WildFly(JBoss AS)-GUIを使用してCLIにアクセスして管理する方法


前回の記事では、WildFly-8(Jboss ASの新しい拡張バージョン)について説明しました。このバージョンに追加/アップグレードされた新しい機能と機能を確認しました。今日は、この投稿で、GUIを使用したCLI管理と、CLI管理でGUIバージョンを使用してサーバーを管理する方法について説明します。

  1. WildFly – A New Improved JBoss Application Server for Linux

Jboss AS 7以降、JBossアプリケーションに接続し、コマンドライン環境からすべてのタスクを管理するためのコマンドライン(CLI)ツールがあります。 CLIコンソールを使用して実行できるタスクの一部を以下に示します。

  1. Deploy/Undeploy web application in standalone/Domain Mode.
  2. View all information about the deployed application on runtime.
  3. Start/Stop/Restart Nodes in respective mode i.e. Standalone/Domain.
  4. Adding/Deleting resource or subsystems to servers.

この投稿では、さまざまなタスクとGUIでCLIを起動する方法について説明します。現在、以下に示す2つの方法を使用してGUIに接続できます。

Jboss/WildFlyで提供される「jboss-cli」スクリプトに–guiオプションを渡す。

[[email protected] bin]# ./jboss-cli.sh --gui

CLIから必要なjarを直接起動します(これは、組み込みのスクリプト自体に組み込まれているものと同じです)。

[[email protected] bin]# java -Dlogging.configuration=file:$JBOSS_HOME/bin/jboss-cli-logging.properties -jar $JBOSS_HOME/jboss-modules.jar -mp $JBOSS_HOME/modules org.jboss.as.cli –gui

各ノードで利用可能なツールチップからヘルプを得ることができます。

モジュールのリソースに関する情報を取得するには、そのノードを右クリックして、「read-resource」をクリックします。必要な値を入力すると、すべてがコマンドバーに入力されます。最後に、送信ボタンをクリックすると、すべての詳細が[出力]タブに表示されます。

WildFLyのGUI環境は、「Deployments」メニューを介したWebアプリケーションのデプロイとアンデプロイもサポートします。

これを使用して、ローカルファイルシステムに存在するアプリケーションをデプロイできるコマンドを作成できます。つまり、アプリケーションをServer forDeploymentsに接続してコピーする必要はありません。

ステップ1:「展開」メニューをクリックしてから展開します。デプロイする必要のあるWebアプリケーションの場所を尋ねる新しいダイアログボックスが開きます。

ステップ2:Webアプリケーションを選択します。 「名前」と「ランタイム名」を入力します。これに加えて、前述のチェックボックスを使用して、強制的に無効化または展開する必要があります。

ステップ3:最後に、[OK]をクリックします。この後、コマンドボックス内にコマンドが作成されることがわかります。最後に、「送信」ボタンをクリックして、デプロイメント要求を送信します。

ステップ4:送信後、すべてがうまくいけば。 「出力」タブに出力メッセージが表示されます。

ステップ5:アプリケーションの展開を解除するには、[展開]メニューにある[展開解除]オプションをクリックする必要があります。これにより、デプロイされたすべてのアプリケーションのリストを含む新しいポップアップが表示されます。私の場合、利用できるアプリケーションは1つだけです。アンデプロイする必要のあるアプリケーションを選択し、[OK]をクリックします。

CLIのGUIで使用可能なオプションをクリックすると、「cmd」プロンプトに対応するコマンドが作成されます。何度も実行したいタスクがあるとします。その場合、このGUIバージョンで利用可能な「スクリプト」実行機能を利用できます。

たとえば、デプロイメントリソースのリストを取得して、cliスクリプトを作成し、以下のようにGUIから実行しました。

利用可能なすべての導入リソースの説明が表示されます。

GUIで利用できるもう1つの便利な機能は、最後の15個のCLIスクリプトの履歴を自動的に保持することです。したがって、同じスクリプトを何度もロードする必要はありません。これは、ある種の繰り返しタスクに非常に役立ちます。