ターミナルからVimの複数のインスタンスにまたがるクリップボードの内容にアクセスする


Vim(Vi IMproved)は、プログラマーの間で最も人気のあるテキストエディターの1つです。速記コマンドでさまざまな操作を実行する独自の専門分野があります。

たとえば、強調表示されたテキストをコピーするには、「y」コマンドと「x」を使用して同じテキストを切り取ります。ただし、デフォルトでは、vimインスタンスを閉じた後はvim(gVimではなく)クリップボードの内容にアクセスできません。

Vimは「+」レジスタを使用してシステムクリップボードを参照します。 「vim–version」を実行できます。「+ xterm_clipboard」ではなく「xterm_clipboard」のようなものが表示されない場合、内部クリップボードのコンテンツはvimの外部では利用できません。

vimクリップボードの内容にアクセスするには、gvimパッケージをインストールする必要があります。 gVimはvimエディター用のGUIモードで、クリップボードオプションがデフォルトで有効になっています。

# yum install -y gvim

次に、RPMForgeリポジトリを有効にしてparcelliteパッケージをインストールします。 Parcelliteは、Linux用の軽量で小型の無料クリップボードマネージャーです。

# yum install -y parcellite

インストールしたら、次のコマンドを実行します。引数「&」は、バックグラウンドプロセスとして実行するためにパーセライトを送信するために使用されます。

# parcellite &

gvimでオプションが有効になっているか確認してください。

# gvim --version

以下に示すように、出力に「+ xterm_clipboard」オプションが表示されていることを確認してください。

VIM - Vi IMproved 7.2 (2008 Aug 9, compiled Apr  5 2012 10:12:08)
Included patches: 1-411
Modified by <[email protected]>
Compiled by <[email protected]>
Huge version with GTK2 GUI.  Features included (+) or not (-):
+arabic +autocmd +balloon_eval +browse ++builtin_terms +byte_offset +cindent 
+clientserver +clipboard +cmdline_compl +cmdline_hist +cmdline_info +comments 
+cryptv +cscope +cursorshape +dialog_con_gui +diff +digraphs +dnd -ebcdic 
+emacs_tags +eval +ex_extra +extra_search +farsi +file_in_path +find_in_path 
+float +folding -footer +fork() +gettext -hangul_input +iconv +insert_expand 
+jumplist +keymap +langmap +libcall +linebreak +lispindent +listcmds +localmap 
+menu +mksession +modify_fname +mouse +mouseshape +mouse_dec +mouse_gpm 
-mouse_jsbterm +mouse_netterm -mouse_sysmouse +mouse_xterm +multi_byte 
+multi_lang -mzscheme +netbeans_intg -osfiletype +path_extra +perl +postscript 
+printer +profile +python +quickfix +reltime +rightleft -ruby +scrollbind 
+signs +smartindent -sniff +startuptime +statusline -sun_workshop +syntax 
+tag_binary +tag_old_static -tag_any_white -tcl +terminfo +termresponse 
+textobjects +title +toolbar +user_commands +vertsplit +virtualedit +visual 
+visualextra +viminfo +vreplace +wildignore +wildmenu +windows +writebackup 
+X11 -xfontset +xim +xsmp_interact +xterm_clipboard -xterm_save

ユーザーの.bashrcファイルを開きます。

# vim ~/.bashrc

そして、エイリアスを追加してファイルを保存します(「i」を押して行を挿入し、ESCを押してから、:wqを実行して保存して終了します)。

# .bashrc

# User specific aliases and functions

alias rm='rm -i'
alias cp='cp -i'
alias mv='mv -i'
alias vim='gvim -v'
# Source global definitions
if [ -f /etc/bashrc ]; then
        . /etc/bashrc
fi

このエイリアスは、あるコマンドを別のコマンドにバイパスするために使用される組み込みです。したがって、vimコマンドが発行されるたびに、対応するエイリアスはデフォルトでクリップボードが有効になっているgvimに送られます。

次に、同様の方法で「.vimrc」ファイルを編集します(.vimrcファイルがない場合は、そのようなファイルを1つ生成してから、ここに戻ります。

# vim ~/.vimrc

次の行を追加してファイルを保存します。

autocmd VimLeave * call system("echo -n $'" . escape(getreg(), "'") . "' | xsel -ib")

次に、vimでファイルを開き、テキストの一部を強調表示して(「v」コマンドを使用)、「+ y」を押します。 (vimを閉じた後または閉じずに)vimの外側のどこかに貼り付けてみてください。これで完了です。

次のコマンドを実行して.vimrcファイルを生成します(すでにある場合はこの部分をスキップします)。

# cd   [This will put you in home directory]       
# vim .vimrc

vimでは、ESCキーを押した後に次のコマンドを実行します(vimでは、ESCキーを押した後にすべてのコマンドが実行され、コマンドモードになります)。

:r $VIMRUNTIME/vimrc_example.vim 
:w