RHEL 8でRHELサブスクリプションを有効にする方法


RedHat Enterprise Linux(RHEL)は、サーバー、仮想データセンター、ワークステーションなど、さまざまなLinuxプラットフォームで使用できる管理が簡単で制御が簡単なオペレーティングシステムです

多くのTecMint読者がRHELを最大限に活用するためにすでに知っているかもしれないので、あなたはあなたが使っているリリースのためにアクティブな購読を持つ必要があります。

サブスクリプションはあなたに提供します:

  • Ongoing delivery
    • Patches
    • Bug fixes
    • Updates
    • Upgrades
    • 24/7 availability
    • Unlimited incidents
    • Specialty based routing
    • Multi-vendor case ownership
    • Multi-channel
    • Hardware certifications
    • Software certifications
    • Cloud provider certifications
    • Software assurance
    • Security Response Team (SRT)
    • Customer portal
    • Knowledge Base
    • Access labs
    • Training

    これはサブスクリプションの利点の簡単なリストであり、あなたがより多くのレビューに興味があるなら、あなたはRHELサブスクリプションモデルfaqをチェックすることができます。

    このチュートリアルでは、RHELサブスクリプションマネージャを使用してサブスクリプションを管理する方法を説明します。最初にシステムを登録してからサブスクリプションを適用する必要があるため、これは2つのプロセスです。

    RHEL 8にRed Hatサブスクリプションを登録する方法

    RHEL 8のインストール中にシステムを登録していない場合は、rootユーザーとして次のコマンドを適用して今すぐ登録できます。

    # subscription-manager register
    

    その後、カスタマーポータル - >から登録を適用できます。システム - >あなたのシステム - >購読を添付する、またはでコマンドラインをもう一度使用します。

    # subscription-manager attach --auto
    

    次のコマンドを使用して、プロセス全体を1ステップで完了できます。

    # subscription-manager register --username <username> --password <password> --auto-attach
    

    RHELカスタマーポータルで使用されているユーザー名とパスワードで&lt; username&gt; &lt; password&gt; を変更する場所。

    登録の選択に「自動」を使用したくない場合は、プールID を使用して登録できます。登録後にあなたが使用することができます:

    # subscription-manager attach --pool=<POOL_ID>
    

    利用可能なプールIDを取得するには、次のものを使用できます。

    # subscription-manager list --available
    

    RHEL 8でRed Hatサブスクリプションを登録解除する方法

    システムの登録を解除したい場合は、次のコマンドを使用する必要があります。

    このシステムからすべての購読を削除します。

    # subscription-manager remove --all
    

    カスタマーポータルからシステムの登録を解除します。

    # subscription-manager unregister
    

    最後に、サーバーに影響を与えずにすべてのローカルシステムと購読データを削除します。

    # subscription-manager clean
    

    利用可能なリポジトリを確認する

    サブスクリプションを完了したら、次のコマンドを使用して有効なリポジトリを確認できます。

    # yum repolist
    

    ご使用のRHELインストール用にさらにリポジトリーを有効にしたい場合は、以下のファイルを編集できます。

    # vi /etc/yum.repos.d/redhat.repo
    

    そのファイル内には、利用可能なリポジトリの長いリストが表示されます。特定のリポジトリを有効にするには、有効の横にある[ 0 ]を[ 1 ]に変更します。

    もう1つの方法は、購読マネージャを使用してリポジトリを有効にすることです。まず利用可能なレポジトリを一覧表示します。

    # subscription-manager repos --list
    

    これにより、有効にできる有効なリポジトリのリストが表示されます。

    リポジトリを有効または無効にするには、次のコマンドを使用します。

    # subscription-manager repos –enable=RepoID
    # subscription-manager repos --disable=RepoID
    

    このチュートリアルでは、コマンドライン subscription-manager を使用して、RHELサブスクリプションを登録、登録解除、および一覧表示する方法を学びました。サブスクリプションを購入すると、最終的に、登録したエンタイトルメントからRHELソフトウェアリポジトリにアクセスできるようになります。あなたがRHELユーザーであるなら、あなたのシステムを登録することを忘れないでください。