10あまり知られていないLinuxコマンド-パート2


11のあまり知られていない便利なLinuxコマンドからの最後の会話の続き–この記事のパートIでは、デスクトップとサーバーの管理に非常に役立つことが証明される、他のあまり知られていないLinuxコマンドに焦点を当てます。

12. コマンド

ターミナルに入力したすべてのコマンドは履歴に記録され、履歴コマンドを使用して再試行できます。

不正行為履歴コマンドはどうですか?ええ、あなたはそれを行うことができ、それは非常に簡単です。ターミナルにコマンドを入力する前に1つ以上の空白を入れるだけで、コマンドは記録されません。

試してみましょう。ターミナルで1つの空白の後に5つの一般的なLinuxコマンド(ls、pwd、uname、echo“ hi”、whoなど)を試し、これらのコマンドが履歴にドッキングされているかどうかを確認します。

[email protected]:~$  ls
[email protected]:~$  pwd
[email protected]:~$  uname
[email protected]:~$  echo “hi”
[email protected]:~$  who

次に、「history」コマンドを実行して、上記で実行されたこれらのコマンドが記録されているかどうかを確認します。

[email protected]:~$ history

   40  cd /dev/ 
   41  ls 
   42  dd if=/dev/cdrom1 of=/home/avi/Desktop/squeeze.iso 
   43  ping www.google.com 
   44  su

最後に実行されたコマンドがログに記録されていないことがわかります。別のコマンド「cat |」を使用して履歴をごまかすこともできます。上記と同じように、引用符なしでコースをbashします。

13.statコマンド

Linuxのstatコマンドは、ファイルまたはファイルシステムのステータス情報を表示します。統計には、名前が引数として渡されるファイルに関する多くの情報が表示されます。ステータス情報には、ファイルサイズ、ブロック、アクセス許可、ファイルの最終アクセスの日時、変更、変更などが含まれます。

[email protected]:~$ stat 34.odt 

  File: `34.odt' 
  Size: 28822     	Blocks: 64         IO Block: 4096   regular file 
Device: 801h/2049d	Inode: 5030293     Links: 1 
Access: (0644/-rw-r--r--)  Uid: ( 1000/     avi)   Gid: ( 1000/     avi) 
Access: 2013-10-14 00:17:40.000000000 +0530 
Modify: 2013-10-01 15:20:17.000000000 +0530 
Change: 2013-10-01 15:20:17.000000000 +0530

14. 。および

上記のキーの組み合わせは、実際にはコマンドではなく、最後に入力されたコマンドから前に入力されたコマンドの順に、最後のコマンド引数をプロンプトに配置する微調整です。 「Alt」または「Esc」を押したまま、「。」を押し続けます。

15.pvコマンド

映画、特にハリウッド映画でテキストをシミュレートするのを見たことがあるかもしれません。テキストは、リアルタイムで入力されているかのように表示されます。上記のパイプラインのように、「pv」コマンドを使用して、あらゆる種類のテキストと出力をシミュレートする方法でエコーできます。 pvコマンドがシステムにインストールされていない可能性があり、「pv」をボックスにインストールするには、必要なパッケージをaptまたはyumする必要があります。

[email protected]:# echo "Tecmint [dot] com is the world's best website for qualitative Linux article" | pv -qL 20
Tecmint [dot] com is the world's best website for qualitative Linux article

16.マウント|列-t

上記のコマンドは、マウントされたすべてのファイルシステムのリストを仕様のある適切な形式で表示します。

[email protected]:~$ mount | column -t
/dev/sda1    on  /                         type  ext3         (rw,errors=remount-ro) 
tmpfs        on  /lib/init/rw              type  tmpfs        (rw,nosuid,mode=0755) 
proc         on  /proc                     type  proc         (rw,noexec,nosuid,nodev) 
sysfs        on  /sys                      type  sysfs        (rw,noexec,nosuid,nodev) 
udev         on  /dev                      type  tmpfs        (rw,mode=0755) 
tmpfs        on  /dev/shm                  type  tmpfs        (rw,nosuid,nodev) 
devpts       on  /dev/pts                  type  devpts       (rw,noexec,nosuid,gid=5,mode=620) 
fusectl      on  /sys/fs/fuse/connections  type  fusectl      (rw) 
binfmt_misc  on  /proc/sys/fs/binfmt_misc  type  binfmt_misc  (rw,noexec,nosuid,nodev) 
nfsd         on  /proc/fs/nfsd             type  nfsd         (rw)

