GITをインストールして、GITHubリポジトリで独自のプロジェクトを作成および共有します


最近Linuxの世界で時間を過ごしたことがあれば、GITについて聞いたことがあるかもしれません。 GITは、Linux自体の首謀者であるLinusTorvaldsによって作成された分散バージョン管理システムです。これは、すぐに利用できるものよりも優れたバージョン管理システムになるように設計されており、これらの中で最も一般的な2つはCVSとSubversion(SVN)です。

CVSとSVNはシステムにクライアント/サーバーモデルを使用しますが、GITの動作は少し異なります。プロジェクトをダウンロードして変更を加えてサーバーにアップロードする代わりに、GITはローカルマシンをサーバーとして機能させます。

つまり、チェックイン、チェックアウト、およびその他すべてのバージョン管理アクティビティを実行するときに、すべて、ソースファイル、バージョン変更、および個々のファイルの変更を含むプロジェクトをローカルマシンに直接ダウンロードします。終了したら、プロジェクトをマージしてリポジトリに戻します。

このモデルには多くの利点がありますが、最も明白なのは、何らかの理由で中央サーバーから切断された場合でも、プロジェクトにアクセスできることです。

このチュートリアルでは、GITをインストールし、リポジトリを作成して、そのリポジトリをGitHubにアップロードします。プロジェクトをそこにアップロードする場合は、http://www.github.comにアクセスして、アカウントとリポジトリを作成する必要があります。

LinuxにGITをインストールする方法

Debian/Ubuntu/Linux Mintでは、まだインストールされていない場合は、apt-getコマンドを使用してインストールできます。

$ sudo apt-get install git

Red Hat/CentOS/Fedora /システムでは、yumコマンドを使用してインストールできます。

$ yum install git

ソースからインストールしてコンパイルする場合は、以下のコマンドに従うことができます。

$ wget http://kernel.org/pub/software/scm/git/git-1.8.4.tar.bz2
$ tar xvjf git-1.8.4.tar/bz2
$ cd git-*
$ ./configure
$ make
$ make install

Gitプロジェクトの作成方法

GITがインストールされたので、セットアップしましょう。ホームディレクトリには、「〜/ .gitconfig」というファイルがあります。これは、すべてのリポジトリ情報を保持します。名前とメールアドレスを入力しましょう。

$ git config –-global user.name “Your Name”
$ git config –-global user.email [email protected]

次に、最初のリポジトリを作成します。任意のディレクトリをGITリポジトリにすることができます。いくつかのソースファイルがあるものにcdして、次の手順を実行します。

$ cd /home/rk/python-web-scraper
$ git init

そのディレクトリに、「。git」という新しい隠しディレクトリが作成されています。このディレクトリには、GITがプロジェクトに関するすべての情報と、プロジェクトに加えた変更を保存します。ディレクトリをGITリポジトリの一部にしたくない場合は、通常の方法でこのディレクトリを削除するだけです。

$ rm –rf .git

リポジトリが作成されたので、プロジェクトにいくつかのファイルを追加する必要があります。 GITプロジェクトには任意の種類のファイルを追加できますが、とりあえず、プロジェクトに関する情報を提供する「README.md」ファイルを生成して(GitHubのREADMEブロックにも表示されます)、いくつかのソースファイルを追加しましょう。

$ vi README.md

プロジェクトに関する情報を入力し、保存して終了します。

$ git add README.md
$ git add *.py

上記の2つのコマンドを使用して、「README.md」ファイルをGITプロジェクトに追加し、次にすべてのPythonソース(* .py)ファイルを現在のディレクトリに追加しました。注目に値するのは、GITプロジェクトで作業しているときに100回のうち99回は、ディレクトリ内のすべてのファイルを追加することになるということです。あなたはこのようにそうすることができます:

$ git add .

これで、プロジェクトをステージにコミットする準備が整いました。これは、これがプロジェクトのマーカーポイントであることを意味します。これは、git commit“ –m”コマンドを使用して行います。ここで、“ –m”オプションは、メッセージを送信するメッセージを指定します。これはoutプロジェクトのoutfirst commitであるため、「– m」文字列として「firstcommit」を入力します。

$ git commit –m ‘first commit’

プロジェクトをGitHubリポジトリにアップロードする方法

これで、プロジェクトをGitHubにプッシュする準備が整いました。アカウントの作成時に作成したログイン情報が必要になります。この情報を取得してGITに渡し、GITがどこに行くべきかを認識できるようにします。もちろん、「user」と「repo.git」を適切な値に置き換える必要があります。

$ git remote set-url origin [email protected]:user/repo.git

次に、プッシュする、つまりリポジトリからリモートリポジトリにコピーするときです。 git pushコマンドは、「remotename」と「branchname」の2つの引数を取ります。これらの2つの名前は通常、それぞれoriginとmasterです。

$ git push origin master

それでおしまい!これで、https://github.com/username/repoリンクにアクセスして、独自のgitプロジェクトを確認できます。