら、以下のリンクからAmanda(最新バージョンのAmanda 3.3.5)をダウンロードできます。

  1. http://sourceforge.net/projects/amanda/files/latest/download

または、次のwgetコマンドを使用して、以下に示すようにソースからダウンロードしてコンパイルすることもできます。

# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/project/amanda/amanda%20-%20stable/3.3.5/amanda-3.3.5.tar.gz
# tar -zxvf amanda-3.3.5.tar.gz
# cd amanda-3.3.5/ 
# ./configure 
# make
# make install		[On Red Hat based systems]
# sudo make install	[On Debian based systems]

インストールが正常に完了したら、次のコマンドを使用してamandaのインストールを確認します。

# amadmin --version

amadmin-3.3.5

注:Amandaバックアップを制御するには、amadmin管理インターフェースを使用してください。また、amanda設定ファイルは「/etc/amanda/intra/amanda.conf」にあることに注意してください。

次のコマンドを実行して、amandaを使用してファイルシステム全体をダンプし、構成ファイルにリストされている電子メールアドレスに電子メールを送信します。

# amdump all
# amflush -f all

Amandaには、正確な場所へのバックアップ出力を生成し、カスタムバックアップを作成するための多くのオプションがあります。アマンダ自体は非常に広大なトピックであり、これらすべてを1つの記事でカバーすることは困難でした。これらのオプションとコマンドについては、後の投稿で説明します。

それは今のところすべてです。もうすぐ別の記事でまたここに来ます。それまでは、引き続きご期待ください。コメントセクションで貴重なフィードバックをお寄せください。