Tomahawk0.7がリリースされました-Linux用の究極のソーシャルミュージックプレーヤー


Tomahawkは、究極のオープンソースで次世代のクロスプラットフォームソーシャルミュージックプレーヤーであり、ハードドライブに保存されている音楽にアクセスできます(自尊心のある音楽プレーヤーと同じように)が、次のようなさまざまな音楽ソースを利用することもできます。 SoundCloud、Spotify、Youtube、その他の音楽サブスクリプションサービスとして、すべてを1か所で整理します。これにより、基本的にインターネット全体が1つの音楽ライブラリになります。そこから、プレイリストを共有したり、さまざまなサービスでメディアを一度に検索したりできます。

トマホークはまた、ネットワーク上の他のコンピューターや友人と接続して、Googleチャット、Jabber、Twitterを介して音楽ライブラリ/ラジオ局を共有、表示、ストリーミングします。したがって、基本的には、他のプレーヤーを経由したり、新しいものにサインアップしたりすることを心配する必要はありません。さまざまな音楽サービスとソーシャルネットワーキングをすべて、使いやすくユーザーフレンドリーなインターフェイスに組み合わせています。

  1. Multi-Source: Plug in content resolvers for all your personal music subscription services, networked libraries, promotion platforms, online data lockers and more.
  2. Social: Connect to your other computers and friends via Google Chat, Twitter and Jabber. Share, Browse and Play their music libraries, playlists and stations.
  3. Smart: Tomahawk has the knobs, dials and feeds to catch the latest charts, upcoming new releases and create custom radio stations for you.

トマホーク0.7のいくつかの基本的な機能を示す以下のビデオをざっと見てください。