17. Ctr +1コマンド

先に進む前に、ターミナルをクリアする方法をお聞きします。うーん!プロンプトで「clear」と入力します。上記のコマンドは、端末を一度にクリーニングするアクションを実行します。 「Ctr + l」を押すだけで、端末が一度にクリアされる様子を確認できます。

18.curlコマンド

コマンドラインから未読メールをチェックしてみてはいかがでしょうか。このコマンドは、ヘッドレスサーバーで作業する人にとって非常に便利です。この場合も、実行時にパスワードを要求されるため、上記の行にパスワードをハードコーディングする必要はありません。そうしないと、セキュリティ上のリスクが発生します。

[email protected]:~$ curl -u [email protected] --silent "https://mail.google.com/mail/feed/atom" | perl -ne 'print "\t" if //; print "$2\n" if /<(title|name)>(.*)<\/>/;'
Enter host password for user '[email protected]': 
Gmail - Inbox for [email protected] 
People offering cars in Delhi - Oct 26 
	Quikr Alerts 
another dependency question 
	Chris Bannister 
	Ralf Mardorf 
	Reco 
	Brian 
	François Patte 
	Curt 
	Siard 
	berenger.morel 
Hi Avishek - Download your Free MBA Brochure Now... 
	Diya 
★Top Best Sellers Of The Week, Take Your Pick★ 
	Timesdeal 
aptitude misconfigure? 
	Glenn English 
Choosing Debian version or derivative to run Wine when resource poor 
	Chris Bannister 
	Zenaan Harkness 
	Curt 
	Tom H 
	Richard Owlett 
	Ralf Mardorf 
	Rob Owens

19.画面コマンド

screenコマンドを使用すると、長時間実行されているプロセスをセッションから切り離して、必要に応じて再度アタッチできるようになり、コマンド実行に柔軟性がもたらされます。

プロセス(長い)を実行するには、通常、次のように実行します。

[email protected]:~$ ./long-unix-script.sh

これは柔軟性に欠け、ユーザーが現在のセッションを続行する必要がありますが、上記のコマンドをとして実行した場合。

[email protected]:~$ screen ./long-unix-script.sh

異なるセッションでアタッチ解除または再アタッチできます。コマンドの実行中に「Ctrl + A」を押してから「d」を押して、アタッチを解除します。ランをアタッチします。

[email protected]:~$ screen -r 4980.pts-0.localhost

注:ここで、このコマンドの後半部分は画面IDであり、「screen-ls」コマンドを使用して取得できます。 「画面コマンド」とその使用法の詳細については、いくつかの便利な10画面コマンドとその使用例を示す記事をお読みください。

20.ファイル

番号!上記のコマンドはタイプミスではありません。 「file」は、ファイルの種類に関する情報を提供するコマンドです。

[email protected]:~$ file 34.odt 

34.odt: OpenDocument Text

21. id

上記のコマンドは、実際の有効なユーザーIDとグループIDを出力します。

[email protected]:~$ id
uid=1000(avi) gid=1000(avi) 
groups=1000(avi),24(cdrom),25(floppy),29(audio),30(dip),44(video),46(plugdev),109(netdev),111(bluetooth),117(scanner)

それは今のところすべてです。このシリーズの最後の記事とこの記事の成功を見て、私はこの記事の別の部分に、他のあまり知られていないLinuxコマンドをすぐに含める予定です。その後、調整を続け、Tecmintに接続します。コメントで貴重なフィードバックを提供することを忘れないでください。

  1. 10 Lesser Known Commands for Linux – Part 3
  2. 10 Lesser Known Effective Linux Commands – Part IV
  3. 10 Lesser Known Useful Linux Commands- Part V